So-net無料ブログ作成

加計学園問題ーあきらかに京都は落とされている。 [加計学園問題]

いささか断定調に書かせていただきます。昨日の首相動静によりますと

https://twitter.com/cIHtcCLzQtI7ZPX/status/861748224670834688

5/8 18:54~ 銀座 日本料理店「銀座ろくさん亭」
山本幸三地方創生担当相、林芳正元農林水産相らと会食

で林芳正さんは、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E8%8A%B3%E6%AD%A3

2015年 - 農林水産大臣(第3次安倍内閣)。

平成27年6月30日の時点ではどうだったのか?

2015年2月23日 - 2015年10月7日となっていますので、この獣医学部を「日本再興戦略」改訂2015
に盛り込んだ時は農水大臣をやっていますね。

どうも加計は、新任大臣挨拶で重点的に農水大臣を攻めたようなところがあります。
その成果が昨年9月16日開催の関係省庁に対するヒアリングにあらわれています。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h28/shouchou/160916_gijiyoushi_2.pdf
なにしろ、

○八田座長 ありがとうございました。
それでは、農水省、どうぞ。
○磯貝課長 農水省のほうからは特に説明はございません。

なのです。実にやる気のない態度。まあ後の方で聞かれたことには答えていますが、どうも前任の林大臣の時に、基本、新規学部増設には反対しないという方針が固まってあったのではないか?まあ勝手な推測です。
獣医師会サイドからは、新任の山本有二大臣にも念押しはしていたはずでしょう。日本会議、神政連、創生「日本」とアベにはかなり近いのですが、派閥が違う。もしかしたら、獣医師会の懇願に根負けしないとも限らない。加計には、山本有二には念を入れてお願いしとけということになったのでしょう。

林も仲良さそうで、下関の市長選挙の因縁があるから、一席設けて手打ちがてら、口封じをしたと。
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/03150603/?all=1

なんでそこまでやったかといえば、みずほさんの質問主意書をもう一度。
http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-entry-3070.html

一 安倍首相は、学校法人加計学園の加計孝太郎理事長が今治市に獣医学部を作りたいと考えていることを二〇一六年十一月九日以前にって知っていたか。知っていたのであれば、いつから知いたのか。

答弁

一について
 獣医学部の新設については、平成十九年十一月の愛媛県今治市等からの構造改革特別区域法(平成十四年法律第百八十九号)第三条第三項に規定されている提案に係る説明資料において、学校法人加計学園がその候補となる者である旨記載されており、こうした提案を受けて、安倍内閣総理大臣を本部長とする構造改革特別区域推進本部において、平成二十五年十月十一日、平成二十六年五月十九日及び平成二十七年八月二十五日に構造改革特別区域の提案等に対する政府の対応方針を決定するとともに、平成二十七年六月三十日に「「日本再興戦略」改訂二○一五」を閣議決定したところである。

「知っていたか。知っていたのであれば、いつから知いたのか。」の回答にまったくなっていない。類似の質問を昨日、5月8日の衆議院予算委員会で、民進党宮崎議員からされてますが、まあ聞かれてもないことを並びたて、結局答えていない。

 構造改革特区の時代から15回も申請してたことを知ってるのだから、知らないはずがないのに答えられない。二〇一六年十一月九日以前と限定されると、総理が認定する意思を持っていたととられかねないから慎重なのでしょうが、いかにも官僚らしい姑息な逃げ道です。

京都と比較検討しながら、時間をかけていては30年度開設に間に合わない。さりとて同時に2校決めるのは、獣医師会の反対が大きい。全体の定員を調整しながらとなるとやっぱり時間がかかる。京都は外さざるを得ないのだけど、「引き続き検討」で落としていないように見せかけているだけ。
岡山理科大学の今治キャンパスに獣医学部の認可がおりれば、あとは野となれ山となれで、永久に検討中にされるだけです。
 京産大なら、軍事利用のない純然たるパンデミック対策を研究してくれることでしょう。
 商工会議所のバックアップは、コメントでしか紹介してなかったようなのでここで書いておきましょう。
http://www.sankei.com/west/news/160622/wst1606220092-n1.html
あの産経新聞ですが

要望書では、医薬品の開発から承認までの手続き期間の縮小や、開発コストが高い難病向け医薬品への支援拡大を要請。先端医療などで獣医学分野の研究需要が高まっているとして、京都産業大(京都市)への設置を念頭に、新たな獣医学部の開設も求めた。

 大商の担当者は「京阪神の商議所が一丸となり、実現に向けた働き掛けを強めたい」と表明。関係自治体にも協力を呼び掛ける。

 政府は京都、大阪、兵庫の3府県で構成する「関西圏」を、規制緩和を進める国家戦略特区に指定。関西財界は国際的な医療拠点の構築に向けた取り組みを進めている。

 冷静に考えたらオトモダチの所より、こういうスケールの大きい方を国家戦略特区として岩盤規制に大穴をあけたいところなんだけどなあ。
sho_fj.jpg
nice!(9)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog