So-net無料ブログ作成
検索選択

大分地裁で仮処分が認められる可能性があるとのこと。 [伊方再稼働反対]

先ほどの放射線ホライゾンのHiroyuki氏の投稿で気がつきましたが
http://rad-horizon.net/news-and-topics-online/1082-2016-07-21-01-32-13

元情報はダイヤモンドオンライン 7月21日(木)でした。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160721-00096162-diamond-bus_all

なんと、

3件の申請の中でも、住民側は大分地裁で運転差し止めが認められるのではないかと期待を寄せている。審理を担当する竹内浩史裁判長が、弁護士として活動していた時代に原発再稼働に否定的な法律家団体に所属していたことに加え、一貫して住民側に立って企業や国と戦ってきた法律家だからだ。もちろん、現在の竹内裁判長の原発に関する考えは明確には分からない。

凄いことです。竹内裁判長よろしくお願いします。大いに期待してます。
nice!(4)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

放射線ホライゾン-東京に降ったセシウム・フォールアウトについて [ホットパーティクルとどう付き合うか?]

探してみるとあるもんですねえ。久々の放射線ホライゾンの Hiroyuki氏による投稿です。

http://rad-horizon.net/truth-of-radiation/1057-2016-06-29-01-14-41

 下のグラフは東京の1カ月間のセシウム137の降下量で、核実験のころから福島事故後まであります。
爆発直後に顕著に現れていますね。
TokyoOlympic1964-2020.JPG

分析の結果、微粒子の主成分はFe-Zn酸化物のナノ粒子で、Csの溶け込んだSi酸化物(ガラス)と共存していることがわかった。Siガラスを形成する過程としてメルトダウンにより炉芯とコンクリートの反応と考えられる。微粒子中のCs濃度は4.4x1011Bq/gと高いため、福島の土壌の107〜108倍の放射線量を与える。
微粒子サイズは0.58-5.3μmで、Fe、Cs、Znの他の成分元素はSn、Rb、K、Mn、Cl、Pbであった。一部はAg2Se0.5S0.5、Ag-Te、Sn金属であったことからAgとSe、Teが蒸発したことが示唆される。微粒子は多孔質でCO2とH2Oが溶融時に溶け込んだことを示している。微粒子表面は固化した時に形成される構造を持つため、SiOガラスの固化がデブリ起源の気化したCsを取り込む前に起きたことを示す。


これまでお伝えしてきたことと共通ですが、手短ながら独自に分析した結果を述べていただいてます。

この発表に外国の専門家から最新のナノ粒子研究手法(SEM、STEM)を駆使したこの研究で放射性微粒子が長距離移動が解析できるようになり、今後の事故解析が正確に行えるとコメントしている。

下の図は2月に発表があった東大の報告からのようです。
http://www.u-tokyo.ac.jp/en/about/publications/tansei/10/73-recovery-agriculture.html

73-recovery-agriculture-1.jpg

今回の研究結果で都市部に落ちたフォールアウトが水で移動したり土壌中にトラップされないため、人体に取り込まれるリスクが高くなることを示唆している。都市部ではそのため長期的な人体への影響の調査が必要となる。

鳥越さん、上杉さん 是非 この人体影響 国はやろうとしないから、都の予算つけてやってください。
nice!(11)  コメント(43)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ツイッター検索だけでは見逃してしまうセシウムボールの貴重な情報 [ホットパーティクルとどう付き合うか?]

なんと大事な情報を見逃すところでした。セシウム89%はガラス粒子
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2016-06-30

で、紹介していた新聞記事ですが、国際学会の発表であり、その後、いくつかの専門的なブログで貴重な記事が出ておりました。”セシウムボール”などで、ツイッター検索でこまめに見てはいたのですが、意外とひっかからないものですねえ。

放射能を気体の1000倍も濃縮して東京に降下した東電福島第一原発からの粒子状セシウムの危険
http://sharetube.jp/article/3337/

宇都宮聡博士の談話:

「この研究によって、これまで福島の事故による放射性降下物に関して私たちが仮定していたことが少し違っていた、ということが明らかになりました。当初から行っていた、表層土の洗浄および除去、という手順は、正しかったと思われます。ただ、放射性セシウムは微粒子に濃縮されていることがわかったことで、環境中におけるこのような微粒子の挙動を含めたセシウム移行挙動や、この微粒子による健康影響に関しても考慮する必要が出てきた、と言えるでしょう。」

フランス・ナントのSUBATECH研究所の所長であり、東海村の国立研究開発法人日本原子力研究開発機構・先端基礎研究センターの界面反応場化学研究グループ長であるバーナード・グラムボウ教授のコメント。

「最先端のナノ界面科学装置による観測は極めて重要です。このような観測は、福島の事故が起きた原子炉から東京への放射性セシウムの長距離大気輸送についての我々の理解を変化させる可能性があり、しかし、一方では人間に吸入されるセシウム微粒子の吸入線量を評価する方法にも変化をもたらす可能性があります。実際のところ、不溶性のセシウム粒子の生物学的半減期は、水溶性のものに比べてより長いと思われます。

アメリカのビキニ水爆実験の放射性降下物を調べた米国立衛生研究所がん研究所のスティーブン・サイモン博士は、放射能粒子は気体の1000倍以上の放射能を濃縮すると指摘する。健康への影響について考え直す必要があるのはこのためである。

固形の放射能密度は1000倍大きい
 サイモン博士はロンゲラップ島民の大きな内部被ばくの原因を、放射性降下物中の微粒子(固形)が付着した食物を食べて、放射能を経口摂取したことにあるとしている。また、空気中にあったヨウ素131を吸入したりもしたが、それは被ばくのごく一部だったという。そして、飲み込んだ固形の放射性微粒子の放射能密度は、空気中のものよりも1000倍大きいとしている。
抜粋: “福島原発事故甲状腺リスク アメリカ水爆実験がんリスク報告からみる”。

健康への影響は、海外の学者の方が危機感をもっています。ちょうど知事選挙があってますが、5年前、東京で起きたことへの指摘です。
まったく無防備で選挙が、参議院に続き知事選でも行われている。まだセシウムボールはそこらじゅうにあるんですよ。

nice!(3)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

三反園鹿児島県知事に期待する。 [原発問題・再稼働]

九州では今日の朝日新聞の一面から新知事の川内原発一時停止申し入れの記事があるのですが、全国版ではどうなっているのやら。

川内原発、避難の不安 三反園氏、計画妥当性を検証へ
http://www.asahi.com/articles/DA3S12468289.html?ref=nmail_20160720mo

三反園氏は知事選で「県民の安心・安全を国任せにしない」と主張。避難計画の課題や原発の安全性について、専門家による「原子力問題検討委員会」を県庁内に設け議論を進める考えだ。
 同様の組織は新潟静岡、愛媛の各県などにもある。特に、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題を抱える新潟県の技術委員会は独自に福島第一原発事故を検証。同委員会の問い合わせがきっかけで、東電が認めなかった「炉心溶融」の判定基準が社内マニュアルに存在したことが2月に発覚した。だが、鹿児島県は「規制委の審査以上の議論はできない」として設置していない。(神崎卓征、中島健)

メルトダウンの隠ぺいを追求したのは、新潟県の技術委員会ですが、鹿児島でも同様の組織が結成されれば、地震や、火山噴火のたびに、九電に申し入れしてヒアリングを開くことができます。地方の自治体、とりわけ原発再稼働の同意権者が、慎重姿勢を見せれば、裁判所もいい加減に取り扱えない。
 前の知事があまりにひどすぎたからですが、鹿児島地裁も少し、県民サイドにたった司法判断をしてもいいのではないか?結局 法理論と言ってもいくらでも解釈のしようがあります。国の行政府の立場に迎合する必要はありません。
nice!(11)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

1条が9条改悪を阻止する。かも。 [憲法改悪阻止]

参議院選挙後、しかも東京都知事選挙の告示直前に、非常に重要な”事件”が起きました。事件という性格のものでないのでしょうが、天皇の退位問題です。

https://twitter.com/ishikawayuichir/status/753562848270266368

仏ルモンド紙も天皇「生前退位」問題を報じる。日本のメディアと違い、直前の参院選での与党大勝や自民改憲案と関連づけ、安倍首相と違って現天皇(と徳仁皇太子)は現行憲法とその平和主義に深い愛着を持っていることにきちんと言及。さすが。

日本のマスコミもわかっていても、ルモンドのように書けないだけかもしれませんが、3分の2でアベが改憲のフリーハンドを得たその直後に、まさにストップをかけるタイミングで出てきたのが「生前退位論」です。皇室典範が改正されれば、年齢から考えてすぐにでも実現しそうな問題です。

柄谷 行人 (著) 憲法の無意識 (岩波新書) は、一回通読してあと要所要所読んではいるのですが、やはり難解ですね。

https://www.amazon.co.jp/%E6%86%B2%E6%B3%95%E3%81%AE%E7%84%A1%E6%84%8F%E8%AD%98-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%9F%84%E8%B0%B7-%E8%A1%8C%E4%BA%BA/dp/4004316006

比例区は、国民怒りの声代表「小林節」氏に投票してください。第3号
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2016-06-24
で取り上げたのは、主に9条の問題ですが、柄谷さんの発想は、1条と9条は密接不可分だと言う。

 次のブログのように書ければいいのですが、今は重要な探し物をしてる最中につきお借りします。いや引用させていただきます。

柄谷行人「憲法の無意識」憲法1条のために9条が出来た!
http://gonji.at.webry.info/201605/article_1.html

憲法1条(象徴天皇制)が真に定着したと言えるのは1998年昭和天皇が逝去した後だった。憲法9条が焦点になったのは1991年湾岸戦争が始まって以降だった。その前に、当時の宰相吉田茂の再軍備などは「愚の骨頂」、「痴人の夢」という言葉は重い。

こちらはけっこう本格的。

憲法の第9条と第1~8条の相互関係に触れてこなかった議論の不思議
http://blog.livedoor.jp/bbgmgt/archives/1058425472.html

どこを引用しようかと迷ってしまってパスしますと思ったけど、柄谷さんの引用部分だけ使わせていただきます。

 ◇-5「徳川時代には,成文法ではないけれども,憲法(国制)がありました。その一つは,軍事力の放棄です。それによって,後醍醐天皇が『王政復古』をとなえた14世紀以後つづいた戦乱の時代を終わらせた。それが『徳川の平和(パクス・トクガワーナ)』と呼ばれるものです。それは,ある意味で9条の先行形態です」。

 「もうひとつ,徳川は天皇を丁重にまつりあげて,政治から分離してしまった。これは憲法1条,象徴天皇制の先行形態です。徳川体制を否定した明治維新以後,70年あまり,日本人は経済的・軍事的に猛進してきたのですが,戦後,徳川の『国制』が回帰した。9条が日本に根深く定着した理由もそこにあります。その意味では,日本の伝統的な『文化』ですね」。

 ◆-6 9条と1条の関係にも考えさせられます。現在の天皇,皇后は率先して9条を支持しているようにみえます。

 さすがに社会科学者だけあって、柄谷さんの見解にいろいろと批判を浴びせておられますが、その点は、いずれよく読ませていただくとして、天皇と戦争放棄を分離した改憲論議はできないという主張は、あちこち見られます。
こちらは甘木さんの柄谷さんへの賛意。
http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/06/14/post-4724/

 「9条を守ることが1条を守る」とすれば、1条を守ることで9条も守れるから、今の生前退位論から1条を守っていくことで、9条改悪、自民草案は全体の改悪であるからこれを阻止できるのではないか?
というのが私の浅知恵です。
 まだ深くは考えておりませんが、連休中にとっかかりだけ書いてみました。続きはいつになるかわかりませんが、気長にお待ちください。
nice!(2)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

党名「国民の声」での復活の日を心待ちしています。 [憲法改悪阻止]

昨夜のうちに小林節氏が重大な決断をされたようで、そのメモとツイッターを紹介します。

https://twitter.com/SetsuKobayashi/status/753605285839638528

CnVVwJ7UMAAgX2Z.jpg

 政治の立場での再チャレンジを希望したいところですが、この志を継承する政治家が現れて、一日も早い「国民の声」としての再出発を願っております。

 ”怒り”が抜けた「国民の声」という党名にすごい希望を感じます。いままでありそうでなかった。しかし、今はアベ政治への怒りを忘れてはなりません。今回、関わったことを私も誇りに思っております。

非常に手短ですが、今後も憲法学者としての小林節氏に獅子奮迅のご活躍をお願いし、「国民の声」を指導してくれるものと信じております。
nice!(1)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大津地裁 異議を蹴散らしてくれました。当分再稼働はありません。 [原発問題・再稼働]

高浜運転差し止め、関電の異議退ける…大津地裁

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e9%ab%98%e6%b5%9c%e9%81%8b%e8%bb%a2%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%ad%a2%e3%82%81%e3%80%81%e9%96%a2%e9%9b%bb%e3%81%ae%e7%95%b0%e8%ad%b0%e9%80%80%e3%81%91%e3%82%8b%e2%80%a6%e5%a4%a7%e6%b4%a5%e5%9c%b0%e8%a3%81/ar-BBueC5R?ocid=UE07DHP

関西電力高浜原子力発電所3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた仮処分決定の保全異議審で、大津地裁(山本善彦裁判長)は12日、関電の異議を退ける決定をした。

差し止め決定を支持しており、両基は運転できない状態が続く。関電は決定を不服として、大阪高裁に保全抗告する方針。

滋賀県民29人が2015年1月、運転差し止めを求めて仮処分を申請。今回と同じ山本裁判長が今年3月の仮処分決定で、「安全性が確保されていることについて、関電は説明を尽くしていない」などとして差し止めを命じた。運転中の原発を停止させる初の司法判断だった。

6月には、関電が仮処分決定の効力を止めるよう求めた執行停止の申し立てを却下していた。



当分 再稼働はさせません。コバセツ先生 気骨のある裁判官も育てて下さい。
nice!(10)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

参議院選挙を終えて [憲法改悪阻止]

logopack2-1024x600.jpg

候補の皆さん、スタッフのみなさん、ボランティアのみなさんそして投票していただいたすべてのみなさんに感謝いたします。100%の開票で466,706人の同志ができたことを誇りに思います。

戦争法廃止どころか、改憲勢力3分の2を許してしまい、ずばり改悪阻止のための運動が必要になってしまいました。いくらか終盤危機バネがはたらくかと思ったのですが、さにあらず、今回もまた事前調査のとおりになってしまいました。
 なんとかならんのかね、と思うのですが、決まったものは仕方がない。

代表小林節先生が「闘争継続宣言」を前日にしております。
https://www.youtube.com/watch?v=U2xHxg35ZP4&feature=youtu.be
この人は結果はどうあれ、やり抜く人です。運動の形態がどういうものになるかはわかりませんが、「闘争」である以上生ぬるいことにはならないでしょう。

物理的にはすぐに動けないでしょうが、しっかり充電して捲土重来に向けて頑張りましょう。

ここで都道府県別がわかります。得票率ではありますが
http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2016/bunseki/
県別.png
こちらが東京で、東京新聞の事前予測がかなり低かったのからすると、けっこう終盤延ばしたことがわかります。
県別東京.png
nice!(11)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

比例区は、国民怒りの声代表「小林節」氏に投票してください。最後のお願いです。 [戦争法廃止]

logopack2-1024x600.jpg

 参議院選挙「小林 節を個人名トップ当選を目指す運動第7号」です。投票日まで残り少なくなりました。多分、記事としてお願いするのはこれが最後になると思います。

昼から出かけてしまうので、こちらにコメントで書いたものを追加して更新を終わります。
決起大会のダイジェストをご覧ください。
https://youtu.be/k-FFX5lNA4g

樋口先生と小林先生の演説を聞き直しましたが、じーんと来ましたね。

勝たねばなりません。あの支持なしから票をもぎとってやりましょう。
まじめに投票にはいく、行ったけど入れたい政党がない。だから支持なしと書いたらあの変な政党に入った。
議席なんかやったら憲政史上最大の汚点を残す。

まじめに投票にきた人のやり場のない怒りを受け止めるのは国民怒りの声しかない、なんとしてでも代表小林節を国会に送らないといけません。

黙々と切々と 小林節でいきましょう。

最終日につきいろいろ修正が入りますが、朝日の今日の社説 樋口先生の「知る義務」が出てきました。
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12450169.html?rm=150

 だからこそ、あすの投票日を前に、有権者の「知る義務」について考えてみる。
 よく言われる「知る権利」ではない。「義務」である。憲法学者の樋口陽一さんの言葉だ。
 「主権者として公のことがらの基本を動かし、未来への責任を果たすため、国民には問題の所在を『知る義務』がある」
 東日本大震災で、原発の安全神話にだまされていたことを知ったのをきっかけに、そう確信したという。
 では、参院選で有権者は「知る義務」を果たせただろうか。少なくとも憲法改正については簡単ではなかったはずだ。
 なにしろ、安倍首相自身が語らない。連日の街頭演説では触れていない。公示前後の党首討論会で問われると、「条文をどう変えるかを決めるのは選挙ではなく、国民投票だ」とかわす。さらなる党首討論会を野党から求められても応じない。
 先の国会で「参院選でしっかり訴えていく」と意欲を示していたのは何だったのか。
 確かに憲法改正には国民投票による承認が必要だ。だからといって、選挙で語らないでいいはずがない。むしろ国会で論じあう代表をえらぶ選挙でこそ、開かれた議論が欠かせない。
 改めて思い起こそう。特定秘密保護法も、解釈改憲の末の安全保障関連法も、政権は直前の選挙であまり語らぬまま、多数を得た国会で押し切った。
 この選挙は「二度あることは三度ある」のか、「三度目の正直」なのかが問われている。今度こそ、有権者ひとりひとりが「知る義務」を果たそう。
 たとえば、自民党の改憲草案が、いかに権力への縛りを緩めて、国民を縛る内容か。個人の権利より、どれだけ「公の秩序」を重視しているか。
 首相は「(草案が)無傷でいくとはおそらく自民党の誰も考えていない」という。だとしても、草案には自民党がめざす国や社会の姿が描かれている。
 それを支持するのか、しないのか。あすの一票の確かな判断材料になる。


カナコロにも記事があります。今 樋口先生はひっぱりだこです。
http://www.kanaloco.jp/article/184648

最後の一日で一気に当選圏内へ!!

昨日の決起集会をここに追加します。
政治団体 国民怒りの声 憲法改悪を許さない総決起集会 〜応援 樋口陽一・東大名誉教授、湯川れい子氏 2016.7.8
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/315322

樋口先生、相当に重みのある人生初の選挙応援演説、湯川れい子さん 声が若い。80歳とは信じられない。香山リカさんも飛び入りで挨拶。
Cm1rCDWXgAAdqzF.jpg

https://twitter.com/k_suzuki_kval/status/750545587142025217?lang=ja

弁理士鈴木健治氏

‏@k_suzuki_kval
「国民怒りの声」を応援している方々。東京新聞の関東近県別の終盤情勢では、比例投票先として国民怒りの声の数値も出ています。神奈川とか高め。 参考にして効果の高い終盤選挙を!
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201607/CK2016070602000180.html
ちゃんと知ってもらえれば1%の当選ラインはいきます!

 有効投票数の2%も越えないといけませんが、死に票はいやだ、どうせ変わらない、とか、いろいろ言ってる場合ではありません。この参議院選挙は改憲勢力に3分の2とらせてしまったら、ほんとに後悔するんですよ。結果はあとからついてきます。
まず小林 節に投票しましょう。

「国民怒りの声」小林節氏街頭演説@巣鴨とげ抜き地蔵商店街前
小林節候補 本気で怒っております。「やめろ」というヤジに「論争しましょう!!」と呼びかけ黙らせました。
https://www.youtube.com/watch?v=5KR13dVxIUY&feature=youtu.be&t=4m19s
先生怒る.png

小林節 x 竹田恒泰 スペシャル対談(追加)

 竹田恒泰氏との対談が追加されました。その4は9条改正の核心部分です。集団的自衛権は排除するが、個別的自衛権と国連決議による集団安全安全保障の問題を述べておられます。私のコスタリカ案とかふっとんでしまうような現実味のある改正案です。おそらく自民党支援者の方々も納得されるのではないでしょうか?
 いずれにせよ改正論議は時間をかけてじっくりやるべきものです。自民党草案を性急に実現させようとしているアベの任期中には絶対やらせてはいけません。

小林節 x 竹田恒泰 スペシャル対談 その4 9条改正について
https://www.youtube.com/watch?v=EAq8gwJcQ7I
小林節 x 竹田恒泰 スペシャル対談 その5 原発について
https://www.youtube.com/watch?v=6WGar3OMjVo
小林節 x 竹田恒泰 スペシャル対談 その6 TPPについて
https://www.youtube.com/watch?v=Xd6pLszmtrc&feature=youtu.be
小林節 x 竹田恒泰 スペシャル対談 その7 まとめ
https://www.youtube.com/watch?v=6I-hbX2go4U&feature=youtu.be
98e82861abae6b0453f120d17cfea2f5.jpg

 「『憲法改正』の真実」(集英社)」ですが、この選挙において非常に重要なことが書かれています。是非とも買って、投票箱がしまるまでにお読みください。
朝日新聞の書評があります。
http://book.asahi.com/reviews/column/2016070500001.html
憲法改正の真実.jpg
 自民の憲法草案を実現させないために、また解釈で”壊憲”させない、いや戦争法で既に壊しているから、憲法を真に奪還するために

小林 この動きを止めるのに、まだ幸いなことに「投票箱」というものが機能しています。それが機能しているうちに、我々の憲法を奪還し、権力が憲法を遵守する体制に戻さないことには・・・

樋口 この日本でなにが起こっているのかを知る機会があれば、有権者は、より良き選択をしてくれると信じています。いや、有権者は、この状況を知る義務があるのです。

 去年の9月19日 あの屈辱を思い出しましょう。戦争法の採決、委員会での採決がほんとに有効だったかもいまだにわからない。まさにアベ内閣が憲法を壊した「壊憲記念日」です。これを今度の7月10日国民の力で覆していかなければなりません。

樋口陽一先生(憲法学者、東大名誉教授)応援メッセージもあります。
http://kokumin-no-koe.com/2016/07/06/%E6%A8%8B%E5%8F%A3%E9%99%BD%E4%B8%80%E5%85%88%E7%94%9F%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8/
樋口応援.png
絶対に負けられない戦いがここにある!!
なんとしてでもアベ政治を認めてはいけません!!
sho_fj.jpg
 比例区の「国民怒りの声」政党名ではなく個人名としての小林 節をただひたすらお願いし、7月10日の投票日あるいは期日前投票で、比例の投票用紙に小林 節と書いていただくようお願いします。

政見放送が終わりましたのでCMです。

http://kokumin-no-koe.com/2016/07/07/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB/
メッセージアプリ編が気にいってます。
https://www.youtube.com/watch?v=9MUiDRudbIw&list=PLWaVqHE4RjvyHwm_WHiz2ZZzvOgVKU_lG&index=2
CM.png
99%の人の声を届ける編
https://www.youtube.com/watch?v=dlaH-aIymSA&feature=youtu.be

小林節候補 本人によるツイッター、連日質問に対する回答がされています。拡散お願いします。
小林節 怒りの一問一答

https://twitter.com/SetsuKobayashi

宝田明氏 応援メッセージもあります。
https://www.youtube.com/watch?v=HzH_p4X6DiQ&feature=youtu.be

私へのメールはこちらへ
rz733375@yahoo.co.jp
nice!(2)  コメント(55)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

比例区は、国民怒りの声代表「小林節」氏に投票してください。第6号 [戦争法廃止]

logopack2-1024x600.jpg

 参議院選挙「小林 節を個人名トップ当選を目指す運動第6号」です。投票日まで残り少なくなりました。

絶対に負けられない戦いがここにある!!

もうほんとうにこの選挙中は緊急事態宣言発令中じゃないのか?
http://www.asahi.com/articles/DA3S12436170.html?ref=nmail_20160701mo

国民の知る権利を保証しないとんでもない悪政です。

年金、運用損5兆円超 公表は参院選後 昨年度GPIF

2015年度の公的年金積立金の運用成績は、5兆円を超える損失となることが確定した。株安が影響したもので、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が30日の運用委員会で厚生労働省に報告した。だが、GPIFが公表するのは参院選後の7月29日で、野党は「損失隠しだ」と批判を強めている。 15年度の運用成績の公表日について、GPIFは3月末に7月29日と決めた。例年は7月上旬に公表しているが、今年はGPIF発足10年に合わせて保有株の銘柄なども新たに公表する予定で、その開示方法などを検討するのに時間がかかるためだと説明している。
 これに対し、民進党は「損失隠し」と追及を続けており、岡田克也代表は30日の街頭演説でも「選挙に不利なことは隠す。安倍政権のやること、こんなことが多い」と反発。運用委員会の外部有識者からも「7月の末というのは遅いと受け止められるのは当然」といった指摘が出ている


 最初から選挙日程に合わせた公開の仕方だ。あきらかな情報統制。ナチスの手口だ。ゲッペルスはだれだ。
野党は一致団結して、投票日の前、金曜日までには公表させるようにがんばらんかい。衆議院と非改選の参議院議員は応援なんかどうでもいいから、これに集中せよ!!

すべてはアベが悪い!!
sho_fj.jpg

 比例区の「国民怒りの声」政党名ではなく個人名としての小林 節をただひたすらお願いし、7月10日の投票日あるいは期日前投票で、比例の投票用紙に小林 節と書いていただくようお願いします。

個人名でお願いはしておりますが、政党名で投票する時も”いかり”と書いていただければ有効になります。
いかりCmAh9Y2WEAAyjM1いかり.jpg
政見放送です。あと1回です。
Cl40GzhUkAIQ_s7政見放送.jpg
「国民怒りの声」NHK政見放送日時
テレビ
7月7日22:25〜23:20の2番目

ラジオ
7月7日13:05〜14:00の2番目


小林節候補 本人によるツイッターが開始されています。拡散お願いします。
小林節 怒りの一問一答

https://twitter.com/SetsuKobayashi

ああこれも借りておきます。松岡モノマネさんの怒りの声の応援演説 アツイ、アツイです。
http://go2senkyo.com/articles/2016/07/02/20946.html" target="_blank">http://go2senkyo.com/articles/2016/07/02/20946.html
選挙どっとこむ.png

皆さん、今、怒ってますか?はっきり言います!何でもっと怒らない? 僕達は自由に何かを言えたり、何かに対して怒ったりしていいんですか?と思ってる方居ませんか? 皆さんのその思いや怒りを形にし、届けてくれるのが「国民怒りの声」です。 怒るというのはもっと社会を良くしたいという前向きな行動です! 「国民怒りの声」は自分達が好きなことも言えなくなってきている、文句も言えなくなってきている、そんな今の日本に対する怒りを本気で届けます! 今怒らずに、いつ怒るんだ!「国民怒りの声」にその怒りを託せ!

さあ、選挙に行こう!!
(他の政党も平等に応援してるのだが)

おまけ 昨日 大阪で推薦候補のおだちさんと美川憲一さん スリーショット
美川憲一.png

おどろいた。美川さん演説会にも飛び入りしてくれた。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/313781
美川演説会.png

私へのメールはこちらへ
rz733375@yahoo.co.jp
nice!(4)  コメント(47)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog