So-net無料ブログ作成
検索選択

加計学園問題ー内閣で京都より今治が優れていると決定 [加計学園問題]

 先月29日には得ていた情報ですが、3日のアベ政治用に遅れて使わせていただきます。

参議院議員の福島みずほさんのツイッターで
https://twitter.com/ami_j3/status/853205274630344704

昨日、3通の質問主意書の答弁書がそれぞれ戻ってきました。総理は、2016年11月国家戦略特区のときに、加計学園の加計孝太郎さんが今治市に獣医学部を作りたいと思っていたことを知っていたかと聞く。知っていた、あるいは知らなかったとおう答弁しかないのに答えず。

この加計学園に関する質問主意書と政府答弁がこちらです。
http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-entry-3070.html

長いので京都産業大学に関する部分の質問と答弁を引用します。

四 国家戦略特別区域における規制改革として、京都府及び京都産業大学と今治市が獣医師養成系大学・学部の新設を希望し、国家戦略特別区域会議や国家戦略特区ワーキンググループにおいて、それぞれからプレゼンテーションが行われたが、政府はどちらの内容が優れていると判断したのか。

四について
 獣医学部の新設については、愛媛県今治市による提案が事業の熟度が高く、京都府及び京都産業大学による提案よりも優れていると判断したところである。なお、同府及び同大学による提案についても、引き続き検討することとしている。

この答弁は閣議決定を経ていますので、山本幸三大臣の独断と偏見で決めたわけではない。内閣が責任を持つものです。当然 行政府(本人は立法府もそうだと思っているが)の長であるアベ自身の回答でもあります。

 「引き続き検討する」は官僚言葉で「しない」のと同義語ですが、さすがに内閣が責任を持つとなると違うのかな?

ただこちらでいただいたコメントによりますと
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2017-03-30

京都産業大学はほぼあきらめてしまっているといいます。BSL3施設のある大学を落とし、いまだ経験のない所にやらせる。見え見えの手を使ってオトモダチの大学を手助けする。京都産業大学に国家戦略を任せないのは大きな損失だ。
sho_fj.jpg
nice!(4)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog