So-net無料ブログ作成
検索選択

加計学園問題ー吉川教授は何を考えているのか? [加計学園問題]

ちょっと張り切り過ぎていていかんのですが、明日は今治で行政による説明会が開催されますので、その前にひとつ追加しておきたいと思います。

コメントをいただきました内海新聞さんのブログからお借りしますが

http://ameblo.jp/utumisinbun/entry-12256766804.html
---------------------------------------------------------------------------------------
吉川 泰弘 様


現在進行中の、今治の岡山理大の獣医学部新設についてお聞きしたいのですが

1.BSL3施設を設置する予定でしょうか。

2.今治市企画課の話だと「獣医師の養成だけで、危険なBSL3などの施設を置くとは一切聞いていない」とのことです。

3.読者の獣医博士(複数)からの意見だと「イオンモールや住宅密集地に、このような施設を置くのは良くない」というのがありますがいかがでしょうか。

4.仮にBSL施設を置いた場合、多額の維持管理費がかかり、加計学園でまかなえるレベルではないとのことですがいかがでしょうか。

5 .同キャンパスは人口密集地に建設予定です。バイオハザードによるイオンモールや、今年9月に開店予定の大型のダイキ、サッカー場、しまなみヒルズの住民に対しての事故対応はどうされる予定ですか。

6.今治市役所企画課、加計学園の担当者とも「バイオセーフティレベル」「BSL施設」の用語の意味すら知りませんでした。まずくないですか?

7.一般市民は、獣医学部の研究が抱える潜在的リスクを知らないままです。
「犬猫病院」「トリマー」ぐらいにしか、獣医学を理解しておらず、バイオハザードによるリスクを承知のうえ受け入れていません。
住民や県議会・市議会に対する説明会を官庁への許認可や施設建設の前にする予定はあります か。
---------------------------------------------------------------------------------------

吉川教授は回答のないまま説明会を迎えます。おそらくあたりさわりのない説明になるでしょう。

大学獣医学部の開学に向けた説明会(第1回)
http://www.city.imabari.ehime.jp/kikaku/parts/20170411.pdf

明日11日火曜日の夜 18:30 ~ 20:30です。

バイオセーフティレベルの説明でいいのがありましたので紹介しますと

国が定めた病原微生物を用いる安全実験施設の概要
http://www.nihs.go.jp/aboutnihs/itenkeikaku/080327_5.pdf

P1,2,3,4で表現されていますが、バイオセーフティレベルの1から4と同等と考えていいのでしょう。
 したがって今治にできる施設はP3相当で、炭疽菌のような極めて危なっかしいものも扱うことができます。
P3レベル.png
P4になるとエボラ出血熱ウィルスが対象になります。
これはバイオセイフティレベル4相当で長崎大学で計画が進んでいます。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokusai_kansen/kento_iinkai/dai2/hokokusho.pdf

国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議の決定で特区ではないですね。

 さて吉川教授 今治に獣医学部を国家戦略特区の事業として持ってくるのにどのように考えておられるのか?明日の説明会では、表向きの説明しかされないでしょう。

 ネットでは裏計画のことがいろいろ言われているのですが、ご本人の書かれた文章の中からその根拠に迫る部分を拾ってみましょう。

https://www.ayyoshi.com/3%E5%B9%B4%E5%8B%95%E7%89%A9%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E7%AE%A1%E7%90%86%E5%AD%A6/

第9回は、生物兵器、バイオテロの危機管理をはなします。悪意の攻撃に対してどのような対応が取れるのかとても難しいテーマです。
性善説に基づく社会体制や国際協調とは異なる考え方が必要となります。第三者委員会の座長をつとめた、冷凍ギョーザ事件を例に、その取り組みと対策について説明します。生物兵器条約に関しても、性悪説の事例を、性善説で封じ込めることが出来るのか?とても難しい課題です。有効なリスク回避措置、クライシスマネージメント、頑強な体制の構築は可能でしょうか?考えてみてください。

https://www.ayyoshi.com/

しかし、人間は微生物を生物兵器として利用しようという発想をも持ちました。共存すべき相手を利用して殺戮を行う方法を考える能力もまた人間の頭脳です。これから、種々の困難に打ち勝って、どのように持続可能な社会を作っていくか?ホモサピエンス(賢い人)の能力が問われる時代です。

 ちょっとドライでクールすぎるような印象を受けますが、部分的に切り出して使う印象操作とアベのやつに指摘されるかもしれませんねえ。

 しかし、科学者なら、大学の副学長なら「明確に否定する」言葉がほしかったですねえ。
 ただその千葉の大学の危機管理学部には国の防衛にはっきりかかわる学科があります。
http://www.cis.ac.jp/information/introduction/crisis/crisis/index04.html
自衛官・安全保障コース

 モロですねえ。私立の防衛大学か?まあそういうところの副学長ですから、ご本人の意思にかかわらず一種の使命を受けて今治にやってこられるのでしょう。

さあ、加計学園の問題は土地無償譲渡や、建物建設費の高額補助が問題視されてますが、もっと大きなものが後に控えています。
 国会では「そんなことするわけないじゃないですか!!私が最高責任者ですから。」だからとっても心配なのね。
sho_fj.jpg
nice!(6)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog