So-net無料ブログ作成
検索選択

なんと大事な情報を見逃すところでした。セシウム89%はガラス粒子 [ホットパーティクルとどう付き合うか?]

選挙ばかりをやってると大事な情報を見逃してしまいます。

セシウム89%はガラス粒子
原発事故で東京への降下物分析
http://this.kiji.is/120014225440391169

東京電力福島第1原発事故の発生から4日後に東京に降下した放射性セシウムの89%は、ガラス状の微粒子に溶け込んだ状態だったとの研究結果を、九州大の宇都宮聡准教授らが27日までにまとめた。

 セシウムは雨などで洗い流されると考えられていたが、直接的に除去する方法でなければ環境に存在し続ける可能性があるという。チームは「健康への影響について考え直す必要がある」としている。

 チームは、事故発生後の2011年3月15日、原発から約230キロ離れた東京都内で採取された放射性降下物を分析した。

なんということだ東京に降ったセシウムの約9割がセシウムボールじゃないですか?これ簡単に体外に出ないのに、この選挙やイギリスのEU離脱で、関心の薄い時に発表するんじゃない!!

このアベのどあほ。
sho_fj.jpg

論文探す時間がないのでまた落ち着いたら探してみます。
Csボールで検索しないと森口先生のツイッターはひっかからないのだ。おととい書いていた。
https://twitter.com/y_morigucci/status/747568395571208192

2011/3/15の東京への降下物分析に関する昨日の報道
http://this.kiji.is/120014225440391169
は、Goldschmidtでの発表
http://goldschmidt.info/2016/uploads/abstracts/finalPDFs/1253.pdf
の関連と思われます。ここでCsMPsと表記されているのは、いわゆるCsボールと同じ性状。

まちがいない。たんなるガラス玉じゃない。ええとAグループのものでつくばと同じものか。

http://goldschmidt.info/2016/uploads/abstracts/finalPDFs/1253.pdf

ええごだ。

朝日の方が詳しいですね。

福島第一のセシウム、コンクリと反応か 九大など研究
http://www.asahi.com/articles/ASJ6V35H4J6VULBJ001.html

東京電力福島第一原発事故の発生から4日後に東京都へ降下した放射性セシウムの大半が、ガラス状の微粒子に取り込まれた状態になっていたことが九州大など日米仏の国際チームの研究でわかった。溶け落ちた核燃料が高温で格納容器の底のコンクリートと反応してできたとみられる。今もよくわかっていない炉心溶融した原子炉内の状況を知る手がかりになりそうだ。

 27日、横浜市で開かれる地球化学の国際会議で発表される。

 九大の宇都宮聡准教授(環境ナノ物質化学)らは、事故発生4日後の2011年3月15日に都内でフィルターによって採取された放射性降下物を電子顕微鏡などで詳細に分析した。セシウムの80~89%はガラス状微粒子に取り込まれ、微粒子に含まれないものはほとんどなかった。大きさは1マイクロメートル未満で、放射性物質の濃度は1グラムあたり4400億ベクレルだった。

 2200度以上になった溶融燃料と触れたコンクリート由来のケイ素などが、熱せられた後に冷えてガラス状になったとみられる。格納容器底部まで落ちたことが裏付けられ、廃炉作業の前提となる溶融燃料の位置を知るのに役立つと期待される。宇都宮さんは「微粒子がどう拡散したかの調査も必要だ」と話した。(杉本崇)
nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

比例区は、国民怒りの声代表「小林節」氏に投票してください。第5号 [戦争法廃止]

logopack2-1024x600.jpg

 参議院選挙「小林 節を個人名トップ当選を目指す運動第5号」です。最後のお願いにするつもりでしたがそうもいかなくなりました。

絶対に負けられない戦いがここにある!!

さて最初の方に出した日本会議ですが、やはり本丸は緊急事態条項です。
https://www.buzzfeed.com/satoruishido/nipponkaigi-mezasu-kaiken?utm_term=.to7YWd21l#.uh9nmzD6M

最優先は緊急事態条項

1「国民の会」の署名では、次の7つを改正の対象にあげている。
2「前文」…美しい日本の文化伝統を明記すること
3「元首」…国の代表は誰かを明記すること
4「9条」…平和条項とともに自衛隊の規定を明記すること
5「環境」…世界的規模の環境問題に対応する規定を明記すること
6「家族」…国家・社会の基礎となる家族保護の規定を
「緊急事態」…大規模災害などに対応できる緊急事態対処の規定を
8「96条」…憲法改正へ国民参加のための条件緩和(同会ホームページより)

この中で最優先とされているのが、「緊急事態条項」だ。

 モモチが言うから間違いないです。これに対して小林候補は次の著書の中で、緊急事態は法律で対応できると述べており、樋口名誉教授も同様の意見でした。

 「『憲法改正』の真実」(集英社)」ですが、この選挙において非常に重要なことが書かれています。忙しい方は立ち読みで、5. 緊急事態条項は「お試し」でなく「本丸」だ をお読みください。
こちら集英社の特設サイトがあります。
http://shinsho.shueisha.co.jp/kenpo/
憲法改正の真実.jpg

モモチはこんなことも言ってます。
日本会議は早々に、9条改憲に見切りをつけている。なぜなら、現状では国民投票で勝てると思っていないからだ。「仮に安保法制で国民投票をやったら負けていただろう」(百地さん)と考えている。

これは、小林節候補も、樋口教授さらには柄谷行人氏も見抜いています。しかし、緊急事態条項で憲法凍結、内閣の政令だけで、あらゆる統治行為をコントロールできる。あれはうっかり口を滑らせたのか、アベは「私が立法府の長」というのは、すぐに緊急事態宣言を出せる状況になると夢想していたからでしょう。

さらにモモチは
「私の修士論文は、当時の西ドイツ、ワイマール憲法の緊急権の研究だったんです。私は国家論をやりたかったから。そう考えると感慨深い」としみじみと話す。
実に計画的であったことがわかります。
したがって今回の選挙 絶対に3分の2をやってはなりません。ぎりぎりでもいけません。民進党に同調勢力がいるからです。そして自民の手口の裏の裏まで知りぬいている小林 節候補をなんとしてでも当選させなければなりません。自民党現職議員の中にも理解者が多く、いざ、憲法改正案審議の段階になったとしても多くの造反者が期待できるからです。そのときは自民党を割ることもできる。

前回も引用しました日刊ゲンダイのインタビューですが

憲法学者・樋口陽一氏 「国民が求めるのは改憲ではない」 2016年6月13日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/183163/5
――「『憲法改正』の真実」のなかで、自民党改憲草案の問題点を子細に分析なさっていましたが、とくに驚いたのは、この草案が、戦前回帰、明治憲法回帰どころか、江戸時代の「慶安の御触書」レベルのものだと断言なさっていたことです。

 ほんとに自民党憲法草案は時代錯誤です。なぜそこまで世界に出して恥ずかしい憲法草案を組織決定してしまったのか?不思議でなりません。トップが反知性主義の権化みたいな人間だとこうなってしまうのか、情けない、実に情けない。

 比例区の「国民怒りの声」政党名ではなく個人名としての小林 節をただひたすらお願いし、7月10日の投票日あるいは期日前投票で、比例の投票用紙に小林 節と書いていただくようお願いします。

個人名でお願いはしておりますが、政党名で投票する時も”いかり”と書いていただければ有効になります。
いかりCmAh9Y2WEAAyjM1いかり.jpg
政見放送です。あと2回あります。
Cl40GzhUkAIQ_s7政見放送.jpg
「国民怒りの声」NHK政見放送日時
テレビ
7月1日9:05〜10:00の2番目、22:25〜23:20の2番目
7月7日22:25〜23:20の2番目

ラジオ
7月1日13:05〜14:00の2番目
7月7日13:05〜14:00の2番目


小林節候補 本人によるツイッターが開始されていました。拡散お願いします。
小林節 怒りの一問一答

https://twitter.com/SetsuKobayashi

選挙公報が見れます。
http://kokumin-no-koe.com/wp/wp-content/uploads/2016/07/kouhou.pdf

おおなんと手書き部分がある。
選挙公報.png

私へのメールはこちらへ
rz733375@yahoo.co.jp
nice!(1)  コメント(54)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

比例区は、国民怒りの声代表「小林節」氏に投票してください。第4号 [戦争法廃止]

logopack2-1024x600.jpg

 参議院選挙「小林 節を個人名トップ当選を目指す運動第4号」です。

 さて本部サイトに公開されていました小林節 X 竹田恒泰 スペシャル対談ですが、竹田恒泰氏に関しては反安保の皆さんは、ちと警戒するかもしれませんね。私もそうでしたが、ただ原発は反対なので、まあぎりぎり許容範囲の人間ではある。しかし、口達者な竹田氏も恩師小林節先生の前では借りてきた猫のようにおとなしく話を聞いています。
http://kokumin-no-koe.com/2016/06/25/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E7%AF%80-x-%E7%AB%B9%E7%94%B0%E6%81%92%E6%B3%B0-%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E5%AF%BE%E8%AB%87/
 動画は3分割されていますが、いずれも3分少々全部で10分ほどにまとめられた短いものです。憲法の重要なポイントで、選挙では争点になりにくい1条象徴天皇制の問題にも触れています。自民の草案では元首化が主張されていますが、軍事と天皇の結び付きが強くなると戦前回帰の色がより濃くでてしまいます。小林節氏は、現状の象徴天皇制擁護の立場で、ずばり述べていますので、このあたりで共産党、社民党との差別化ができるのではないでしょうか。
98e82861abae6b0453f120d17cfea2f5.jpg

 さてもうひとつ今読んでおります「『憲法改正』の真実」(集英社)」ですが、この選挙において非常に重要なことが書かれています。忙しい方は立ち読みで、5. 緊急事態条項は「お試し」でなく「本丸」だ をお読みください。
こちら集英社の特設サイトがあります。
http://shinsho.shueisha.co.jp/kenpo/
憲法改正の真実.jpg

 詳しく書きたいのですが、幸い対談相手の樋口陽一氏のインタビューが日刊ゲンダイさんところにありましたので引用させていただきます。

憲法学者・樋口陽一氏 「国民が求めるのは改憲ではない」 2016年6月13日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/183163/1

4ページ目
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/183163/4
「護憲」「改憲」という言葉を、抽象的に憲法を変えた方がいいのか、変えない方がいいのか、という意味で使う人がいますが、間違いです。それぞれが「理想の憲法」を出し合え、というのが改憲問題ではありません。いま問われているのは、2012年4月に自民党が発表し、現に掲げ続けている「憲法改正草案」に賛成か、反対か、それを作った人たちが描いているこの国の未来像への賛否なのです。抽象的に改憲が問題になっているわけではないのです。

5ページ目
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/183163/5
――「『憲法改正』の真実」のなかで、自民党改憲草案の問題点を子細に分析なさっていましたが、とくに驚いたのは、この草案が、戦前回帰、明治憲法回帰どころか、江戸時代の「慶安の御触書」レベルのものだと断言なさっていたことです。

 これは友人の歴史家が使った言葉なのですが、本質的な意味を含んでいる警句です。自民党改憲草案は明治憲法のようだというのは正しくない、むしろ明治以前の法秩序に戻るようなものだという主張で、その通りだと受け止めました。

6ページ目
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/183163/6
――ところが、自民党改憲草案では、国家がズカズカと人々の良心に踏み込んでいいことになっている。そのうえ、国家を縛るはずの憲法で、国民の方に「憲法を尊重する義務」や「常に公益及び公の秩序に反してはならない」と命じています。自民党らしい、右傾化、保守化した改憲草案と言えますね。

 現政権を「保守」と呼ぶ人が多いが、本来の意味での「保守」には3つの要素が不可欠です。第1は、人類社会の知の歴史遺産を前にした謙虚さです。第2は、国の内・外を問わず他者との関係で自らを律する品性。第3は、時間の経過と経験による成熟という価値を知るものの落ち着きです。私たちをいま取り巻いているのは、そのような「保守」とはあまりにも対照的な情景です。

8ページ目
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/183163/8
 欧米の教養のある人々は「戦後レジームからの脱却」というスローガンを聞くと、ナチスとカール・シュミットを思い出します。シュミットには「ベルサイユ・ワイマール・ジュネーブ」という論稿があります。それぞれ、第1次世界大戦にドイツが敗北して「押し付けられた」条約と憲法と、そして国際連盟を指す地名で、それらを拒否する宣言の意味を込めたものでした。

――ナチスといえば、民主主義的な手段でワイマール憲法をほごにしてしまった。安倍政権も「民主主義にのっとって」と装いながら、結果的に立憲主義を破壊し、民主主義を制限する憲法に作り変えてしまおうとしている。非常に巧妙で危険な手口に見えます。
 有権者は3年半の間に3回の国政選挙で現政権に多数議席を与え続けてきました。その意味で言えば、「民主」というカードの枚数の多さの上に政府与党が座り続けてきた。4度目の機会にそのカードを何枚、奪い返せるか、それが選挙の争点です。

 樋口名誉教授は、9条はそのまま。個別的自衛権を明記するにしても、徴兵制の問題に触れなければいけない。この問題を隠して改憲はありえない、と厳しい見方をしております。自民の草案は勇ましいことばかりを書いていますが、とどのつまりは徴兵制です。一日も早くアベを退場させましょう。

 比例区の「国民怒りの声」政党名ではなく個人名としての小林 節をただひたすらお願いし、7月10日の投票日あるいは期日前投票で、比例の投票用紙に小林 節と書いていただくようお願いします。

動画も増えてきました。
https://www.youtube.com/watch?v=206cWt8vW88&feature=youtu.be
小林節氏(参議院選挙・比例区候補) スピーチ 『国民怒りの声 代表』 2016.6.26 @有楽町イトシア前

一回目は終わってしまいましたが、政見放送です。

「国民怒りの声」NHK政見放送日時
テレビ
7月1日9:05〜10:00の2番目、22:25〜23:20の2番目
7月7日22:25〜23:20の2番目

ラジオ
7月1日13:05〜14:00の2番目
7月7日13:05〜14:00の2番目


怒りの声.png

小林節候補 本人によるツイッターが開始されていました。拡散お願いします。 小林節 怒りの一問一答
https://twitter.com/SetsuKobayashi

私へのメールはこちらへ
rz733375@yahoo.co.jp

支持政党なしの本性が見えた。


nice!(4)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

比例区は、国民怒りの声代表「小林節」氏に投票してください。第3号 [戦争法廃止]

logopack2-1024x600.jpg

 参議院選挙「小林 節を個人名トップ当選を目指す運動第3号」です。

 柄谷さんの憲法9条論からいきましょうか。思想家なので、憲法学者とはまったく違った視点で考えています。

朝日の記事から拝借(登録が必要ですが)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12407144.html?rm=150

 「昔から保守派は改憲を唱えていましたが、いざ選挙となるとそれについて沈黙しました。改憲を争点にして選挙をやれば、負けるに決まっているからです。保守派はこれを60年以上くりかえしているのです。しかし、なぜ9条を争点にすると負けてしまうのかを考えず、この状態はそのうち変わると考えてきたのです。それでも、変わらない。事実、改憲を唱えていた安倍首相が、選挙が近づくと黙ってしまう」
 「実は、そのようなごまかしで選挙に勝っても、そして万一、3分の2の議席をとったとしても、改憲はできません。なぜなら、その後に国民投票があるからです。その争点は明確で、投票率が高くなる。だから負けてしまう。改憲はどだい無理なのです」


こういうのを見ると安心してしまって選挙にいかなくなるのですが、そう現実は甘くない。争点隠しをしてるし、このままずるずる逃げ切るかもしれません。そして9条ではなく緊急事態条項の追加で、公明党、創価学会をだまくらかして、国民投票も乗り切る。

 「9条は日本人の意識の問題ではなく、無意識の問題だからです。無意識というと通常は潜在意識のようなものと混同されます。潜在意識はたんに意識されないものであり、宣伝その他の操作によって変えることができます」
 「それに対して、私がいう無意識はフロイトが『超自我』と呼ぶものですが、それは状況の変化によって変わることはないし、宣伝や教育その他の意識的な操作によって変えることもできません。フロイトは超自我について、外に向けられた攻撃性が内に向けられたときに生じるといっています」
 「超自我は、内にある死の欲動が、外に向けられて攻撃欲動に転じたあと、さらに内に向けられたときに生じる。つまり、外から来たように見えるけれども、内から来るのです。その意味で、日本人の超自我は、戦争の後、憲法9条として形成されたといえます」


なかなか高度な哲学的裏付けがあるのですが、「日本人の超自我」を持たない世代も増えてきています。特にアベお友達は「外に向けられて攻撃欲動」を前面に出して、集団的自衛権や、改憲論を持ち出してくる。

あんまり引用しすぎるといかんので、あと一回だけ

 「しかし、カントの考える諸国家連邦は、人間の善意や反省によってできるのではない。それは、人間の本性にある攻撃欲動が発露され、戦争となった後にできるというのです。実際に国際連盟、国際連合、そして日本の憲法9条も、そのようにして生まれました。どうして、それが非現実的な考えでしょうか」
 「非武装など現実的ではないという人が多い。しかし、集団的自衛権もそうですが、軍事同盟がある限り、ささいな地域紛争から世界規模の戦争に広がる可能性がある。第1次大戦がそうでした」


 柄谷さんは9条を実行することを総理大臣が国際社会とりわけ国連で宣言せよといいます。アベがするはずはありませんが、将来、この深い意味がわかる政治家が、これを国民に提言し、多くの支持を得て国連で宣言すれば、世界共和国の実現も不可能なことではないのかもしれない。
 オバマが広島で核廃絶の誓いを述べた時「自分が生きている間にはできないかもしれないが」とことわりを置いていましたが、これは世界の指導者が言うべきでない。任期があとわずかといっても、これを言えば今回の広島訪問は、単なる社交辞令、アベの選挙利用に乗ってやっただけのことになる。
 引退しても、ノーベル平和賞の受賞者としての責任がある。存命中には成し遂げると言う決意を迫るためにも、近い将来、日本の総理大臣が、9条を実行することを約束し、オバマや、次の大統領に核廃絶を誓わせれば、日本も確固たる国際的地位を得るに違いありません。
 アベが総理である以上、こんな夢も描けない。お花畑で淡い夢を見ている間に、戦車やオスプレイの耳をつんざく音に目を覚まされ、いやな気分になる。一日も早いアベの退場を迫るためにも、今回の選挙で3分の2を許してはいけません。

 選挙のさなかにイギリスのEU離脱で背筋が凍った個人投資家も多いと思いますが、投資家だけでなく株なんかに縁のないわれわれ庶民も深刻に受け止めないといけない事態が起きました。

小林節氏秘書の岡本さんのツイッター
https://twitter.com/happy3okamoto/status/746239671982686209
衝撃!日経平均1286円下落
「国民怒りの声」は設立宣言で、「年金基金(=GPIF)の投機的運用による損失も深刻である。」と明記している。
社会保障の一丁目一番地である年金を消失させておいて、「成果を出す」もへったくれもない!
反アベ勢力は、年金の失敗を徹底して訴えるべきだ!


設立宣言はこちらです。
http://kokumin-no-koe.com/2016/05/09/setsuritsu/

また、今回の、消費税再増税「中止」の雲行きを見ても明らかなように、いわゆるアベノミクスは失敗している。年金基金の投機的運用による損失も深刻である。加えて、戦争法の制定に伴う防衛予算の突出は、着実にわが国の富を減殺して行く。米国の経験を見るまでもなく、戦争は確実に国家財政を破綻に導くものである

この部分です。

 比例区の「国民怒りの声」政党名ではなく個人名としての小林 節をただひたすらお願いし、7月10日の投票日あるいは期日前投票で、比例の投票用紙に小林 節と書いていただくようお願いします。

728901cc25cd33db956c00d089577f9f.jpg
私へのメールはこちらへ
rz733375@yahoo.co.jp
nice!(3)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

比例区は、国民怒りの声代表「小林節」氏に投票してください。第2号 [戦争法廃止]

logopack2-1024x600.jpg
 参議院選挙「小林 節を個人名トップ当選を目指す運動第二号」です。なかなか思うように選対側も動いてくれないのですが(クラウドファインディングで100万円ぐらいするといばって言えるのかもしれませんが)、文句を言っても仕方がない。みささんから冷たく言われた鮫島社長のように(こちらご参考https://twitter.com/aranyanti/status/743086907060412416)自分でやれることをやっていきます。

 さてまず小林節氏の9条改憲論からずばり言っておきましょう。

 「自衛隊の存在ははっきりうたって、集団的自衛権を禁止すべき」に近いのですが、集団安全保障は認める。微妙なのですが、同盟国のために命を落とすのではなく、PKOなどの国際貢献の場合は、自衛隊も出動する、というもの。

ウィキペディアによれば

「私、ここ二年の議論で真剣に考えて、ちょっと考えが変わりました。集団的自衛権というのは、私の考える憲法改正案でももういらない」と述べ、その上で、自らがより現実的と考える「専守防衛のとじこもり論」について簡潔に述べた。なお、自衛隊(自衛軍)保持の明記を含む小林の改憲論は、複雑な解釈理論によって安全保障と両立されている現在の日本国憲法第9条に代え、自衛隊(自衛軍)の活動の要件についても憲法によって明示的に規定、制限する(具体的には、国益維持擁護に託けた侵略戦争は行わない、外国への派兵は国際連合安全保障理事会決議によってのみ行なう)など、より具体的な記述と禁止規定によって国家権力の暴走を抑制する立憲主義を強めるものである。

 自民党から呼ばれていたころからはかなり変わったと言っていいでしょう。ここらあたりは、社民、共産とは一線を引くところなのでしょう。

 柄谷さんのはまたこの次にします。

 本当に無党派層の声を国会に送るのは国民怒りの声しかありません。その意味でも代表「小林 節」の比例個人名トップ当選にご協力をお願いいたします。

動画解説!! 小林代表による「7つの基本政策」解説映像 http://kokumin-no-koe.com/2016/06/23/%E5%8B%95%E7%94%BB%E8%A7%A3%E8%AA%AC-%E5%B0%8F%E6%9E%97%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%80%8C7%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E6%94%BF%E7%AD%96%E3%80%8D%E8%A7%A3%E8%AA%AC/
9295a5a8983e4b0dc90dc00c3eaba308.jpg
動画はそのまま続けてみれば7番めまで解説されています。

初日の動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=Rt8x2MDXobs&feature=youtu.be
怒れる女性候補が中心です。
怒りの声女性.png

 比例区の「国民怒りの声」政党名ではなく個人名としての小林 節をただひたすらお願いし、7月10日の投票日あるいは期日前投票で、比例の投票用紙に小林 節と書いていただくようお願いします。

私へのメールはこちらへ
rz733375@yahoo.co.jp
nice!(8)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

比例区は、国民怒りの声代表「小林節」氏に投票してください。 [戦争法廃止]

logopack2-1024x600.jpg

 いよいよ今日から参議院選挙が始まりました。選挙区、全国比例区と別々の投票用紙です。選挙区は野党共闘、市民連合といろいろあるのですが、今回は、比例区の「国民怒りの声」政党名ではなく個人名としての小林 節をただひたすらお願いし、7月10日の投票日あるいは期日前投票で、比例の投票用紙に小林 節と書いていただきたい。
 公明党の比例候補はとんでもなく票を取りますが、これは某巨大宗教の信者が、各ブロックごとに割り当てられた比例候補の得票数を競い合うからです。アベ政権与党というより自民党山口派とでも言っていいくらいの密着ぶりで、戦争法案も秘密保護法もなんら反対のないまま通してしまいました。
 今 野党の比例候補で、公明党の比例候補の得票数を上回れそうな人はちょっといないと見ています。国民怒りの党も複数当選を目指すべきですが、なかなか現実は厳しい。そこで、小林節代表が個人名でトップを目指してひたすら票を取りまくれば、勝機も見いだされるものと確信しております。

 小林節氏は、なによりも憲法学の名誉教授として知名度抜群。元々自民党の憲法のブレーンだったのが、あの醜悪な自民党改憲案が出てきてから、袂を分かち、昨年の戦争法案審議で完全に自民党と縁を切りました。維新の党の修正案を支持したこともありましたが、基本的には、アベ政権のやってる安保政策、憲法改悪の動きに対抗できる理論的支柱になっている人です。
 そういう意味では、保守層のうち、戦争法というより新安保法の強行採決には反対と言う方々、9条をきちんと改正してから集団的自衛権を導入すべしという方々からも支持があります。
 9条に関して言えば、そのまま一字一句変えるな、から、自衛隊の存在ははっきりうたって、集団的自衛権を禁止すべきというものまで、多数ありますが、やはり自民党の国防軍案は、あまりに戦争に直結しかねない危険性を持っており、まずは、アベがやりたがっている9条改悪は断固阻止し、お試し改憲といわれる緊急事態条項こそ、ナチスの手法に学んだ極めて危険なものであるから、参議院で改憲勢力(お維、こころ含む)が3分の2以上になることをなんとしてでも阻止しないといけません。

こんなものが出てきました。衛藤補佐官といっしょにアベがいます。
https://www.youtube.com/watch?v=h9x2n5CKhn8&feature=youtu.be
日本会議所属の面々です。憲法改正のための儀式だという。

 追って、小林節氏の9条改憲の内容も紹介していきますが、 私個人としては、夢見るお花畑おぢさんと言われるかもしれませんが、次の
http://homepage2.nifty.com/mekkie/peace/bunken/bunken23.html" target="_blank">http://homepage2.nifty.com/mekkie/peace/bunken/bunken23.html
コスタリカ憲法(抜粋)

第12条 恒久制度としての軍隊は廃止する。公共秩序の監視と維持のために必要な警察力は保持する。
大陸間協定により又は国防のためにめみ、軍隊を組織することができる。いずれの場合も文民権力に常に従属し、単独又は共同して、審議することも声明又は宣言を出すこともできない。

第31条
コスタリカの領土は、政治的理由で迫害を受けているすべての人の避難所である。
(以下略吉田稔・姫路独協大学助教授の訳による)

が理想だと考えております。現状の自衛隊はどうみても常備軍ですから、規模を縮小せざるを得ませんが、前文と9条の精神から大きく逸脱する内容は、戦後70年以上経っていますので、第二次世界大戦から人類がひとつも進歩していないというのも情けない。しかし、解釈でいくらでも変えられる表現もいかがなものか、より具体性をもった規定として、コスタリカ憲法を持ち出しました。31条の方は難民等を積極的に受け入れる、シリア難民を留学生限りに受け入れると言うせこいやり方しかしないアベ政権とは天地の差があります。
 軍事力は持たないが、難民受け入れで国際貢献をする。柄谷さんの言うまさに軍備の贈与としてカントの永遠平和の主張が、憲法に表現されている典型的な例ではないかと考えます。
 柄谷さんの主張も追って紹介いたします。

今回の選挙で注意すべきは
『支持政党なし』
http://news.ameba.jp/20160617-113/
です。ネガキャンするつもりは毛頭ないですが、政権批判の受け皿になってくれるのでしょうか?

「私たちの提案は、政策ではなく「ネット投票を利用した直接民主主義」というシステム。うちの会社は法務省関連のシステムなどをつくっているので、ネット投票システムはすでに完成しています。」

法務省から仕事もらってるとすれば、まあお上に逆らえないかもしれませんねえ。
アベ政権の何が問題で、どうしたらそこを変えることができるのか、そういうニーズに応えてくれる政党だとはいえないでしょう。

本当に無党派層の声を国会に送るのは国民怒りの声しかありません。その意味でも代表「小林 節」の比例個人名トップ当選にご協力をお願いいたします。
CldtJbjUsAEVmsv.jpg

国会前で第一声です。この動画の拡散をお願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=zFS-bIzsKu0&feature=youtu.be
怒りの声国会前.png

代表演説より
「我々は愚民ではない。奴隷ではない。臣民ではない。主権者国民なんだ!戦争準備型予算から、民生中心予算へ変えていけ!これは政治にしか決断できない!」
名言です。

6.19総決起大会の録画です。
日本の政治の真の争点は改憲による緊急事態条項の導入!改憲派による参院議席3分の2を許すな!
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/310284

各応援ツールはこちらから。
http://kokumin-no-koe.com/category/download/

チラシ&ポスターはこちらからダウンロードできます。
http://kokumin-no-koe.com/2016/05/31/%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7%EF%BC%86%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89/

私へのメールはこちらへ
rz733375@yahoo.co.jp
これ書かないといけないのですね。
nice!(1)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大津地裁 執行停止を却下です。まだ動かせません。 [原発問題・再稼働]

出るのはわかっていたものの、そのとおりにやっていただけるとほんとにうれしい。

毎日新聞

高浜原発:再稼働認めず 関電申し立て却下 大津地裁
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e9%ab%98%e6%b5%9c%e5%8e%9f%e7%99%ba%e5%86%8d%e7%a8%bc%e5%83%8d%e8%aa%8d%e3%82%81%e3%81%9a-%e9%96%a2%e9%9b%bb%e7%94%b3%e3%81%97%e7%ab%8b%e3%81%a6%e5%8d%b4%e4%b8%8b-%e5%a4%a7%e6%b4%a5%e5%9c%b0%e8%a3%81/ar-AAhaNYD?ocid=UE07DHP#page=2

関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた仮処分決定について大津地裁は17日、関電による執行停止の申し立てを却下した。山本善彦裁判長は「決定を取り消す明らかな事情がない」と理由を述べた。少なくとも、関電が決定取り消しを求めて申し立てた保全異議の審理(異議審)が終わるまで、再稼働は不可能になった。

 異議審は5月10日の第1回審尋で法廷審理が終わり、6月10日に関電と住民の双方が追加書面を出し主張を終えた。地裁は今夏にも結論を出すとみられる。今回と同様、山本裁判長が担当しており、決定が取り消されない可能性が高まった。

 山本裁判長は、自らが判断した今年3月の仮処分決定時と同様に、「(関電が)安全性に欠ける点のないことの立証を尽くさなければ、欠ける点のあることが推認される」と指摘。「(東京電力)福島第1原発事故の原因究明が完遂したと認めることはできず、新規制基準に従って許可を受けたことで安全性が確保されたとはみられない」とも言及した。

運転差し止めの仮処分は滋賀県の住民29人が申し立て、大津地裁の山本裁判長が3月9日、訴えを認めて全国で初めて稼働中の原発を停止させた。地裁は、新規制基準に疑義があり避難計画も不備だとし、「人格権が侵害される恐れが高いのに、安全性の説明が尽くされていない」と指摘した。

 関電は同14日、仮処分決定の取り消しを求める保全異議と、異議審の結論が出るまでの仮処分の執行停止を申し立てていた。

 関電は「申し立てが認められず、誠に遺憾だ。(異議審で)早期に仮処分命令を取り消していただきたい」とコメントした。【大原一城、村瀬優子】


あれ、異議の審理はまだ終わっていないのか。執行停止の申し立てを却下したということですね。ちょっとややこしいが、関電はまた負けたことには変わりない。
異議の審理も山本裁判官ですから、これが認められることはまずなかろう。

nice!(12)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

3号爆発 水蒸気爆発はない [福島原発3号爆発]

某ツイッターで

きれいにシールドプラグのすき間からウラン燃料が噴き出していたのが証明されている
燃料プールのふちは放射化していないので核爆発説は壊滅
http://www.nsr.go.jp/data/000152048.pdf

というものを見たので、選挙前にこれを書いておきます。

一度はここで取り上げたのですが

3号爆発 北西崩落部問題
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2016-04-08

ここにある動画を見て行くと

福島第一原子力発電所 3号機原子炉建屋 北西崩落部下部状況の調査結果について
掲載日平成26年7月11日
http://photo.tepco.co.jp/date/2014/201407-j/140711-02j.html

 黄色の格納容器のふたが見えてきますが、水蒸気爆発なら、あのふたの隙間などから噴出したはずで、かなり高熱のものが出てこないとおかしい。
3号ふた付近.png
この画像からは、比較的細い鉄製のものの状態から見て、高熱の蒸気が噴出したとは感じとれません。

 また阿修羅からお借りしますが
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/516.html
20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae6.jpg
プールの上にあった鉄骨類のぐにゃぐにゃぶりからは、かなり高熱であったと見ることができるが、鉄骨のぐにゃぐにゃも水蒸気爆発によると言うのであれば、下の階も同等の状態でないとおかしいわけで、ゴッダード説は誤りだと言ってもいいのではないでしょうかね。
nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

国民怒りの声を応援します。 [戦争法廃止]

logopack2-1024x600.jpg

公示後からと考えておりましたが、支援、応援表明は今からできるので、ロゴとかお借りして「国民怒りの声」の支援表明をさせていただきます。

各応援ツールはこちらから。
http://kokumin-no-koe.com/category/download/

チラシ&ポスターは
怒りの声.png
こちらからダウンロードできます。
http://kokumin-no-koe.com/2016/05/31/%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7%EF%BC%86%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89/

基本政策の全てに賛同いたします。

基本政策

1 .言論の自由の回復(メディアへの不介入)
2. 消費税再増税の延期と行財政改革
3. 辺野古新基地建設の中止と対米再交渉
4. TPP 不承認と再交渉
5. 原発の廃止と新エネルギーへの転換
6. 戦争法の廃止と関連予算の福祉・教育への転換、改悪労働法制の改正等により、共生社会の実現
7. 憲法改悪の阻止

そこで、今回の参議院選挙を考えるにあたって注意すべきは、このままアベ独走を許せば、日本は極めて危険な方向に向かうということです。いろいろいうまでもありませんが、「日本会議の研究」等によって、アベ政治の黒幕の正体が暴きだされていますが、その中核的な組織、日本協議会(旧 日本青年協議会)の活動に注目しなければいけません。
http://www.seikyou.org/

機関紙 月刊誌『祖国と青年』の最新号に

○特集
緊急事態条項を突破口に       
「緊急事態条項」で一点突破を―戦いは既に始まっている 百地章(日本大学教授)
なんとも勇ましい全共闘世代用語が並んでますが、書いたのは昨年戦争法案合憲を主張したあの学者です。

こちらは学生組織の日本学生文化会議の活動報告
http://bunkakaigi.sakura.ne.jp/report.html

平成19年からはじまった、女子学生による皇居勤労奉仕団「たちばな奉仕団」です。
 昨年は首都圏(國學院大學、立教大学、聖心女子大学)と九州(九州女子大学、福岡教育大学、筑紫女学園大学、佐賀大学)から女子学生があつまりました。
 両陛下のご会釈の際には、両陛下に団員の大学名を申し上げます。両陛下からは「各地からありがとう」「充実した学生生活を送られることを願っています」とのお言葉を賜りました!

いかにも戦前回帰の雰囲気がぷんぷん。

◆参加費:2万円(宿泊、食事、交通費等)

九州から参加すると交通費がこれではすまないでしょうが、あとはどこから出てるのでしょう。

 SEALDsの学生諸君に見てもらいたい。まあ、価値観はいろいろある。しかし、それが総理大臣と言う権力に結び付くとどうなるのか。ごく少数の大学生の集団であっても、国を動かす力があるとわかると、なんでもできる。まあいまどきの若者が恥ずかしくてできないことも。正義は我にありと錯覚するんですねえ。

正義は、SEALDsにある。今度の参議院選挙負けるわけにはいかない!!
sho_fj.jpg

こちらにもサンダース演説を。


nice!(11)  コメント(66)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

サンダースの大健闘を称える [戦争法廃止]

朝日の天声人語から

大統領選とアメリカ資本主義
http://www.asahi.com/articles/DA3S12400334.html?ref=nmail_20160609mo

 「経済的な不平等を分析し、金持ちに高い税金を払わせることを主張する。そんなフランスの経済学者トマ・ピケティがなぜアメリカで人気になったのか。ちょうど2年前、シカゴの学者と話をしたことがある
▼自由競争の好きなこの国に似つかわしくないと感じたからだ。地元でピケティの読書会を始めたばかりだった彼は言った「資本主義は自然の力ではなく、変えられるものだ。そう教えてくれるからだろう」
▼多くの米国民が、リーマン・ショックで突然仕事の場を奪われた。若者は教育ローンの返済にあえぐ。一方で政治は富裕層を優遇しているように見える。「努力すれば報われるなんて、信じられなくなったんだ。まだアメリカの多数派とは言えないが」
▼変化は起きつつあった。ただ、これほど早く政治の表舞台に現れるとは。それがサンダース氏の躍進だった。民主党の大統領候補選びに挑んだ老政治家が訴えたのは、公立大学の無償化や国民皆保険制度の実現、巨大銀行の分割など。アメリカ資本主義の修正である」

 まだ党大会まで頑張るとのことで、気が早いのかもしれませんが、ここまで記憶に残る運動を展開してくれたサンダース氏に敬意を表します。国民怒りの声が日本でここまでの運動を展開できるとは思えませんが、何かを残してくれると信じております。

こらアベよく見ていろ。怒りの声は、アメリカも日本も同じだ。素人の乱を侮るんじゃねえぞ!!
sho_fj.jpg

サンダースの演説をどうぞ


nice!(14)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog