So-net無料ブログ作成
加計学園問題 ブログトップ
前の10件 | -

「天網恢々、登記は疎にして漏らさず」Part2 [加計学園問題]

今回も@nobineko_talkinさん命名のキャッチコピーを使わせていただきました。

 よく調べると、古い借り入れも、土地1つだけに借り入れ当時に抵当権を入れていて、あとから、他の土地建物に追加設定されていたり、また、負債率の基準年を勘違いしていたりで、アマチュアぶりを露呈してしまって、せっかくの皆さんの貴重な情報を活かしきれていないのですが、まあ、なんとか3回目のブログ記事を書くことができました。

 nothigcatさんのその後の進捗状況ですが、時間がたってからの紹介で申し訳ないんですが、今月6日にブログに追加情報をアップしていただいています。

加計学園の財務の実体(3)
https://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/29384437.html

現在登記簿を精査しているのだが、現時点で掴んだ債務は120億円
 過去の償還状況をみると、最も古い借入は昭和45年の64,500千円を皮切りに、昭和の年代においては毎年1-1.5億円を事業団から借入れ、20年の償還期限どおりに返済され登記から抹消されている。
 そして平成に移行してからは、平成元年に229,000千円借り入れたのち、理大町の登記簿にはそれ以降、平成5年まで借入による抵当権設定は記載されていない。因みに平成2年に加計学園とは別(学校法人 順正学園)加計孝太郎の実の姉が理事長を務める吉備国際大学が創立している。御世話になっている番頭ワタナベさんによれば、この辺りから創始者孝太郎の父、勉の学校経営が狂いだしたとのこと。
 突如、平成7年から再度借入が復活し、これを契機に一気に借入額が増大する。

(加計学園の事業団からの借り入れ分を、すでに返済分も含めて、一覧表にまとめていただいています。)
https://docs.google.com/spreadsheets/d/13-Enw2XX7xKK6-Mpgbgseun2vu3uMEhIGDmef28SOno/edit?usp=sharing

つまりこの平成7年の借入れは旧債務の消し込み用の資金と考えられ、それ以降も同様の手法にて平成19年3月まで継続される。ところがその翌年の平成20年3月以降、様相が異なってくる。
 H20.3.14 ~ H21.3.13   521,000千円の返済
 H25.3.15 ~ H26.9.12   575,000千円の返済
(以上 一部引用させていただきました。)

 一覧表をみていただくとお分かりのように、平成19年3月20日から、平成27年3月19日までの間、不思議なことに事業団の借り入れがパタリと途絶えるのです。どこかに単発の抵当権がないか、nemさんと共にかなり入念に探して行ったつもりですが、この間の借り入れは見つけることができませんでした。その間、千葉科学大学では、校舎や実験室の新築、図書館の増改築など資金を要するイベントは取り行われているにもかかわらずです。
 追記の部分に、空白の5年間の返済をどうしていったか、ひとつの仮説を立てるのに使った広島加計学園の不動産の登記情報をアップしておきます。10億円のもみじ銀行の根抵当権があるのは、去年あたりから、ネットでは話題になっておりました。
 10億まるまる借りたなら、次のように債務超過になってもしかたないか、これはひとえに理事長である長男役氏の経営手腕の問題とうけとめることもできるのですが、どうもそれだけではないようです。
広島加計.png
 25年度末から超過額がどんどん増えていくのですが、普通ならどこかの時点で銀行が引き上げてもおかしくない状態なのですが、そうはならない。それは銀行が困っていない。どこかが肩代わりしている、いや、むしろ広島の分を又借りしているところがある。そう、岡山の加計学園本体ですねえ。
 後は追記のところで説明します。

 今回もnemさんが発掘した貴重な情報です。安倍昭恵首相夫人が名誉園長を務めたことで有名な御影インターナショナルこども園のある土地建物の登記は、まさに天網恢々と言えるものでした。
https://twitter.com/yo_nem/status/991665292530012164

御影の大道学園の敷地と校舎が加計グループの英数学館に寄付され、敷地内に加計学園本体が保育所を建設していたこと。大道学園はアッキーが名誉園長だった「御影インターナショナルこども園」に変貌していた。

これが、神戸市灘区の一等地お話です。

仰る通り、富裕層が多い地区ですが、換地処分後の地価上昇で固定資産税・都市計画税が急激に上がり当時紛糾していました。
大道と加計を引き合わせたのは文教族議員かもしれませんね。
しかし、あの土地を寄付とは。

御影2.jpg
御影4.jpg
御影3.jpg
御影1.jpg

 寄付の日付けが非常に重要です。平成19年7月17日第一次安倍内閣しかも参議院議員選挙で大敗する時期なのです。御本人それどころではない時期でしょうが、だれが暗躍したのでしょうか?保育園自体は、第二次安倍内閣になってからの平成26年3月20日の新築年月日です。おそらく平成25年度に入っての建築開始でしょうが、大道学園からただでもらった土地をさらに有効活用するために御影インターナショナルこども園を創ったと。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E5%BD%B1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%E5%9C%92
2015年(平成27年)9月、内閣総理大臣夫人安倍昭恵が名誉園長に就任した
なんかぷんぷんにおいますねえ。

次のブログ記事は、御近所にお住まいの方が書かれたもので、かなりリアルに描かれています。

学校法人 加計学園 「御影インターナショナルこども園」の場所にはその昔 予備校の「大道学園」があった。
https://blog.goo.ne.jp/achikochitei/e/e7046281336bfe15df59c9a0f9b2832c

あなたの在任中はこんなのが多すぎですね。正す冠もそろそろなくなりますよ。どうすんだ。
sho_fj.jpg

広島加計学園の10億円の根抵当権の謎


nice!(4)  コメント(12) 
共通テーマ:blog

どこをどう見ても京産大の方が熟度が高い!! [加計学園問題]

ちょっと諸事情で、新記事が出せそうにないのですが、山口太郎さんからコメントで貴重な情報をいただいたので、コピペさせていただきました。


柳瀬さんは予想通り、安倍さんプロテクトは死守。3回も会っていたのか。4月2日の3日後の加計理事長と安倍さん参加する宴会の前にも安倍さんに報告していないか。昨年の閉会中審査の時に言っていたら加計かくし解散、認可どころでは無かったでしょうね。

八田座長は当時、阪大時代の同僚に加計とKSUのライフサイエンス分野のレベル差も確認していただろうし、御用学者とは言え、本当は京都の方が国益にかなうと考えていたとは思います。新設2校分も教員いないことは知らなかったかもしれないですが。ネット上は京都は準備がとか垂れ流していますが、同時に教員集めしたら京都が圧倒的に有利。

大阪市大の朴先生は、来年4月に法人統合する関西唯一の獣医師養成課程持ち、獣医学分野でKSUと包括協定締結している大阪府大の情報網や同志社OB大学教員の情報網(KSUの理事長は同志社OB、つまりKSUには同志社OBもそこそこいる)を持っているので、小耳に挟んだ程度はあるかも知れません。(例えば、京都府が告示を見て、KSUに京都に拘ら無くて良いと伝えて、KSUもあらゆる可能性を検討したかも知れません。)
まあ、KSUは京都府イノベーションベルト構想ですから、京都府から出る気はまず無い。京都大学の再生医科学研究所の先生がライフサイエンス学部を立ち上げたこと(KSUは大学院の博士課程無償にしているんです。)もありますし、逆に獣医学部構想の中心人物である大槻先生や松本先生が10年以上の新設活動で高齢化(そのため、北大の後輩を初代学部長に招聘予定だった。)で、京都府以外はありえなかったかとは思います。

そもそも、機運を盛り上げるために山中先生や山極総長も講演と対談をKSUでしていたわけですし。
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/seminar/100510-163613.html
2016年度まで益川先生はKSU理事。
https://www.kyoto-conso.jp/medical/purpose/purpose_008.html

KSUは京都産学公連携フォーラムを形成する8大学である京都工芸繊維大、KSU、京都大学、京都府立医大、京都府立大、同志社、立命館、龍谷の1校であり、かつ、関西総合8私大の一角(次点グループの産近甲龍ですが。)。
タンパク質動態研究所に自信もあったでしょう。

裏口認可に付き合えるかと言うところですわな。山田前知事がKSUが学長補佐になった意味は未だ分かりません。地方公務員志望者への教育のためにオファーし、全国知事会会長を単なる教授では申し訳ないので学長補佐のポストを用意しただけかも知れませんが。KSUが運営主体かは別として、京都に獣医師養成課程を将来、作る可能性は充分にあると考えています。前川さんが原さんに2校目以降を作ってください(=加計に特権付与された状態を早く解消してください)と話されたと聞きます。岩盤規制突破派と前川さん同様の考えを持つ文部官僚とそこは一致しますので。告示そのものの対象から獣医学部外せば良いかと。実際、西日本の有力私大で獣医学部作る気あるのはKSUくらいで、東京農大、帝京は東日本なので無理はしないでしょう。近大が和歌山あたりにという可能性ありますが、既に医学部ありますから、あまり新設するメリットが無い。

以上

山口さんの追加コメントです。

KSUの獣医学部構想の中心人物は鳥インフルエンザ研究の世界的権威である大槻先生(次々と京都に不利な条件が付された、国はフェアでは無い。朝日新聞、テレビ朝日に発言)、松本先生(糖尿病ラット研究の第一人者)はNHKに「後出しジャンケンで排除された」と発言。二人とも、不満発言。現職は総合大学として大学をまもなければならない立場。負けは負けと騒動に縁切り。まずはタンパク質動態研究所でブランディングを図ることに方針転換した。アルツハイマー等の神経性変異で大きな成果を生み出さす可能性を永田先生は確信しています。ピーターウォルターやモリモト、大隅を外部評価を、しており凄い陣容?しかし、年齢的に、あと5年。10年後めどに獣医師養成課程は、設置すると思います。北大にとっても。指定国立大学の京大と、コラボできるのは悪くない話。私立の獣医学部は大反対ですから。北大説得が不可欠かと、思います

以上

Jun(@jun21101016)さん(https://twitter.com/jun21101016)が加計学園と京産大の財務比較をしていただいてますので、この機会に紹介します。非常に秀逸です。

加計学園・京都産業大学 H28年度 財務比較
https://note.mu/jun21101016/n/nc5f245aa0618
picture_pc_5bae8664e0f359c8a197fc00d43ac0f7.jpg

さてこの人14日にどんな隠し玉をもってくるのでしょうか?中村愛媛県知事の反撃にあってますよ。
どうすんの、どうすんの!!
DLbuS77UQAAxSpW.jpg
nice!(4)  コメント(31) 
共通テーマ:blog

「天網恢々、登記は疎にして漏らさず」(作成者: @nobineko_talkin) [加計学園問題]

最初にお断りをしなければなりません。前回記事のうち

「もしかりに3月15日に出てきた過去の債務が隠し債務であったとしたら、計算をやり直す必要があります。前述したように、3月15日付けの抵当権の全部がこれに該当するわけではないので、丹念に調べて、初めて世に出た数字を合計すると17億4,900万円になります。これを負債に加えて計算し直すとなんと0.25583438%えらい細かい。負債率25パーセントを超えますので、認可が取消になる可能性もあります。」

の部分は、その後の登記情報の調査により、不正確な記述であったことをお詫びいたします。17億4,900万円の部分は平成27年4月15日の第一次担保漏れ整理月間の時に一度登記はされており、それを債権額の大きいものと順位を入れ替えるため、今年の3月15日に一度抹消してその日のうちに追加で設定するという実にややこしい技を使っておりましたので、債権の存在は一度は公示されていました。したがって隠していたことにはならないことをここで申し上げておきます。

ただ、nothigcatさんの専門的な財務分析は、そのことと関係なくすでに加計学園は債務超過状態であるという問題を、様々な観点から考察していただいており、認可が取り消しになる可能性があることに変わりはありません。というどころか、あきらかな粉飾決算であり、監事、監査法人の責任が追及される不正経理事件に発展することは確実であると述べています。詳しくはnothigcatさんのブログをじっくりお読みください。

加計学園の財政の実体(2)
https://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/29371284.html

H28.3.31
総資産 872億 - 1号基本金762億 -負債210億 = 純資産 ▲100億円(債務超過)

H27.3.31
総資産 832億 - 1号基本金758億 -負債175億 = 純資産 ▲101億円(債務超過)

これに2号基金を含めると、
H28.3.31 → ▲125億円
H27.3.31 → ▲129億円

 つまりこれが実態上の純資産、即ち過度の債務超過状況に陥っている。一般企業であれば当然破産、倒産状態である。

以上の部分極めて重要です。

 後になりましたが、今回のタイトルはのびねこさんのこちらからお借りしました。格調高い言葉ありがとうございます。
https://twitter.com/i/moments/990058458929020928
意味はこちら
https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A9%E7%B6%B2%E6%81%A2%E6%81%A2%E7%96%8E%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E6%BC%8F%E3%82%89%E3%81%95%E3%81%9A-579005

天網は目があらいようだが、悪人を漏らさず捕らえる。天道は厳正で悪事をはたらいた者には必ずその報いがある。

うー 身に余るお言葉だ。頑張らねば。

 それともう一点重要なことは、昨年秋の臨時国会では文部科学省の大学設置審の専門委員会の決定、とりわけ座長の訴訟リスク発言と、BSL3実験室の厚生労働省への説明問題 霞が関文学では、「ホームページで加計が確認をした。予め厚生労働省には作ると告げていた」これが積極的、能動的に説明に行ったことと同義語になるという珍事件がクローズアップされました。しかし、もう一方の、学校法人分科会の審議に不審な点が多々見られます。

まず委員の構成が次のようになっています。

学校法人分科会 委員名簿 平成28年4月1日~平成30年3月31日
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/daigaku/meibo/1374114.htm
学校法人分科会.png

次は議論の経緯と言うより、結果のみの部分です。

平成30年度開設予定の大学等の設置に係る学校法人の寄附行為(変更)の認可に関する審査意見
http://www.dsecchi.mext.go.jp/1710nsecchi/1711shigakuiken.pdf

 加計学園の獣医学部新設に関しての問題点は次の通りで、財源の確保と借入金の償還の問題、まさに今回の抵当権設定登記問題で顕著になった事業団の連続的な借入の問題が指摘されています。ただ分科会メンバーもとおり一遍のことしかしてないでしょうね。
 それと定員充足問題を指摘されていたのもかかわらず、平成30年度入学者は、軒並み定員割れとなって、ついに本丸岡山理科大学も獣医学部以外は定員割れをおこしています。千葉科学、倉敷は言うに及びません。
定款認可.png

さて、審査書類の中であきらかに他と違うことをやっているのですが、

学校法人加計学園寄附行為
21ページの6月1日の時点の再評価なのです。
http://www.dsecchi.mext.go.jp/1710nsecchi/06kake.pdf
加計再評価.png
 同時期に申請して認可になった大学のも見てみましたが、どこも3月31日の時点しか記載してません。加計学園だけなんです。これは、6月にすれば在学生の前期授業料が入りますから一次的には増えるでしょうが、80億円の違いは不自然ですし、なんで3月31日の時点ではいけなかったのか?
 ここは国会でも追求していただきたい重大な点です。

 以下、前回の記事のコメントに経験者であるとおりすがりさんから貴重な御意見をいただいてますので、そのままコピペさせていただきます。
------------------------------------------------------------------------------------
http://www.city.imabari.ehime.jp/kikaku/kokkasenryaku_tokku/houkokusho_05.pdf
↑の6ページ目に、「今回の獣医学部建設に関しては、民間金融機関より合計60億円借入を予定しています。」とあるのですが、「学校法人の寄附行為及び寄附行為の変更の認可に関する審査基準」(参考参照)では、負債率の計算には「設置経費等に借入金を充てる場合にあっては、当該借入金を含」めることになっています。
この報告書の書きぶりをみると、申請時点では、まだ60億円の借入は行っていないと思われるので、負債率の計算にあたっては決算書に記載の負債額に60億円を追加する必要があると思います。

引用いただいているグラフでは、負債率の計算で控除される前受金の記載が無いので、28年度決算になってしまうのですが、当方がざっと計算すると、
借入なしの場合:(負債の部合計 20,282,372,506円 - 前受金 2,242,468,350円) ÷ 資産の部合計 90,104,577,674円 = 20.02%
借入ありの場合:(負債の部合計 20,282,372,506円 - 前受金 2,242,468,350円 + 借入金 6,000,000,000円) ÷ 資産の部合計 90,104,577,674円 = 26.68%
となります。文科省に提出された申請書はどうなっているのでしょうね。
↑のデータのソースは http://www.kake.ac.jp/up_load_files/project/12_all.pdf のP.12です

なお、引用されている文科省の説明資料は平成24年3月のものですが、参考までに、最新の資料のリンクも掲載しておきます。(中身はほとんど変わらないですが。)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ninka/__icsFiles/afieldfile/2018/02/27/1398883_41.pdf

(参考)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ninka/07042007.htm
学校法人の寄附行為及び寄附行為の変更の認可に関する審査基準
第二文部科学大臣の所轄に属する学校法人が大学等を設置する場合に係る寄附行為の変更を認可する場合
文部科学大臣の所轄に属する学校法人が大学等を設置する場合に係る寄附行為の変更の認可については,次の基準によって審査する。
(四) 既設の学校等のためにした借入金その他の負債は,その償還が適正に行われ,かつ,適正な償還計画が策定されていることとし,次のとおり取り扱うこと。
ア 学校法人の資産状況について,開設年度の前々年度の末日における負債率(総資産額に対する前受金を除く総負債額(設置経費等に借入金を充てる場合にあっては,当該借入金を含む。)の割合をいう。)(以下単に「負債率」という。)が〇・二五以下であり,かつ(以下略)
------------------------------------------------------------------------------------
もう一回、設置審は審査をやりなおすべきですねえ。

 さてもう一つ昨日入ったばかりのほかほかの情報、nemさんが発掘していただいた登記のそれこそ「天網恢々 疎にして漏らさず」を象徴する貴重な情報が出てきました。
岡山市北区半田町907-10不動産登記(土地全部事項)2018050200383070.png
nemさんのツイッターからいただきます。
nemさん.png
https://twitter.com/yo_nem/status/991522218642296833
抵当権者は大本組!、被担保債権は売買代金の残代金、半田町907-10の土地ほか10筆共同担保になっている。
事業団は、事業団以外の抵当権者が先順位に設定されている場合は、事業団が1順位となるよう順位変更する必要があったのでは。

なんと2億円を超えます。なぜ今までこれを支払ってなかったのか?支払えなかったのか?マスコミは是非この件を追って下さい。

もうねえ、加計学園にまつわるすべてのことが”首相案件”だからね。
sho_fj.jpg

続きを読む


nice!(4)  コメント(7) 
共通テーマ:blog

登記情報が物語る加計学園の”異常な”借金、”異常な”担保ー3月15日に慌ててつけた38個の抵当権 [加計学園問題]

 今月9日の月曜日、番頭ワタナベ氏(@yoswata)から某三菱UFJ銀行から加計学園への融資があり、今治の獣医学部の校舎ではなく岡山のキャンパスに担保が入るかもしれないとの情報があり、さっそく以前一度登記情報(いわゆる登記簿と同内容の記録)をとっていた岡山市理大町957番26の土地をチェックしたところ、なんと「登記中」のサインがでました。これは、番頭氏の勘が的中し、銀行の抵当権の登記申請が出たものと思い、以後、一日数回、念のため他の土地もチェックしましたが、待てど暮らせど登記が終わらない。
登記中.png
(”エラー”となっているのが登記中であることを示しています。)
 ツイッターであれこれ、あーでもない、こーでもない皆さんと思案しながら待つこと2週間、23日の月曜日ついに動きがありました。エラーが出ない。しかし、なんと日付けが4月9日以降の受付をしめす抵当権などの登記は何も入っていませんでした。
 これは何かの事情で取下げになったとしか考えられません。しかし9日の月曜日といえばNHKの報道が最初にあり、翌日から朝日、東京の朝刊でも「首相案件」文書の報道、俄然、加計学園問題が再燃する口火を切った日です。法務局の方も身構えたはずで、2週間の間にどういう攻防があったのか?結果的に後からわかった範囲で、抵当権の数も膨大にあり、もし仮に銀行の抵当権を新たにつけるとすれば、日本私立学校振興・共済事業団の抵当権を先に消して、その後連続で銀行の抵当権などを入れる、それも不動産の個数も少なくとも5,60個にはなる、時間がかかったのも仕方ないという気はしました。
 それが何も変化がなかったということは、加計学園、私学振興事業団、銀行の側が取下げをしたとしか考えられません。肝心な部分はわからないままでしたが、私が2月に見た時とは明らかに違う大きな変化がありました。
 8ページに及びますので、追記のところに画像で紹介しますが、ビジュアルなイメージをじじい通信さん(@KakioKueba)が作っていただきましたので、ちょっとお借りします。
じじい通信さん.png
こういう感じで、今年の3月15日にまとめて抵当権をつけているのです。注目すべきは、”原因”の金銭消費貸借の日付けです。平成10年9月24日をはじめとして19年3月20日まで、実に38個にも及ぶ抵当権がまとめて入っておりました。
 債権額を合計すると、57億6100万円にもなります。最近借りたなら話はわかりますが、いずれも過去のもの、15年を越えていれば、既に返済済みになっていないとおかしいものが、金額にして4億円以上にもなるのです。銀行だったら金融庁からこっぴどく指導が入り幹部の首がとぶかもしれません。
 ただし、他の土地を見てみると、担保の状態が違うものもあります。次の津島東三丁目2645番136の土地の登記は、なぜか平成13年5月22日以前のものは入ってなくて、平成13年10月23日から平成18年3月16日までの債権についての抵当権が、いずれも平成27年4月7日を設定日とし、その月の15日に申請されていたのです。数にして16個、これは同じ内容のものが、日付けは異なりますが、理大町957番26の土地にも入っています。
北区津島東三丁目2645番136.png
 ということは、平成27年4月が第一次担保漏れ整理月間で、今年の3月が第二次になるのか。そんな甘いものじゃないのです。日本私立学校振興・共済事業団は、その名前のとおり根拠法がある文部科学省所管の特殊法人なのですから、借りたらすぐ担保に入れて登記をするのが当たり前の役所なのです。なぜ加計学園に、このようなルーズな取り扱いが許されたのか?次に考えてみたいと思います。

 まず最初に、大学とは、こんなに頻繁に事業団からお金をひっぱり出せるものか?ということで、同じ国家戦略特区で医学部を作ったあの成田の大学の建物の登記を見ましたが、みごとにまっさらでした。
成田.png
 ここも巨額の補助金で裁判になるくらいでしたが、教授らにマスコミ関係者が多かったこともあり、それほど追求されていません。まあ財政的に健全だから野党の追及も甘いのでしょう。

 とにかく加計学園に対する融資の金額、回数ともに異常といっていいでしょう。それこそ多重債務者状態、返すためにまた借りる、そうかと思えば千葉科学と今治のキャンパスは無担保、一見健全であることを装うためにそんなことをしてるのか?以前にも書いたようにグループの学校法人に、広島加計学園、英数学館がありますが、いずれも赤字を垂れ流しています。本来なら連結決算をすべきですが、学校法人にはそこまで要求されていないのでこれもやらない。それに政治資金プール会社のSID創研もあります。政界工作も実に上手です。
 それが昨年の国会から獣医学部新設に関して一大ニュースになり、いろいろと過去も暴かれてきました。今回は、まだマスコミも気が付いていない情報ですが、登記簿(今は登記情報)という意外なものが、加計学園の異常な資金繰りを証明してくれたわけです。

 いろいろ書きたいけど、長くなりますので重要な部分だけ述べます。これは獣医学部の認可に直結する問題ですので書かないわけにいきません。次の文書の3ページに学部設置の要件が出てきます。

学校法人の寄附行為(変更)認可申請 学校法人の寄附行為(変更)認可申請にあたっての留意点等
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ninka/__icsFiles/afieldfile/2012/02/22/1315111_2_1.pdf
負債率.png
負債率の方の

◇開設年度の前々年度末の負債率が25%以下であることが必要

以前から、この数字には注目してました。
負債比率.png
これが27年度末の加計学園の財務状態です。以前はネットで見れたのですが、ちょうど今リニューアル中でリンクを貼れません。なにかあるといかんので以前、3年分はダウンロードしましたので、改ざんしても無駄ですよ。
 この28年3月31日が開設年度の前々年度末にあたります。けっこうこの時点できわどいのです。24.1%です。もしかりに3月15日に出てきた過去の債務が隠し債務であったとしたら、計算をやり直す必要があります。前述したように、3月15日付けの抵当権の全部がこれに該当するわけではないので、丹念に調べて、初めて世に出た数字を合計すると17億4,900万円になります。これを負債に加えて計算し直すとなんと0.25583438%えらい細かい。負債率25パーセントを超えますので、認可が取消になる可能性もあります。素人がいろいろ言っても信用していただけないでしょうが、すでにプロのnothigcatさんが、ち密な分析をして下さっていますので、いずれ不正が白日の下にさらされることでしょう。

 連日 新しい情報がツイッターで提供され、整理された形でのブログ記事は難しくなっているのですが、まずは、今回の異常貸付そして異常担保の問題を世に訴えるため、見切り発車ではあるのですが、記事としてアップさせていただきました。

otto.嶋さん(@luki_luki) にモーメントで、議論の経過をまとめていただいています。随時、最新情報はこちらで提供できると思います。 
https://twitter.com/luki_luki/status/989040659133804545

nothigcatさん(@nothigcat) からは、専門的にアドバイスをいただいていますが、強烈なツイートを
nothigcat.png



じじい通信さんからは、今回の件は国政調査権の対象になるということ。
国勢調査.png

nem(@yo_nem)さんからは金融情報から冷静な分析をしていただいてます。
nem.png

そして番頭ワタナベさん(@yoswata)は、例によって刺激的なのを連発いただいてます。
ワタナベ.png

ほとのさんからは、お守りということで貴重な情報をいただいています。
https://twitter.com/hotono_k/status/989172708213538816
ほとの.png
 加計学園にとってやはり打撃となるのは、補助金、助成金のストップでしょう。国の最高権力者の友人と言うだけで、国家戦略特区で獣医学部を無理やり開学し、理事長本人は、いっさいマスコミの前で会見を開くことなく逃げ回っております。大学の経営責任者として一切責任を果たしていません。今回のことは私学振興事業団という相手もあります。両方の理事長に国会に出てきてもらいましょう。

”国難”の部分を”膿だ”に変えたいのだが、テクニックがないのであきらめました。
DLbuS77UQAAxSpW.jpg

理大町957番26の登記情報です。


nice!(4)  コメント(16) 
共通テーマ:blog

加計学園問題ー獣医師会理事会議事録が示す”今治特区第三次指定こそ「首相案件」” [加計学園問題]

 朝日新聞のスクープがあり、平成27年4月2日柳瀬首相秘書官(当時)の愛媛県、今治市、加計関係者との面談記録が大きくクローズアップされ、当面の関心は柳瀬氏が、今治の獣医学部新設が「首相案件」であったことを認めるかどうかに絞られています。

 以前から書こうと思っていました、同じ年の12月10日の特区WGとのヒアリングの時期についても、今治の特区の一連の動きが、まさに「首相案件」であったことを裏付けていますので、今回はこの点を取り上げようと思います。

まずアルルの男・ヒロシさんのツイッターで紹介された新聞記事です。
https://pbs.twimg.com/media/Da8k1SbUQAA61uf.jpg

どこの新聞社の記事かわからないのですが、表に非常に貴重な情報がありますので、ちょっとお借りします。
しまなみ海道.png

 右側の”同県、市が「しまなみ海道」「今治新都市」を中核とした「国際観光・スポーツ拠点」の形成など幅広い追加提案”の部分 まさに12月15日の国家戦略特区諮問会議で決定される第3次指定を勝ち得た提案になるわけですが、4月2日の官邸でのアドバイスが効果的であったことを示しています。じっさいはこの提案自体、内閣府なりのアドバイス、いや代筆とも見れる部分もあるのですが、これは次回に回します。

 さて、あまり国会では取り上げられてこなかった今治市と広島県の奇妙な組み合わせによる特区ですが、これは昨年国会での「加計デビュー」だったといわれる当時民進党の衆議院議員福島伸享さんの質問に出てきます。ほんとに惜しい人を落選させてしまいました。

Eigen kinoさんのツイッターからお借りします。

https://twitter.com/eigenkino/status/971311412256628738

2017年3月8日の衆議院文部科学委員会での福島伸享議員(当時)と藤原豊内閣府地方創生推進事務局審議官(当時)のやりとり。広島県と今治市という組み合わせでの特区指定は、「ある民間委員」のアイデアだったと。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/193/0096/19303080096003a.html

以下、議事録から引用します。

これはほかにもいろいろな不自然があるんですよ。例えば、特区は、初めは、愛媛県今治市が国際観光・スポーツ拠点の形成というので提案していたんですね。一方、広島は、グローバル連携・ビッグデータバンク創造活用特区といって、別の特区だったんです。これが、特区にならないと学校はつくれないわけですから、いつの間にか広島と今治、確かに橋でつながっていますよ、でも、やろうとしている内容は全く別物なのに一つの特区としてくっつけた。
 これは、地元の要望によるものなんですか、国がやったんですか、どちらでしょうか、藤原さん。
○藤原(豊)政府参考人 お答えを申し上げます。
 最初の点でございますけれども、なぜ一校に限定したのかという点でございます。(福島委員「それは聞いていない」と呼ぶ)よろしいですか。
 今治市と広島県を一体的にということでございます。これは……(福島委員「国がやったのか、地方からか」と呼ぶ)両方から提案がございました。その際に、平成二十七年十二月、このときに特区の第三次指定を決定しておりますけれども、この年の春から秋にかけて、これは多くの地域から御要望がございました。四十三の自治体から指定を要望されたわけでございますが、その際、民間有識者による評価を踏まえまして、諮問会議におきまして最終的に総合的な判断をいたしました。
 その際、特区の基本方針の指定基準等々がございますが、特に、ある民間委員から、当時、これは北九州と……(福島委員「竹中平蔵さんですか」と呼ぶ)これは別の方でございます。北九州市とそれから福岡市を一体的に指定することを参考に、広島、今治も、そういう意味では、中国と四国で地域は違いますけれども、橋を渡って一つということもあり、同じような考え方が適用できないかという御提案もございました。大変地理的に近いことを含めて、それから、外国人材の活用、民間主導の道の駅の設置、官と民の人材流動化センターの設置、ドローンによる橋梁点検等、共通の項目が多くございましたゆえに、この両地域を一体的に指定させていただいた次第でございます。

その後調べたところ

坂根 正弘  株式会社小松製作所相談役

この方が広島生まれであったことと、諮問会議での発言から発案者であったと思われます。竹中さんもけっこうプッシュしているのですが、総理との関係の深さから、藤原さんは意図的に違う人に持っていったのでしょう。

 不思議なのは広島県側ですが、年が明けてからの県議会での記録に出てきます。

2016年01月21日:平成28年地方創生・行財政対策特別委員会
http://www.pref.hiroshima.dbsr.jp/index.php/8039613?Template=doc-one-frame&VoiceType=OneHit&VoiceID=69868

◯答弁(経営企画チーム政策監(経営改革担当)) 国家戦略特区につきましては、都道府県に限らず、市町村も提案できるようになっておりまして、今回は広島県と今治市がそれぞれ提案していたところ、内閣府のほうで中身に共通点があるということで、共同で指定されたものでございます。例えば、今回の指定では、広島県と今治市のほかに福岡県北九州市と、それから千葉県千葉市が指定されているのですけれども、北九州市におきましては、現在既に指定されている福岡県福岡市と同じ区域に組み込まれていますし、千葉市におきましても、既に東京圏ということで東京都、神奈川県、それから千葉県成田市が指定されていますが、その中に組み込まれておりまして、特に県と市という区別はなく、提案した自治体を組み合わせたということでございます。

まあさらっと答えているのですが、疑問を持った県議さんも多かったことでしょう。

さて、これもEigen kinoさんから教えていただいたものですが、日本獣医師会理事会議事録があります。
http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06902/a2.pdf
平成 27 年 12 月 11 日(金) 14:00~ 17:00 27年度第5回の理事会です。
6ページの
2 日本獣医師政治連盟の活動報告 の部分ですが

北村政治連盟委員長から,11 月 27 日に成長戦略特区の第三次追加地区指定について閣議決定され,非常に危機的な状況が生じている.
以後 1 週間,さまざまな関係省庁に問い合わせたところ,次回の諮問会議が,来週 15 日に開催され,愛媛県今治市における獣医学科の新設を含む特区の追加指定の文書が出されるという情報を得た.
(略)
本件は,担当大臣をはじめ,各省の大臣ですら,諮問会議の内容が伝わっていないようであり,総理から直接,事務方へ指示が出され,同会議の資料が作成されるものと臆測している.この後,藏内会長,境専務理事とともに,獣医師問題議員連盟の会長である麻生会長に面会する予定であるが,麻生大臣ですら状況が説明されていないものと思われる.

これぞこの加計学園が事業者になる予定の今治の特区指定がまさに「首相案件」であったことの証左です。副総理がほとんど聞いていなかったということですから驚くべきことです。
北村委員長久しぶりに表舞台に出てきて証言してもらいたいものです。

同じページの右側に京産大に関する部分があります。

また,近畿地区の大学においては,農林水産省,文部科学省あてに獣医学部の新設の要請文書を 1 府 4 県の知事の連名で提出しており,大学には設置基準があるが,官邸が設置を認めれば,文部科学省は認めざるを得ないのではないか

 これは大阪は府立大学に獣医学部がありますので外れておりますが、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の知事が獣医学部新設を要請したものです。時期から見て、国家戦略特区として近々提案するための準備だと見ることができます。

 4月2日の前後にも京産大がアクションを起こしていたというのはこちらに書きました。

京産大の動きをことごとく潰していくことで、加計の獣医学部は認可を勝ち取った。
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2017-11-26

さあいつまでも国会答弁でもごもご言ってないで、”首相案件で何が悪い、最初から加計学園だと知ってたよ”と言ってしまえば楽になるよ。
sho_fj.jpg
nice!(6)  コメント(20) 
共通テーマ:blog

加計学園問題ーさあ朝日・東京連合はりきって追及してくれるかな [加計学園問題]

 さて昨日のNHK報道以後、朝日、東京両新聞の1面に「総理案件」で加計大スクープ記事が出ました。
 森友改ざん、自衛隊日報等に遅れをとっていた感はありますが、本命加計学園問題は総理への直結問題ですから、やはりこれが注目されないと、内閣総辞職まで追い込むのは力不足です。

官房長官早くも”怪文書”扱いにしたがっていますが、そうはいかない。
愛媛県.png
(朝日新聞より)

現時点でこの文書の出所は明言されていませんが、今度はそうとう用意周到にやっているでしょう。
内閣府の大量隠ぺい改ざん事件に発展することでしょう。

今回はひょっとしてリーク先は農水か!? まあこの予言は外れるでしょう。

さあ内閣総辞職のカウントダウンが始まりますよ!!
DLbuS77UQAAxSpW.jpg
nice!(4)  コメント(26) 
共通テーマ:blog

加計学園問題ー怪しい監査法人イースト・サンを追う(4) [加計学園問題]

 さて監査法人イースト・サンの続きを書こうとしていたら、森友文書改ざん問題が起き、加計の今治文書でも改ざん疑惑が出てきまして、ブログの方がおろそかになっておりました。

 年度末 今治のキャンパスでも建物の登記が済んでおりまして、このあと気になる担保の登記がいつ入ってくるのかが焦点となっています。

nemさんのツイートをお借りします。
https://twitter.com/yo_nem/status/973503469804953600

 前回のイースト・サンの記事では公認会計士の岡氏が税理士事務所として別の所に届出をしていたことが発覚しましたが、その後の調査で、ストリートビューでは中古住宅はあるものの、建物は登記がなく土地は昨年2月に購入してることがわかりました。無担保ですので、キャッシュですかね。まあ詮索しませんが、監査報酬で大きなものがあったのか?

https://www.zeiri4.com/p_okayama/a_33100/g_33101/nf_10677/
岡山市北区 津高416番地21

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92701-1152+%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E5%B8%82%E5%8C%97%E5%8C%BA%E6%B4%A5%E9%AB%98%EF%BC%94%EF%BC%91%EF%BC%96%E2%88%92%EF%BC%92%EF%BC%91/@34.7016108,133.9102302,3a,75y,234.26h,90t/data=!3m7!1e1!3m5!1s3tGD6GH39RCPqcBYVqHkDw!2e0!6s%2F%2Fgeo1.ggpht.com%2Fcbk%3Fpanoid%3D3tGD6GH39RCPqcBYVqHkDw%26output%3Dthumbnail%26cb_client%3Dsearch.TACTILE.gps%26thumb%3D2%26w%3D86%26h%3D86%26yaw%3D234.25777%26pitch%3D0%26thumbfov%3D100!7i13312!8i6656!4m5!3m4!1s0x3554067f4cf744cd:0xf99a1a36389add4a!8m2!3d34.7015786!4d133.910154

この建物はすでに取り壊しているのかもしれません。

 さてイースト・サンの監査実態ですが、こういうところでみても天満屋ストアーしか出てこなかったのですが、
https://irbank.net/auditors/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E7%9B%A3%E6%9F%BB%E6%B3%95%E4%BA%BA

独自集計!「監査法人の売上高」ランキング なるサイトでは
http://toyokeizai.net/articles/-/169545?page=5
101(104) イースト・サン 74 74 0

 単位が100万円ですので、7400万円 結構な金額になりますね。とすると加計学園の監査報酬が5千万近くあるのか?と思ってしまいましたが、あれこれ探してみると

岡山空港ターミナル株式会社
http://www.okayama-airport.co.jp/pdf/31_ir.pdf

ここは法人としてたしかに監査をしております。他にも

社会福祉法人高倉ひかり保育園
http://www.kosodate-web.com/takakurahikari/files/ph359401004.pdf?1478812223

14.ガバナンスの強化・財務規律の確立に向けた取組状況のところに法人名が出てきます。

もうひとつ出てきた。

社会福祉法⼈鶯園
http://www.uguisuen.jp/%E6%B2%BF%E9%9D%A9%EF%BC%8F%E6%B1%BA%E7%AE%97%E5%A0%B1%E5%91%8A/?action=cabinet_action_main_download&block_id=21&room_id=1&cabinet_id=1&file_id=70&upload_id=871

ここは監査報酬も記載されています。400,000円ですね。

 しかし、会計規模からみてここの関与先として、加計学園はやはりトップでしょう。なのに監査法人が監査にあたっていることを公表しておりません。
 立命館などは、このように監査報告書にトーマツの名前が出てくるのですけどね。
http://www.ritsumeikan-trust.jp/file.jsp?id=342293

また監事は、有限責任監査法人トーマツから会計監査の報告および説明を受け、業務監査室から内部監査の結果の報告を受け、かつ、計算書類等について検討いたしました。

 平成29年度は獣医学部でかなり大きなお金が動いています。世間からも注目されています。繰り返しますが、次の倫理規定を遵守され、学園に対して、厳しい態度で監査にあたっていただきたいと思います。

倫 理 規 則
http://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/about/reliability/ethics/files/ethics_rule_20140709.pdf

いらん世話だとおこられるかもしれませんが、過去、次のような不自然なお金の動きがあっております。

岡山理科大学A1号館の怪?
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2018-01-28

もはや総理の友達だからと言って、握りつぶせる力は残ってないみたいですよ。
DLbuS77UQAAxSpW.jpg
nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

加計学園問題ー怪しい監査法人イースト・サンを追う(3) [加計学園問題]

ちょっと目の具合が悪く続きの記事が書ける状態ではないのですが、今月3日のアベ政治の日は特別の意味がありますので、手短ですがなんとか書いてみます。2月20日「アベ政治を許さない」を揮毫された金子兜太氏が永眠されました。98歳でした。謹んでお悔やみ申し上げます。
こちらに詳細があります。
https://www.j-cast.com/2018/02/21321713.html?p=all

さて、イースト・サンの部分を少しだけ。岡山ウォ-ボーイさんが突撃取材を敢行して下さったのでのその成果を使わせていただきます。
最初の記事に名前の出てきた岡 友和氏ですが
https://pro.ekiten.jp/pro_184351/
これによると公認会計士の事務所は次のマンションの3階です。
DWcajA6U8AAE6LD.jpg

ウォ-ボーイさんの取材によりますと、セキュリティ付につき3階の部屋まで行けませんでしたが、郵便受けには事務所の表気はありませんでした。
303号.png
ほんとに事務所として使っているのか?

自宅はこちらにあるので、あのマンションを居住用にしてるというのもおかしな話なのですが。
https://pbs.twimg.com/media/DWiqI0OXkAA0AO-.jpg

この方の経歴だけはネットでわかるようになっていまして天下のトーマツに10年ほどおられました。
http://ke.kabupro.jp/tsp/20160212/140120160210410977.pdf
平成 17 年 12 月 監査法人トーマツ入所(現:有限責任監査法人トーマツ)
平成 20 年 2 月 公認会計士登録
平成 27 年 9 月 有限責任監査法人トーマツ退所
平成 27 年 10 月 税理士登録
        岡公認会計士・税理士事務所開設
        イースト・サン監査法人社員就任 
税理士としての事務所はなぜか
https://www.zeiri4.com/p_okayama/a_33100/g_33101/nf_10677/
岡山市北区 津高416番地21

自宅とちょっと違いますねえ。どこが業務の本拠地かよくわかりません。ただキャリアからしてこの人物が加計学園の監査に大きく関与していると考えられます。
 具体的に何が問題かと考えれば、まだ特定はできませんが、公認会計士にも厳格な倫理規定があります。いくつもありますが取りあえず第二原則

倫 理 規 則
http://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/about/reliability/ethics/files/ethics_rule_20140709.pdf
(基本原則2 公正性の原則)
第4条 会員は、職業的専門家としての判断又は業務上の判断を行うに当たり、先入観をもたず、利益相反を回避し、また他の者からの不当な影響に屈せず、常に公正な立場を堅持しなければな らない。
2 会員が直面する状況又は関係が、先入観や利益相反を生じさせ、会員の職業的専門家としての判断に不当な影響を与える場合、会員は専門業務を提供してはならない。

公正、独立が公認会計士には求められます。加計学園の監査においてその姿勢がつら抜かれていればなにも問題はありません。しかし、加計学園が公表する事業報告書や決算書の中に監査法人イースト・サンの名前もなければ、各社員の名前も出てきません。それであるのに今治第三者委員会の報告書には「イースト・サン監査法人が無限定適正意見を表明しており」と出てくる。やましいことがなければきちんと公表するはずです。

 今回でこの問題終わるつもりでしたが、目の状態が回復せず無理ができませんので、しばらく先になると思いますが、次回で完結させる予定です。

金子兜太氏の追悼の意味で、毎月三日は、この「アベ政治を許さない」の揮毫を掲げ続けていきます。
sho_fj.jpg
nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

加計学園問題ー怪しい監査法人イースト・サンを追う(2) [加計学園問題]

 前回 監査法人イースト・サンにまつわる政治の影の部分で終わっておりますが、まず結論的な書き方ですが、次の県会議員の方が、加計学園とこの監査法人を結び付ける人物であると推理しました。

ツイッター
https://twitter.com/iza_ogura
フェイスブック
https://ja-jp.facebook.com/hiroyuki.ogura.5

この方の日本会議的な部分
https://twitter.com/iza_ogura/status/179347183399747585
昨日、岡山県神道議員連盟の発足記念式典でした。その後稲田朋美衆議院議員のお話しを聞いている所です。

そして前回名前の出た小野田参議の選挙応援
http://videodl.us/video/untitled/E7KlWOh0jL4/

日本会議だからとか、総理夫人がいるから、加計つながりというわけではありません。
ここの経歴に出てくる
http://www.iza-ogura.com/about

平成2年  中村國繁公認会計士事務所勤務
平成6年  衆議院議員熊代昭彦秘書

ここにこそ、イースト・サンと加計学園を結ぶヒントがあります。
前回みた登記の状態
イーストサン.png
中村國繁氏の名前があります。公認会計士を目指していたのかもしれませんが、政治の道を志すようになったのでしょう。衆議院議員熊代昭彦、今この方の名前を知る人はかなり少ないでしょう。私も知りませんでした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E4%BB%A3%E6%98%AD%E5%BD%A6
郵政民営化反対したため、自民党から出ることができず、衆議院はあきらめ、岡山市長を狙うも落選。

2007年 - 第21回参議院議員通常選挙に国民新党から立候補し落選。
2009年 - 第45回衆議院議員総選挙に無所属で立候補し落選。
2011年 - 岡山市議会議員に当選。
2013年 - 岡山市議会議員を辞職。岡山市長選挙に立候補し落選。公職選挙法違反で書類送検。
2015年 - 岡山市議会議員に当選(2期目)。同年12月、上記市長選における公選法違反の有罪が確定。市議を失職。

 政治家としてはこういう末路をたどるわけです。この方の秘書を小倉県議がしていたというだけで決めつけていいんかい、とお叱りをうけるかもしれませんが、5ちゃんねるの世界では、意外と掘り出し物の情報が出てきます。
https://carpenter.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1502443748/l50

21 :Ψ:2017/08/11(金) 21:11:08.65 ID:TWdreZcp のところ

自社さ連立政権
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%A4%BE%E3%81%95%E9%80%A3%E7%AB%8B%E6%94%BF%E6%A8%A9

リベラル政権を創る会には、自民党から逢沢一郎安倍晋三衛藤晟一、小川元、川崎二郎、岸田文雄、熊代昭彦、白川勝彦、二田孝治、村上誠一郎、谷津義男が、

 見たことあるメンバーがかなりいますが、小沢、細川ラインが勝利し、自民党が下野したあと、ウルトラCで自民党が社会党と手を組み、さきがけを加えて政権奪取した、あの自社さ政権で、まさかと思うが”リベラル”などと似ても似つかぬ名前を使って若手グループを作った。衛藤晟一は菅野さんの「日本会議の研究」に出てくる現首相補佐官です。

 ちょうどこのころ、小倉県議は、熊代氏の秘書をしますから、安倍、逢沢とも近くなり、当然、加計孝太郎と顔を合わせる機会も増えてきたはずです。不思議なことにネット上で検索しても、小倉県議と加計の接点は見えてきません。

 同じ県議でも今治選出の愛媛県議会議員本宮勇氏は、加計学園渡邉事務長との仲を前面に出し、獣医学部誘致の原動力になったことをアピールしています。
http://www.i-hongu.jp/
小倉氏の似てる点は、日本会議と言うところでしょうか。ただ、監査法人に日本会議は関係なかろう。
 加計学園も関心はないはず。あるのは人脈だけでしょう。公認会計士事務所で経験もある。大学の補助金をしっかりもらうためには、この条文を守らないといけません。
http://www.houko.com/00/01/S50/061.HTM
私立学校振興助成法 
(書類の作成等)
第一四条 第四条第一項又は第九条に規定する補助金の交付を受ける学校法人は、文部科学大臣の定める基準に従い、合計処理を行い、貸借対照表、収支計算書その他の財務計算に関する書類を作成しなければならない。
2 前項に規定する学校法人は、同項の書類のほか、収支予算書を所轄庁に届け出なければならない。
3 前項の場合においては、第一項の書類については、所轄庁の指定する事項に関する公認会計士又は監査法人の監査報告書を添付しなければならない。ただし、補助金の額が寡少であつて、所轄庁の許可を受けたときは、この限りでない。

監査法人の方がハクがつくからでしょうが、加計学園の財務資料等からは、その存在に気がつきませんでしたが、前回書いた今治第三者委員会の報告書からその名前を知ることができました。
 法人としても、各社員もなぜか自前のホームページもフェイスブックも出しておりません。まあ、仕事は十分あるから、宣伝の必要がないのかもしれませんが、加計学園が特定の役所にだけ出す書類のために都合がいいから、この監査法人に頼むようになったのでしょう。
 そう簡単に総理大臣に行きついてしまっては面白みがないでしょうから、続きはまた次回。1回で終わると思いますが。国会では何かと困ることがあってるようで、そのうち加計問題が火を吹くよ。
sho_fj.jpg
nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:blog

加計学園問題ー怪しい監査法人イースト・サンを追う(1) [加計学園問題]

今月まだ1回しかブログを書いてないですねえ。だんだん主体がツイッターになってきてます。
でも、まとめるにはブログが一番で懲りずに続けていきたいと思います。
タイトルに選びましたのは、ツイッターではすでに進行してますが、加計学園の監査法人のことで、本来ここがちゃんと監査をしていれば、前に書いたA1号館の金額の合わない点など指摘出来ていたはずです。
なんでも今治第三者委員会の委員をしている公認会計士さん この方も大手監査法人トーマツにいた方なのですが、どうも責任逃れにこのイースト・サンの存在を使っていますね。
http://www.city.imabari.ehime.jp/kikaku/kokkasenryaku_tokku/houkokusho_05.pdf
1ページの下。文字のコピペが出ないので画像リンクでいきます。
https://pbs.twimg.com/media/DWMjWqSU8AEPPri.jpg:large

無限定適正意見と言う専門用語が出ますが
http://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/cpainfo/ke_word/2007/10/post_54.html

無限定適正意見・・・・ 一般に公正妥当と認められる企業会計の基準にしたがって、会社の財務状況を「すべての重要な点において適正に表示している」旨を監査報告書に記載する。

ほんとに加計学園が財務状況をきちんと記録してれば、土地をタダでもらったり、高額補助金で校舎たてたりせずに健全経営ができていたでしょう。
通常企業であれば、グループ会社の連結決算になるのですが、学校法人ではこれを義務付けられていません。

学校法人会計基準の在り方について
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/054/gaiyou/__icsFiles/afieldfile/2013/02/08/1330460_1.pdf

17ページ

○ 連結会計は導入しないが、学校法人間の取引について広く注記することとする。

学校法人は創設者等の寄附により設立され、創設者等は寄附した財産に対する権利を持たないという意味で、そもそも株式会社のような持分の概念がないため、連結会計の考え方はなじまないことから導入しない。
ただし、法人の経営状況や財政状態についてより透明性を高める観点から、学校法人間の取引について明らかにすべきとの課題に対応するため、現状の関係当事者の注記に該当しない場合についても、広く貸付金・債務保証等の学校法人間の取引について注記すべきである。

結局 加計学園はグループの広島加計学園や英数学館のとんでもない赤字を野放しにしていても、本体の岡山加計学園の純資産が多ければそれでいいという考え方。

こちら広島加計学園
広島加計大赤字.png
英数学館
英数学館.png

 どうするんでしょうね。広島加計学園はほぼ破産状態ですよ。成人の日のきもの詐欺で話題になったあの会社の負債が10億で自己破産申請しましたが、ここは負債総額でなくて資産から負債総額を引いた残りが12億です。英数学館は孝太郎氏自ら理事長をしてますが、3年で11億減らして行ってます。
 結局 岡山の本体の財政状態をよく見せるための負債の操作をしてるとしか見えないのですよねえ。
それを見破ってきちんと指摘するのが監査法人の役割と思うのですが、どうもいろいろ調べていくとこのイースト・サンはおかしなことばかりです。
 まずは登記の状態
イーストサン.png
社員と言う形で名前が出てくる人たちは従業員ではなくて、出資者であり役員でもあります。全員が公認会計士の資格を持っています。
でも法人としての監査実績はあまりないのです。
http://www.certifiedpublicaccountant.biz/auditfirm/AAAOHAVE4OB3ZY4CXHRYHCHDQO56HAVV4OB3HZ43UPTJ7O7GWOK6JOV2.html
 天満屋というのは女子駅伝で名前を聞きますが、岡山のデパートで地元では有名でしょう。でも監査法人になって、まだ8年くらいだからそんなもんかと思ってしまうのですが、よく監査法人といえば、かなり大きなPwCあらた、トーマツとか東芝の不正経理を見破れなかった新日本有限責任監査法人などが有名で、大きなビルと大勢の公認会計士がいるイメージですが、このイースト・サンはどちらかといえば複数の公認会計士・税理士の協同組合のような感じです。
 調べた限りでは5名それぞれが独立した事務所があり、女性の波戸葵氏の事務所に、法人の表札も出ています。
https://pbs.twimg.com/media/DWJGqLDU0AE1MIG.jpg
表札の部分はこちら 岡山のウォーボーイ‏さん 現地突撃ありがとうございました。
イースト・サン表札.png

 結局 それぞれ収入源はあるわけで、法人などなくても困らない方々。なぜ法人を作って、それも加計学園の監査をやるようになったのか?追跡調査はいるのですが、いくつか点を結んでみると政治の影が見えてきます。
 元々天満屋の監査は法人を作る前から、すでに退社している中村國繁氏と波戸葵氏が監査をしていたことが次の有価証券報告書からわかります。2007年のものですが。
http://www.kabupro.jp/edp/20070525/0070FVF4.pdf
26ページ
中村氏は23年もやってるベテランですね。顧客拡大のための法人化ならもっといくつかの上場企業を獲得してもおかしくないのですが、中村氏の後に代表になった岡友和氏はタツモという会社の監査役ですけど、法人として関わってはいません。
https://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20170315/ae0wzy/140120170314419150.pdf
ちょっと前の28年の段階では
http://www.tazmo.co.jp/wp-content/uploads/2016/09/20160212_2712kt.pdf
同じタツモの決算書類ですが23ページ
・新任監査役候補
社外監査役 岡 友和(現 岡公認会計士事務所・岡友和税理士事務所所長)
 イースト・サンとは関係なくこの会社の監査をしていたことがわかります。そうやってみると天満屋以外に法人として関わっているのが加計学園ぐらいなのではないかと疑ってしまうのです。そこで先ほど言った政治の影を追ってみましょう。
 と、思ったら長くなったので、ちょいとさわりの部分、ウォーボーイ‏さんの報告によれば、このイースト・サンの事務所、すなわち波戸事務所のすぐ近くに、あの予算委員会で山本太郎参議院議員を睨みつけたり、ヤジとばしたり意外な行動に出た小野田紀美参議院議員の事務所があるそうです。
この波戸氏 登録政治資金監査人になっています。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000531945.pdf
岡山県の自民党議員の政治資金収支報告書あたりの業務があるのかもしれませんねえ。
ということで、次回、かなり過去に遡るとこの方の名前も出てくるんですねえ。
DLbuS77UQAAxSpW.jpg
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - 加計学園問題 ブログトップ