So-net無料ブログ作成
検索選択

加計学園問題ー塩崎厚生労働大臣はあきらかにさぼっている。 [加計学園問題]

文部科学省前事務次官前川さんの告発により、加計学園問題は一気に急展開してきましたが、記者会見を聞いてて、初耳だったのが、厚生労働省の存在。関係省庁は内閣府、文部科学省、農林水産省とばかり思っておりましたが、戦略特区としての要素”創薬”のニーズは、まさに厚生労働省の所管です。
厚生労働大臣といえばこれまたアベのお友達 塩崎恭久で

今こそアベを倒すべきーこんなこと言ったら侮辱で証人喚問されるかな?
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2017-03-17

この記事の時に加計問題を取り上げておりました。
----------------------------------------------------------------------------------------
さて今日3月17日は、加計問題でも大事な質問があります。アベのおともだちでもある塩崎厚生労働大臣に、民進党衆議院のエース級とも言える大西健介さんが、するどい質問を用意しています。
実況するわけにはいけないので、告知のみです。
https://www.facebook.com/kensuke.onishi1/posts/1148363931956077

1. 加計学園による愛媛県今治市での岡山理科大学獣医学部新設について
(1) 塩崎大臣はこの件に関し陳情を受けたことがあるか。
(2) 加計学園関係者にパーティー券を購入してもらったり、政治献金をしてもらったことがあるか。

2. 御影インターナショナルこども園
(1) 2015年9月19日の総理夫人の講演は公務か。
(2) 政府職員は同行したのか(何人)、出張命令は出ていたのか。
(3) 総理夫人及び同行職員の旅費はどこから支出されたのか。
(4) 総理夫人が就任している名誉職等を政府は把握していないのか。
----------------------------------------------------------------------------------------

特区としての関連性より、今治のとなりの選挙区選出でアベお友達と言うことで大西議員は質問したのでしょう。その時の印象ではうまくかわされたという感じですかね。

さて厚生労働省が創薬についてのニーズを調査する。その時の実験の制度を上げるために、マウスやラットではだめで、牛、豚、猿などを対象にする大学研究機関のニーズぐらいはデータのストックがあってもおかしくない。

加計学園問題ー京都産業大学はいつあきらめたのか?
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2017-04-01
で取り上げた日経の記事

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10408510X01C16A2LDA000/
ここの登録がいる部分ですが

「関西では小野薬品工業が新規がん治療薬「オプジーボ」を開発するなど新薬の開発機運が高まっている。よりヒトに近い動物で実験を行うことで、製薬の安全性試験、臓器移植の拒絶反応の抑制といった分野の研究を加速させることに期待がかかっている。」

さらに京都府の提案

http://www.pref.kyoto.jp/seisakuteian/documents/280608_32.pdf

京都府では、iPS細胞等再生医療の開発を推進するため、国家戦略特区を活用し、健康・医療分野における国際的イノベーション拠点の形成を目指している。
再生医療技術や医薬品開発の加速化には、創薬分野に携わる動物実験を担う獣医師を育成し、製薬企業等に供給することが必要
 更に、鳥インフルエンザ等の感染症防疫を担う獣医師を育成し、アジア地域の研究機関等への供給や留学生受入れによる人材育成を行い、アジア諸国との防疫体制強化を行うとともに、畜産物の輸出等「攻めの農林水産業」を支える産業動物獣医師を育成することが必要

あまりヒットしませんが厚生労働省のサイトには

創薬総合推進研究(生物資源・創薬モデル動物)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/08/dl/s0826-1b_0013.pdf

○iPSによる創薬スクリーニングモデル細胞の構築に関する研究薬効評価を行うスクリーニング系となるiPS細胞による病態モデル細胞を患者等の細胞から構築する。

これはまさに京都府&京産大の提案そのものですね。いつでもその気になれば厚生労働省はデータを出せたのではないか?

難関!実験動物一級技術者の資格認定試験に総合生命科学部の学生16名が合格!!
https://www.kyoto-su.ac.jp/news/20160115_400n_doubutsu1kyu.html" target="_blank">https://www.kyoto-su.ac.jp/news/20160115_400n_doubutsu1kyu.html

今の総合生命科学部のカリキュラムの中で、部分的ではありますが、国家戦略が描く最先端獣医師にかなり近づいているということになる。

まあアベと加計の新密度をよく知る塩崎のやつが意図的に手を抜いたとしかいいようがありませんね。

元経産省官僚古賀茂明さんがいいことを書いてくれています。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170528-00000022-sasahi-pol&p=2

----------------------------------------------------------------------------------------
実は、加計学園以外にも京都産業大学という実績のある大学が候補として存在し、「岩盤規制」にドリルで穴をあけると世論に訴えた場合、京都産業大と加計学園の両方の申請を広く世論の監視の中で審査するということになる。しかし、加計学園の申請は十分な根拠に乏しいという事情があった。

 そこで二つの仕掛けで加計学園だけに絞ろうとした。

 一つ目は、認める学校数を一つにしたことだ。競争を促進したいなら、最初から一つだけと決める必要はないはずなのだが。

 これについては、二つもいっぺんに認めると獣医師会と族議員の反発が大きくて実現が危うくなるから仕方なかったというのが、御用コメンテーターたちの言い訳だが、これも全くいい加減な話だ。

 仮に一つだけにするにしても、まず、両校に申請を出させて、正々堂々と国民の前で審査すればよかった。しかし、それだと、おそらく京都産業大に軍配が上がるのでまずいから、二つ目の仕掛けとして、応募要件に「広域的に」獣医師系養成大学が存在しない地域に「限り」認めるとして、大阪に獣医師養成コースがあるから京都産業大は資格がなくなるという要件設定がなされたのである。

 つまり、「規制緩和」という錦の御旗は単なる見せかけで、実態は、加計学園への利益誘導の手段として使われたに過ぎないということだ。
----------------------------------------------------------------------------------------

ずばりそのとおり。そしてその筋書きを描いたのは、森友でも名前が出てきました経産省で総理秘書官の今井尚哉ではないかと。

秘書官に命令したのはあんただろ。いい加減にゲロしやがれ!!
sho_fj.jpg
nice!(8)  コメント(53)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

加計学園問題ースケジュール表は本物 [加計学園問題]

前の記事に追記しましたが、大事なところがあるので、別記事にしました。

あきらかに加計のみのための先々のスケジュールを組んでいます。
2017052301_01_1b.jpg

特に競合があると遅れる、は京都の事をはっきりさしていて、加計を通すために京都に泣いてもらうための画策をこっからしていくということでしょうね。

赤い字は、内閣府側なのか、文科省なのか、あるいは萩ウダからの指示を赤で入れたのか?

読売がネトウヨリクエスト新聞になっているなあ。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170523-OYT1T50101.html?from=

岡山市などを地盤とする高井氏は昨年4月26日の衆院地方創生特別委員会で、計画について「国家戦略特区で希望が見えてきた。ぜひ実現してほしい」と求め、自身のホームページでも同様の書き込みをしていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E4%BA%95%E5%B4%87%E5%BF%97

2007年、民主党から第21回参議院議員通常選挙における岡山県選挙区の公認を受けたが[1]、現職の萩原誠司の第44回衆議院議員総選挙出馬に伴う岡山市長選への出馬を表明し、参院選の公認を辞退。同年10月9日の岡山市長選挙で落選。落選後、民主党を離党した[2]。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙に際して維新の党公認で岡山1区から出馬[7]。選挙区では逢沢に敗北するものの、重複立候補していた比例中国ブロックで復活し国政復帰を果たす。

なんかすごい政治遍歴。途中ぬかしてますが、民主、維新の合流で民進党になっただけの人。

質問は4月で、まあ合流直後で、維新の気質が抜けない時期でしょう。ただその時は、担当大臣がイシバさん。

また産経や読売が記事にするといかんので、ネトウヨの主張を取り上げておきましょう。
https://twitter.com/gentanana/status/867184442963394560

2枚の資料って、これ加計学園ではなくて今治商工会議所ってちゃんと書いてあるやんか!それを加計が出した資料と堂々とねつ造するとは。

500円の部分はカット

ちゃんと内閣府の記録おっかけてみれや。森さんがたった2枚というのは、松本副大臣も認めている。
正式に公募されるまでこれしか出してこないんだから。しかも素人の前知事や市長が代わりに説明したりする。深い部分の話ができるわけがない。

 不思議なのは、公募まで加計学園、岡山理科大学が出てきてないこと。もしかしたら教授陣のいる千葉科学大学の今治キャンパスを考えていたのか?四国と千葉では離れ過ぎているので、岡山理科大学に最終的に決めたんだろうけど、結局、ぎりぎりまで定まらないから、今治市を前面に出していたのでしょう。
 それと加計学園が前面に出れば、アベお友達がすぐばれる。まさか森友のとばっちりで、加計までが注目されると思わなかったから、認可が下りるまでだんまりでいくつもりだったんじゃないのか?
しかし、構造改革特区の時の15回落ちたことでほとんどばれているのになあ。

https://freshlive.tv/thepage/118813
今 民進党PTのヒアリングで聞いたが、10.17は京都府が京産大の同行を求めたが、今治は加計の同行を求めてない。求める必要がないわね。3大臣に直接お願いしてるんだから、詳しく説明する必要もない。

おぼっちゃまどうしの浅知恵だな。
sho_fj.jpg
nice!(8)  コメント(65)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

加計学園問題ー問題の内部文書は本物 [加計学園問題]

ちょっとあとひとつ。
この形式の内部文書は議事要旨にほとんど近いスタイルです。
DADpXhKVYAAyC50.jpg

28年9月16日ワーキンググループの議事要旨
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h28/shouchou/160916_gijiyoushi_2.pdf

内閣府、文科省のメンバーがかぶっています。

浅野 敦行 文部科学省高等教育局専門教育課長
辻 直人 文部科学省高等教育局専門教育課長補佐
そして審議官は、藤原 豊 内閣府地方創生推進事務局審議官ですね。参事官はだれかわかりませんが。

その時間にいた若手官僚がパチパチキーボードたたいて入力させられたのでしょう。

「官邸の最高レベル」、「もっと激しい」とかいう表現からまあ議事録を起こす前のものなんでしょうがね。打ちあわせだから議事録の作成義務はないのかもしれませんが、意思形成過程ということで記録を残したのでしょう。
発言者を書いてないから、正規のものにはならんのだろうが、この内容のデータを複数の職員で共用する。それでもまだ私的なメモで逃げられるのでしょうか?

藤原審議官は最後に

その区域会議、分科会のほうでまた主だった議論をしていくということになろうと思います。21日の午前中でございますけれども、今日おいでの先生方にもぜひ御参加いただきたいのですが、文科省、農水省にもオブザーバーでぜひということで事務的にも御連絡申し上げておりますので、そこで忌憚ない意見交換をしていただければと思っているところでございます。

今治分科会には大勢呼んで、京都の時には農水、文科には声もかけない、すばらしい差別。

今治市 分科会(第1回) 平成28年9月21日(水)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/hiroshimaken_imabarishi/imabari/dai1_gijiyoushi.pdf

<オブザーバー>
浅野 敦行 文部科学省高等教育局専門教育課長
林 政彦 農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課調査官
山下 一行 愛媛県地域振興局長
渡部 浩忠 越智今治農業協同組合代表理事専務
西原 孝太郎 公益社団法人今治青年会議所理事長

 なんで農協や青年会議所まで呼んでんの。人数の多い中で説明受けると「熟度が高い」と感じてしまうのですかね。幸三大臣。京都の説明なんか聞いてませんからね。WGの委員から後日京都のヒアリング内容の報告でも受けたのでしょうが?自分で判断したというが。

さて、9月16日に戻して、本間委員のこのあたりの発言からすると

いみじくもライフサイエンスという言葉を使っているわけですから、これは医学、獣医学、理学、薬学等がまさに一体となって、これまでのような縦割りあるいは枠ごとのサイエンスで中でやっていくというのではなくて、相互にコラボレートする必要があるので、その中で獣医学を考えていかないと、今後の日本の獣医学そのものが相当に遅れてしまうという懸念も持っています。

これを実現できるのは京都の提案しかないのじゃないでしょうか。

平成 28 年 6 月 京都府の資料ですが、2枚にまとめても今治よりはるかに中身のあるものになっています。
http://www.pref.kyoto.jp/seisakuteian/documents/280608_32.pdf

大事なのはここです。全国的に獣医師会は新学部設置に反対ですが、この京都の提案、京都産業大学の獣医学部設置には

京都府獣医師会からは、「理解し、協力する」旨の文書受領済み

となっていました。どこからも反対のない状態こそ望ましいのであり、一人の権力者の賛成だけを最優先するやり方に北のあそことの類似点を強く感じますねえ。
なんか文句あるかい?
sho_fj.jpg

謎のスケジュール表


nice!(4)  コメント(54)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

加計学園問題ー平成28年10月2日の男たちの悪だくみがわかった。それは京都が30年に間に合わないことを確認した日 [加計学園問題]

なんかカッコ悪いタイトルになりましたが、首相動静で見えてきました。

加計学園問題ーなぜ京都産業大学は選ばれなかったのか?
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2017-03-30

この記事は多くの方に読んでいただいていますが、コメントの終わりの方に書きました
http://www.pref.kyoto.jp/seisakuteian/201606084.html
府民総活躍と産業創出対策(平成29年国の施策及び予算に対する政策提案)

32 創薬分野等における新たな獣医師の育成について(PDF:174KB)
   国家戦略特区における獣医学部の新設

29年度の予算措置ですから、30年度に間に合わなくもないのですが、今治と違って全体構想が大きいので、獣医学部だけを先にするのは難しい。

そこで、首相動静
http://www.asahi.com/articles/ASJB25DFVJB2UTFK008.html

【午前】7時55分、京都市左京区の国立京都国際会館。尾身幸次元科学技術担当相、山田啓二京都府知事、門川大作京都市長が出迎え。57分、「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム(STSフォーラム)」の関係者と記念撮影。朝食会。

 山田知事と会ってます。まあ時間的に、京都産業大学の進捗状況ぐらいは聞けるでしょうね。
で、知事は、開学が31年なら可能とか言ったかどうかはわからんが、田中角栄みたいによっしゃ、よっしゃあというタイプではないので、粛々と進めますぐらいしか言わなかったでしょう。

 京都行きは予め決まっていたでしょうから、夜の予定は明けておいて例のメンバーで焼肉パーティー。まあ高級ブランド牛ばっかり食ったのでしょう。ここでもやっぱアッキー同伴。

6時、東京・宇田川町の焼き肉店「ゆうじ」。高橋精一郎三井住友銀行副頭取、増岡聡一郎鉄鋼ビルディング専務、加計孝太郎学校法人加計学園理事長らと食事。昭恵夫人同席。

悪だくみの夜とメンバーがまったく同じ。しかしねえ。なんか特区に絡んだ前後にはほんと会食が多いもんですなあ。

加計学園問題ー京都産業大学はいつあきらめたのか?
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2017-04-01

では、知事があきらめたのは12月19日と推測しました。最近は幸三大臣が、引き続き検討としつこく言ってる手前、知事の口からあきらめましたとはいえず、「府民総活躍と産業創出対策」の30年度版には、「国家戦略特区における獣医学部の新設」を盛り込むかどうかは、京都産業大学の意向を受けてからになるのでしょう。
しかし、京産大はすっかりやる気をなくしてしまったと聞いています。今ニュースで今治VS京都がクローズアップされてきました。岡山理科大学が不認可になれば可能性は出てくるので、再び立ちあがって獣医学部設置を目指していただきたい。

肝心なことを言ってなかった。10月2日京都でアベは、山田知事から特区関連の話を聞き、進捗状況を知り、京都産業大学の獣医学部開学が30年度に可能かどうかの感触だけ得る。まあ総理があからさまには聞けませんからねえ。あとで萩生田に指示して、京都府の担当者から正確な情報を得る。

 でもって、新幹線の中で萩生田の連絡を得て、空白区、30年度開学の線で、進めることを指示。
30年度は細かすぎるので、諮問会議には出さずに、パブコメにこっそり偲ばせる。

この悪だくみは夜の高級焼き肉店で謀議があったかもしれんけどね。

ちょっと修正
182083af.jpg

萩生田でさえ30年無理と7日の段階で考えていたら、ごり押しさせたのは幸三へのアベの直接指示だろうな。

さらに修正

日付け入りの文書が9月26日で、10月2日説はあっさっりひっくり返った。まあ悪だくみの夜は祝勝会の可能性があるなあ。トーナメント1回戦くらいか、準々決勝?

http://www.city.imabari.ehime.jp/kikaku/kokkasenryaku_tokku/
2017年1月4日 告示改正(案)に対するパブリックコメント結果(PDF)の公示
http://www.city.imabari.ehime.jp/kikaku/kokkasenryaku_tokku/2017011401.pdf

広域的に獣医師系養成大学の存在しない地域に限定する要件や平成30年度開設に限定する要件は不要ではないか。(同旨のご意見:47件)

「国家戦略特区における追加の規制改革事項について」(平成28年11月9日国家戦略特別区域諮問会議決定)の趣旨を踏まえ、新たに取り組むべき分野に対応する獣医師の育成は重要かつ喫緊の課題であり、実際の獣医学部の立ち上げを急ぐ必要があるとされていることから、本告示は平成30年度としたもの。

パブコメでこの30年度を疑問視しする意見が47件と多い。これに対する回答はどうでもいい屁理屈。急いだところで獣医師の免許取るには5,6年かかる。なんで急ぐのよ。

これも追加
https://twitter.com/rappresagliamth/status/865042460346429441

2016年10月2日、文部科学省が「総理のご意向だと聞いている」とする文書を作成

ということは、山田知事に会って電光石火でアベが決断。もしかして夜は緊急招集しての祝勝会だったのかも。

otokotatino.png

見たくねえ顔が揃ってるなあ。「ゆうじ」でどんな共同謀議をしたのかね?正直に言わんとカンチョするぞ!!
sho_fj.jpg
nice!(4)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

加計学園問題ーこれはお手柄。朝日は死んでなかった。 [加計学園問題]

加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書
http://www.asahi.com/articles/ASK5K0494K5JUTIL08N.html

九州方面は紙面に出てないのだが、もうこれで決まりですな。

あ 有料会員のみか。

朝日新聞が入手した一連の文書には、「10/4」といった具体的な日付や、文科省や首相官邸の幹部の実名、「加計学園」という具体名が記されたものもある。加計学園による獣医学部計画の経緯を知る文科省関係者は取材に対し、いずれも昨年9~10月に文科省が作ったことを認めた。また、文書の内容は同省の一部の幹部らで共有されているという。

紙面に出るのは明日かな。結局 新文部科学大臣には陳情などせんでもシモムラの時代に話はついてる。

いよいよ加計もフル稼働かな。野党の皆さん頑張って言いましょう。

安倍晋三首相の知人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、文部科学省が、特区を担当する内閣府から「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」などと言われたとする記録を文書にしていたことがわかった。

NHKにも良心があったので追加。昨日の夜のニュースです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170516/k10010984151000.html
動画もありますが、文書のみ

文科省の審議会 新設獣医学部に「課題あり」と報告
5月16日 21時32分
大学の学部の新設を審査している文部科学省の審議会は、愛媛県今治市に設置が予定されている獣医学部について、定員や教員の態勢などに課題があるとする報告を取りまとめました。
文部科学省の審議会は、愛媛県今治市に岡山理科大学が新設する方針の獣医学部について、実際に設置を認めるかどうか先月から審査を行っていますが、このほど報告をまとめました。

この中で、大学が申請した160人という定員については、全国に16ある獣医学部の中で最も多く、本当に研修が行えるのかや、予定されている設備と比べて多すぎるなどと指摘しています。

教員の態勢などについても、大学を卒業したばかりの若手や65歳以上の教授の比率が高いなどと、懸念が示されました。

この学部はことし1月、規制緩和によって今治市に設置する方針が決まりましたが、選考の途中だった去年9月下旬、内閣府の担当者が、文部科学省側に対し今治市に設置することを前提にスケジュールを作るよう求めたやり取りが文書で残されています。

審議会は、こうしたいきさつや報告で取りまとめた課題を確認するため、来月上旬に現地視察を行うことにしています。

この時は今治のみなさんに暴れてもらおう。共謀罪で逮捕されない程度にね。

もはや逃げられんぞアベ!!
sho_fj.jpg
nice!(7)  コメント(53)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

加計学園問題ー意外にも維新の議員が頑張っていた。 [加計学園問題]

報道がされなくても各議員さんがんばって加計問題を追及していただいてます。

さて、異色ではありますが、維新の議員さんが、参議院の農林水産委員会で質問してくれていました。
ツイッターで見つけた情報で3月30日の議事録ですね。希望の会の森さん、民進党桜井さんが目立ってたので気がつきませんでした。

儀間さん 思ってたよりいいこと言っていました。それと、前の森山大臣のもとでは、獣医学部新設には慎重なスタンスであったことがわかります。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/193/0010/19303300010004a.html#150

○政府参考人(今城健晴君) お答えいたします。
 ただいま儀間先生からございました昨年五月十二日のこの委員会での森山大臣の答弁ということでございますが、これ議事録によりますと、獣医師の数としては十分に足りているわけではありますが、大動物を中心にやっていただくか、大動物も診るし小動物も診るとやっていただく獣医師さんもおられますが、小動物しか診ない獣医師さんもおられますものですから、このバランスをどうするかということが大事なことだというふうに御答弁されているというふうに承知しております。
 このようなことでございますので、基本的に全体の獣医師の数というものではなくて、産業動物獣医師の偏在について、まさに獣医師会等と連携しながら、不足している地域にきちんと産業動物獣医師が確保されるということを努力してまいりたいというお話を大臣がされているというふうに理解しております。
 したがいまして、そういう理解の上に立って、十一月九日のいわゆる特区の、お決めになられた新たな需要というものの中に水際対策の部分というものが言及されております。そこのところの部分については、産業動物獣医師が従来から担っている分野及びそこの需要が拡大していくことがあるというようなお話でございますので、そこのことを主に担っている産業動物獣医師の偏在にも資するものとなるように期待していると、そういうように山本、今の現大臣がその場でお話しされている、こういう次第でございます。

○儀間光男君 そんな事実を曲げて物を言わぬでもいいですよ。森山大臣が言ったこと、それから五か月後で急変してくるわけですが、その間、皆さんそういう努力はしたの。あるいは、皆さんがそう言ったのであれば、諮問委員会や文科省から来ると、いや、我々が努力をするから、配分を偏在をなくすように努力をするからちょっと待ったと言うべきではなかったかと思うんですが、その辺どうですか。

○政府参考人(今城健晴君) お答え申し上げます。
 産業動物獣医師の問題、それは農林水産省の問題でございます。それをどういうふうに適切に地域に確保していくかということでございます。
 ただ、十一月九日の際のお話は、いわゆる獣医学部を新設するかどうかというお話、そこの話で、そのお話自体は文科省さんの、従来は文科省でしたし、特区という問題でございますので内閣府の御判断ということになるわけでございます。
 そこで、そういう新たな需要があるというようなお話で、そこでお決めになるという場で私どもが申し上げるのは、そういう産業動物獣医師の偏在に役立つような仕組みとしていただきたいということを申し上げたという次第でございます。

○儀間光男君 努力をされたかということに答えていない。もういいですよ、また同じことですから。時間もったいない。していないんだから。
 それで、この加計学園の新設に当たって、先週の委員会で議論になりましたけれど、特徴としてライフサイエンス研究の推進とありますね。獣医師に新たに取り組むべき分野における具体的な需要に対応する、農林水産省として地域的な課題につながる仕組みになればと期待すると山本大臣はおっしゃいました。
 昨年の森山大臣の発言とは方向性が変わってきたんですね。その段階で、たとえ閉会中であっても何らかの形でこの委員会に知らしめる方策はあったと思う、取るべきだったと思うんですね。委員会がないがしろにされて今日に至っているわけです。この辺に、僕は、もっと農林水産省頑張っていただかなければ、我々のこの委員会だってその存在価値がなくなってしまうんですよ。皆さんが内閣の言いなりになるのはいいけれど、我々はそういうわけにいかぬのですよ。だから、そういうこともしっかりとしていただきたい。

 実質的”与党”の維新の議員さんでも、得意分野に関する課題に関しては、きちんとポリシーもって対応してるんですねえ。けっこう手厳しいことを言ってますよ。それだけに、今の山本有二大臣はなにやってんだ。豊田三郎にまずいこと握られてんのか?豊田の方が天下りでまずい状態になっているが、とにかく獣医師の問題なのに、あえて”蚊帳の外”に置かれることを望んでいるとしか思えない。

去年の8月23日に加計孝太郎が豊田を伴って”陳情”行ったはずだが、いったい何を要望されたんだね。もう一人の山本大臣がどんどん進めるから、あんたはとにかく黙って見ていてくれ、とでもいわれたのかな。

あんたのお友達のやってることを黙認すること自体政治倫理には触れるとおもわんのかね。
sho_fj.jpg
nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

加計学園問題ー民進党・宮崎衆議院議員の質問主意書 [加計学園問題]

このところ加計学園問題で国会質問の多い宮崎岳志衆議院議員の質問主意書を取り上げてみましょう。
だいぶ追い込んでいただいてます。

http://www.shugiin.go.jp/Internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a193209.htm

加計学園が今治市に獣医学部を新設することが、国家戦略特区制度を利用して認められることになった経緯に関する質問主意書
提出者  宮崎岳志

獣医学部等の新設については、国家戦略特区制度などに基づき、過去に新潟市や京都府から提案がなされていたところであるが、平成二十八年十一月九日、国家戦略特別区域諮問会議に提出された文書「国家戦略特区における追加の規制改革事項について(案)」において、「現在、広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り獣医学部の新設を可能とするための関係制度の改正を、直ちに行う。」と記載されたことにより、事実上初めて設置場所が四国地方に限定されることとなった。
 他方、同年十月十七日には、国家戦略特区ワーキンググループが、京都府内への獣医学部新設について、京都府及び京都産業大学からヒアリングを行っているが、この時点では、四国地方への限定が行われていた形跡は一切なく、同年十月十七日から十一月九日までの間に「現在、広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り獣医学部の新設を可能とする」との方針が決定されたものである。

 以上を踏まえ、質問する。

一 獣医学部の新設を認める上で、「広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限」るとの方針は、同年十月十七日から十一月九日までの間の、どの時点でどのような手続きにより決定されたものか、具体的に示されたい。

二 獣医学部の新設を認める上で、「広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限」るとの方針は、同年十月十七日から十一月九日までの間の、どの時点でどのような内容で、内閣府、文科省、農水省の合意を得たか、具体的に示されたい。

三 獣医学部の新設を認める上で、「広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限」るとの方針は、同年十月十七日から十一月九日までの間の、どの時点で、だれが、どのような理由で、発案したものかを、具体的に示されたい。

 右質問する。

以上の質問に対する答弁がこちら

http://www.shugiin.go.jp/Internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193209.htm

衆議院議員宮崎岳志君提出加計学園が今治市に獣医学部を新設することが、国家戦略特区制度を利用して認められることになった経緯に関する質問に対する答弁書


一から三までについて
 獣医学部の新設については、「「日本再興戦略」改訂二〇一五」(平成二十七年六月三十日閣議決定)において「獣医師養成系大学・学部の新設に関する検討」として、ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき分野における需要が明らかになる等の場合には、近年の獣医師の需要の動向も考慮しつつ検討を行う旨の方針が示されたことを前提として、多くの慎重な意見があったことも踏まえ、産業動物獣医師の確保が困難となっている地域に限ることが適切であると考えられたことから、その旨の平成二十八年十月下旬の山本内閣府特命担当大臣(地方創生)の指示に基づき、同年十一月初旬にかけて内閣府地方創生推進事務局において、国家戦略特区ワーキンググループの委員(以下「委員」という。)の意見も踏まえつつ、広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り獣医学部の新設を可能とするための制度改正を行うとする旨の案を作成し、同月初旬に委員を含め関係府省間での調整等を行った上で同月九日の国家戦略特別区域諮問会議に提出し、同会議において決定したところである。

3つの質問をひとつの回答ですます手抜きですが、基本的には3省で正式に協議の場を設けたり、ワーキンググループの座長と面会して同意をもらった形跡はありませんね。
京都のヒアリングから、11.9の諮問会議の前日までに「空白地域」に限定することを原案とするプロセスがちゃんと踏まれているのかどうか?

基本 内閣府の独断で決めてるとしか思えません。まあ諮問会議では決定事項になってますから、これによって京都を外す手立ては整ってるわけですが。

ただ、「産業動物獣医師の確保が困難となっている地域に限る」と「獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り」は必ずしもイコールにならない。都市部で勉強して、獣医師の資格を取り、故郷で従事すればすむことなのですから、これは十分検討した結果というより、今治側の要望を最優先した結果に他ならない。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/hiroshimaken_imabarishi/dai1/gijiyoushi.pdf
平成28年3月30日(水)の広島県・今治市国家戦略特別区域会議(第1回) 議事要旨です。
この中の12ページに

獣医師系の国際教育拠点の整備については、獣医学教育空白地域である四国に国際水準の大学獣医学部を新設し、1つ目に、鳥インフルやMERS等、動物由来新興感染症、越境感染症の防疫への対応。

だれあろう菅市長の発言ですね。だから今治の要望を、ずっと大事に温めてきて、大臣が変わったとたんに、京都がどんなにいい提案をしても、今治=加計学園の要望に従うため粛々と進めてきたわけです。

大臣にさせていただいてありがとうございますと、あんたに忖度して決めたんだろうね。
sho_fj.jpg
nice!(6)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

加計学園問題ーあきらかに京都は落とされている。 [加計学園問題]

いささか断定調に書かせていただきます。昨日の首相動静によりますと

https://twitter.com/cIHtcCLzQtI7ZPX/status/861748224670834688

5/8 18:54~ 銀座 日本料理店「銀座ろくさん亭」
山本幸三地方創生担当相、林芳正元農林水産相らと会食

で林芳正さんは、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E8%8A%B3%E6%AD%A3

2015年 - 農林水産大臣(第3次安倍内閣)。

平成27年6月30日の時点ではどうだったのか?

2015年2月23日 - 2015年10月7日となっていますので、この獣医学部を「日本再興戦略」改訂2015
に盛り込んだ時は農水大臣をやっていますね。

どうも加計は、新任大臣挨拶で重点的に農水大臣を攻めたようなところがあります。
その成果が昨年9月16日開催の関係省庁に対するヒアリングにあらわれています。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h28/shouchou/160916_gijiyoushi_2.pdf
なにしろ、

○八田座長 ありがとうございました。
それでは、農水省、どうぞ。
○磯貝課長 農水省のほうからは特に説明はございません。

なのです。実にやる気のない態度。まあ後の方で聞かれたことには答えていますが、どうも前任の林大臣の時に、基本、新規学部増設には反対しないという方針が固まってあったのではないか?まあ勝手な推測です。
獣医師会サイドからは、新任の山本有二大臣にも念押しはしていたはずでしょう。日本会議、神政連、創生「日本」とアベにはかなり近いのですが、派閥が違う。もしかしたら、獣医師会の懇願に根負けしないとも限らない。加計には、山本有二には念を入れてお願いしとけということになったのでしょう。

林も仲良さそうで、下関の市長選挙の因縁があるから、一席設けて手打ちがてら、口封じをしたと。
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/03150603/?all=1

なんでそこまでやったかといえば、みずほさんの質問主意書をもう一度。
http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-entry-3070.html

一 安倍首相は、学校法人加計学園の加計孝太郎理事長が今治市に獣医学部を作りたいと考えていることを二〇一六年十一月九日以前にって知っていたか。知っていたのであれば、いつから知いたのか。

答弁

一について
 獣医学部の新設については、平成十九年十一月の愛媛県今治市等からの構造改革特別区域法(平成十四年法律第百八十九号)第三条第三項に規定されている提案に係る説明資料において、学校法人加計学園がその候補となる者である旨記載されており、こうした提案を受けて、安倍内閣総理大臣を本部長とする構造改革特別区域推進本部において、平成二十五年十月十一日、平成二十六年五月十九日及び平成二十七年八月二十五日に構造改革特別区域の提案等に対する政府の対応方針を決定するとともに、平成二十七年六月三十日に「「日本再興戦略」改訂二○一五」を閣議決定したところである。

「知っていたか。知っていたのであれば、いつから知いたのか。」の回答にまったくなっていない。類似の質問を昨日、5月8日の衆議院予算委員会で、民進党宮崎議員からされてますが、まあ聞かれてもないことを並びたて、結局答えていない。

 構造改革特区の時代から15回も申請してたことを知ってるのだから、知らないはずがないのに答えられない。二〇一六年十一月九日以前と限定されると、総理が認定する意思を持っていたととられかねないから慎重なのでしょうが、いかにも官僚らしい姑息な逃げ道です。

京都と比較検討しながら、時間をかけていては30年度開設に間に合わない。さりとて同時に2校決めるのは、獣医師会の反対が大きい。全体の定員を調整しながらとなるとやっぱり時間がかかる。京都は外さざるを得ないのだけど、「引き続き検討」で落としていないように見せかけているだけ。
岡山理科大学の今治キャンパスに獣医学部の認可がおりれば、あとは野となれ山となれで、永久に検討中にされるだけです。
 京産大なら、軍事利用のない純然たるパンデミック対策を研究してくれることでしょう。
 商工会議所のバックアップは、コメントでしか紹介してなかったようなのでここで書いておきましょう。
http://www.sankei.com/west/news/160622/wst1606220092-n1.html
あの産経新聞ですが

要望書では、医薬品の開発から承認までの手続き期間の縮小や、開発コストが高い難病向け医薬品への支援拡大を要請。先端医療などで獣医学分野の研究需要が高まっているとして、京都産業大(京都市)への設置を念頭に、新たな獣医学部の開設も求めた。

 大商の担当者は「京阪神の商議所が一丸となり、実現に向けた働き掛けを強めたい」と表明。関係自治体にも協力を呼び掛ける。

 政府は京都、大阪、兵庫の3府県で構成する「関西圏」を、規制緩和を進める国家戦略特区に指定。関西財界は国際的な医療拠点の構築に向けた取り組みを進めている。

 冷静に考えたらオトモダチの所より、こういうスケールの大きい方を国家戦略特区として岩盤規制に大穴をあけたいところなんだけどなあ。
sho_fj.jpg
nice!(9)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

加計学園問題ー内閣で京都より今治が優れていると決定 [加計学園問題]

 先月29日には得ていた情報ですが、3日のアベ政治用に遅れて使わせていただきます。

参議院議員の福島みずほさんのツイッターで
https://twitter.com/ami_j3/status/853205274630344704

昨日、3通の質問主意書の答弁書がそれぞれ戻ってきました。総理は、2016年11月国家戦略特区のときに、加計学園の加計孝太郎さんが今治市に獣医学部を作りたいと思っていたことを知っていたかと聞く。知っていた、あるいは知らなかったとおう答弁しかないのに答えず。

この加計学園に関する質問主意書と政府答弁がこちらです。
http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-entry-3070.html

長いので京都産業大学に関する部分の質問と答弁を引用します。

四 国家戦略特別区域における規制改革として、京都府及び京都産業大学と今治市が獣医師養成系大学・学部の新設を希望し、国家戦略特別区域会議や国家戦略特区ワーキンググループにおいて、それぞれからプレゼンテーションが行われたが、政府はどちらの内容が優れていると判断したのか。

四について
 獣医学部の新設については、愛媛県今治市による提案が事業の熟度が高く、京都府及び京都産業大学による提案よりも優れていると判断したところである。なお、同府及び同大学による提案についても、引き続き検討することとしている。

この答弁は閣議決定を経ていますので、山本幸三大臣の独断と偏見で決めたわけではない。内閣が責任を持つものです。当然 行政府(本人は立法府もそうだと思っているが)の長であるアベ自身の回答でもあります。

 「引き続き検討する」は官僚言葉で「しない」のと同義語ですが、さすがに内閣が責任を持つとなると違うのかな?

ただこちらでいただいたコメントによりますと
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2017-03-30

京都産業大学はほぼあきらめてしまっているといいます。BSL3施設のある大学を落とし、いまだ経験のない所にやらせる。見え見えの手を使ってオトモダチの大学を手助けする。京都産業大学に国家戦略を任せないのは大きな損失だ。
sho_fj.jpg
nice!(4)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog