So-net無料ブログ作成

中村知事は同意をするな!!-「事故が起きたら死ぬのを待つしかない」。(再掲) [伊方再稼働反対]

中村愛媛県知事の伊方原発再稼働同意がカウントダウンに入ったようです。
前に一度書いたと言うか、新聞記事を引用したものがありましたので、今回手抜きで申し訳ありませんが、知事の最終判断に対する意思表示として再度掲載させていただきます。


伊方原発:岬の住民、避難に不安…3号機「合格」 
http://mainichi.jp/select/news/20150520k0000e040211000c.html

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の再稼働に向けた安全対策が20日、事実上の「合格」と判断された。しかし、原子力規制委員会の安全審査は巨大災害や大事故の際に被害を最小限に抑えられるかを見るもので、住民の避難計画の実効性は問われない。伊方原発は細長い佐田岬半島の付け根に立地する特異な地理条件で、半島の先には約5000人が暮らす。住民の不安は大きい。

 ◇特異な地理条件

 「事故が起きたら死ぬのを待つしかない」。伊方原発の西約20キロ、伊方町三崎地区で物販会社を営む長生(ちょうせい)博行さん(48)はため息をついた。原発の西約5キロの瀬戸地区に住む漁業の男性(78)は「事故が起きないと信じるしかないやろ」。

 四国西端の佐田岬半島は東西約40キロ。佐田岬半島の幅は極めて狭く、斜面を切り開いた細い道路も多い。

 原発事故時、半島西側の住民は、陸路避難の「出口」を塞がれる。愛媛県や伊方町の避難計画は、対岸の大分県などへの海路避難やヘリでの空路避難を盛り込む。

 しかし、県の試算では半島住民が30キロ圏(緊急防護措置区域=UPZ)外へ船で出るのに、三崎港発着のフェリーで16時間半、海上保安部などの応援を得ても4時間半かかる。

 南海トラフ巨大地震では最大13.7メートルの津波が三崎港を襲うとされ、海からの救援は極めて困難だ。ヘリは輸送人員が限られる。【橘建吾、渕脇直樹】

手抜きにはなりますが、新聞記事でいいのがあったら本記事にさせてもらいます。
ちょっと時間節約ですんません。

手抜きのままではいけないので前のコメントから
地震調査研究推進本部 トップ>中国・四国地方>愛媛県
http://www.jishin.go.jp/main/yosokuchizu/chugoku-shikoku/p38_ehime.htm
まさに活断層銀座ですね。
p38_ehime_s.jpg
南海トラフの確率からすると、中央構造線のがえらい低いのですが、
愛媛地震.png
「この他、1854年の安政南海地震の2日後にはM7.4の地震が豊後水道付近に発生しました。南海地震による被害と区別し難いのですが、県西部はさらに被害を受けたと考えられます。」
これは、南海トラフ、中央構造線連動型でしょう。


結局 アベが一番悪い。避難計画に合理性などないのです。だれも未来を的確に予想などできない。
sho_fj.jpg

nice!(9)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 9

コメント 28

ryu-ron

「死ぬのを待つしかない」と言う言葉にインパクトがあったので、再度使わせていただきましたが、毎日の記事はすでにアクセス不能ですね。

佐田岬半島の5000人に責任を持つなら、核シェルターしかないと思うが現時点では400名ちょっとしか入れないと言う。
全員が一カ月暮らせるものを用意しない限り動かすなといい続けているうちにあきらめるか。
よんでんは電気に余力があり、利益も出てます。関電あたりが融通をうけるために尻を叩いているのでしょう。
by ryu-ron (2015-10-23 16:57) 

ryu-ron

うーん 26日かこの野郎。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151023/k10010280541000.html

NHKの記事は引用に留めるよう訓練しておかねば。非親告罪化はどうも決まっていまいそう。アメリカ、カナダでTPPそのものが否決されれば、なしになるのかな。

「関係者によりますと、こうしたことを踏まえて愛媛県の中村知事は、週明けの26日にも、県として再稼働に同意するかどうか最終的な判断を四国電力に伝える方針を固めました。」

だ、そうです。月曜日だ。

by ryu-ron (2015-10-24 12:50) 

ryu-ron

前にも書いた記憶はあるのですが、伊方から800mのところに米軍ヘリが墜落した事件はウィキペディアにも出てました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/1988%E5%B9%B4%E4%BD%90%E7%94%B0%E5%B2%AC%E5%8D%8A%E5%B3%B6%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E3%83%98%E3%83%AA%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85

オスプレイが上空を通ることはないのか?
by ryu-ron (2015-10-24 14:23) 

ryu-ron

やはり今日同意ですね。

http://www.asahi.com/articles/ASHBT51BTHBTPFIB009.html

県関係者らによると、中村知事は26日、四電に再稼働への同意判断を伝え、記者会見で説明する方針。さらに同日中に経済産業省に報告する方向で調整しているという。

 中村知事は、伊方3号機の再稼働について、「安全性や必要性などへの国の考え方」「四電の取り組み姿勢」「地元の理解」を踏まえ、総合的に判断するとしていた。22日に山下町長が同意し、判断条件がすべてそろったとの認識を示していた。

白紙白紙を繰り返して来たけど結局は同意する。
まだ認可はふたつ残っている。これがおりてこそほんとの”総合的”なんではないかい。

考えてみれば高浜は三つの許認可要件はクリアーしたが、仮処分があるから、まだ知事の同意はない。
第二の樋口判事よ出てきてほしい。
by ryu-ron (2015-10-26 09:22) 

ryu-ron

これは大事。
http://diamond.jp/articles/-/80080?page=3

秋山 川内原発が再稼働に動き出したことは残念だったけど、2年も使わないでいた原発は、本当に稼働しますか。あれはうまくいかないでしょう?

広瀬 いくわけないです。大事故に向かって突進しています。本連載第13回の堀潤さんとの「9300億円の訴訟を起こされた三菱重工!! 日米原発報道での一番の違いとは?」や、第17回の田中三彦さんとの「安倍晋三の『世界で最も厳しい基準』は、まっ赤なウソだった!」で説明しましたが、今や、あの小泉純一郎さんも本気で怒っています。

 でも、知性ゼロの安倍晋三は、それでもやるからおそろしい人間だ。あの男は完全に狂っています。このあと伊方原発が再稼働したら本当に危ない。だから、11月1日には「STOP伊方原発再稼働!11・1全国集会in松山―福島をくり返さない―」が行われます。

秋山 そう。反対し続けましょう!
 僕も11月に、福井県の高浜から小浜を通って大阪まで、1日20~30キロ、2週間かけて200キロくらいの行進をやろうという計画があります。これに参加するつもりです。
 原発銀座といわれる若狭湾と、京都市の距離は60~70キロ。もし、事故が起きれば、京都市内には大量の放射性物質が降り注ぎます。また被曝させられるなんて、冗談じゃない。
 安保反対運動も、安保法案が通った「9月19日」にちなんで、「戦争をさせない左京1000人委員会」は毎月19日に必ず街頭行動をやると決めました。
 僕もここ半年くらいはデモばっかりで、これが本当の「デモ暮らしー」だと思っています。

ちと長くなったか。秋山さんも老けたかな。でも頑張って下さる。
by ryu-ron (2015-10-26 14:28) 

ryu-ron

知事の同意で地元手続きが終わったとなると新聞は確かに取り上げてくれるのですが、どうも主張に変化が見られません。

朝日の社説
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12036433.html?rm=150

立地自治体が再稼働への「同意権」を持つ根拠は、電力会社と結んだ安全協定にある。安全確保を電力会社や国任せにせず、住民の不安を軽減するのがそもそもの目的だ。
 だが、伊方町議会は再稼働の是非を話し合う特別委員会をほぼ非公開にした。愛媛県も知事らが住民の声を直接聞く討論会を開かなかった。住民に真摯(しんし)に向き合ったとはいえない。
 今後は、原子力規制委員会の審査が終わった関西電力高浜原発(福井県)の再稼働が焦点になる。九州電力玄海原発(佐賀県)などの審査も大詰めだ。
 自治体が再稼働の判断を急ぐ必要はない。住民を守るため、できることをすべてやったか。確かめるのが先である。

地元市町村とその都道府県のみで既成事実化されていっていることへの抗議がこれでは弱いのですよね。
函館の裁判はどこまで行ってるのでしょうか?
法的に詰めていく必要はあるでしょうね。
by ryu-ron (2015-10-27 08:58) 

ryu-ron

おお函館先週金曜日に動きがあったようです。

http://www.kinyobi.co.jp/event/20151009_001815.php

10月23日(金)14:30
函館地裁|大間原発建設差止等請求訴訟 第17回口頭弁論期日 国に対する責任論補充、火山について。9月に第7次提訴。終了後報告集会(函館弁護士会館)。原告募集中。※10月29日14:00〜「小泉元首相 ストップ・ザ大間原発 大いに語る!!」函館国際ホテル大広間、800円。
by ryu-ron (2015-10-27 09:21) 

ryu-ron

これは市が起こした裁判でなくて住民側が提訴したものですね。

https://www.facebook.com/dgbengodan?fref=nf








脱原発弁護団全国連絡会

10月23日 16:55 ·
.
昨日は函館地裁において、住民による大間原発差止訴訟の口頭弁論期日でした。
期日において、共同代表の森越弁護士が進行に関する意見書を読み上げました。
期日後の進行協議期日(非公開)で、裁判所より、次回期日までに一応の主張を全部出すこと、3月までに争点整理、その間に裁判所より説明、5月以降に証人尋問という流れが説明されました。
適合性審査の結果を横目で見ながらという訴訟指揮の裁判所も多い中、結果を待つことなく、判断をするという意気込みが感じられました。
by ryu-ron (2015-10-27 09:27) 

ryu-ron

あら 変な空白が出てた。すんません。

こちらが市が提訴した方
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014031100330/

もう6回まで来ましたか。
準備書面(10)(使用済み核燃料プールの危険性)
これを読みたかった。ちょうど準備している大飯判決がプールの所です。と言っていつまでも完成しませんが。

by ryu-ron (2015-10-27 10:04) 

ryu-ron

大分合同は1面から張り切ってましたね。
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/10/27/003827125

伊方原発をめぐっては、愛媛や大分などの住民が運転差し止めを求めた訴訟が松山地裁で係争中。11月上旬には、大分県も参加する国の原子力総合防災訓練が予定されているが、愛媛県が司法判断や避難計画の検証を待たずに再稼働を認めたことへの批判も出ている。

裁判や批判のことは必ず載せるべし。
by ryu-ron (2015-10-27 11:27) 

ryu-ron

何が何だかなのだが、この100万炉年の1回が曲者なんでしょうね。

http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=11-02-01-03

2)放射性物質による環境への汚染の視点も取り込むこととし、事故時の137Csの放出量が100TBq を超えるような事故の発生頻度は、100 万炉年に1回程度を超えないように抑制されるべきである(テロ等によるものを除く)。

テロ「等」の「等」には航空機の墜落は入るのかい?
南海トラフでとんでもない大津波がきて、太平洋側から山を超えて大量の海水が押し寄せることは想定していないが、それが1000万炉年に1回起きないと言い切れるのだろうか?
by ryu-ron (2015-10-27 13:01) 

ryu-ron

こいつを頑張って読みこなしますかね。
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2014/siryo16/siryo1-1.pdf

2頁

※東電福島事故における環境への放射性物質の放出量は、セシウム137については、7300~13000テラベクレル(JNESの事故進展解析に基づく評価)、10000テラベクレル(東京電力の陸側測定結果に基づく評価)等と試算されている。100テラベクレルとは、福島第一原子力発電所事故で放出されたセシウム137の約100分の1の規模。
by ryu-ron (2015-10-27 13:06) 

ryu-ron

おっとケタが大きかった

「テロ「等」の「等」には航空機の墜落は入るのかい?
南海トラフでとんでもない大津波がきて、太平洋側から山を超えて大量の海水が押し寄せることは想定していないが、それが100万炉年に1回起きないと言い切れるのだろうか」

に訂正します。
by ryu-ron (2015-10-27 13:08) 

ryu-ron

もうちょっと この例えがわかりやすいですね。

http://homepage3.nifty.com/h-harada/nonuke/reason.html

事故時の被害の大きさ
「事故の確率は小さい」と宣伝されています。が、しかし、「事故時の被害の大きさ」を考えると無視できるほど小さな確率ではありません。事故の経過は兎も角、所謂「最悪の事態」を考えたとき、(急性障害による死者は少ないとは思うけれど)日本の国体に大打撃を与える程度の被害は覚悟した方が良いと思います。小さいと宣伝されている事故の確率でさえ、例えば炉心損傷で炉・年当りで10-6程度の頻度だそうです。年に10枚ジャンボ宝くじを買って1等が当たる程度です。54基もあれば、俺が今後一年間に交通事故死をする期待値程度になります。国家の存亡を掛けても良いほど小さな確率では無いと思います。

福島事故前の話ですね。で、鹿児島地裁の判断はやっぱりおかしいというところで

http://www.news-pj.net/diary/19504

①安全目標は意図的に基準ではなく目標と位置付けられている。従って、当該原発が、セシウム137の放出量が100Tbqを超えるような事故の発生頻度を10-6/年としているか否かは検討内容ではなく、それ以上の発生頻度であっても設置許可されることになる。

②安全目標は基準ではないのでパブリックコメントにかけられていない。実際にも、基準類がパブリックコメントにかけられたのちに安全目標の議論が規制委員会でなされている。その作成過程は公正ではない。

このように手続的にも内容的にも基準としての資格のない安全目標を、基準の合理性判断の上位概念に位置づけて仮処分の判断をすることは、論理的にも間違っている。そもそも、この安全目標は、格納容器破損による放射能の放出事故の発生頻度を10-6/年とするものであるが、福島第一原発事故以前になされた確率的安全評価の誤りに関する納得のいく反省と検証がなされない現状では、全く空疎な内容であるといわなければならない。平成16年10月原子力安全保安院は全国の原発について、確率的安全評価に関する報告書を作成したが、その中で、福島第一原発1号炉の炉心損傷頻度は3.1×10-7/炉年  格納容器損傷頻度は1.0×10-8/炉年とされ、それを妥当と評価していた。このいい加減な確率的安全評価が何故なされたかが明らかにされない限り、100Tbqを超えるような事故の発生頻度を10-6/年とする安全目標に何の現実的な意味もないことは明らかである。
by ryu-ron (2015-10-27 13:22) 

ryu-ron

こんなのもあってなにおかいわんやなのですが

原子力発電所1ヶ所当たり500年に1回の過酷事故発生を政府が予測

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/efd19d32948cbe1a8fc10625bc1a2063

(54基なら10年に1回)なのだそうです。

『一基あたり100万年に1回』なら54基の原発がある日本では、約50基が連続稼動していると仮定すれば2万年に1回の確率ということになる。

これも目標にすぎんのですが。


by ryu-ron (2015-10-27 14:50) 

ryu-ron

川内仮処分の抗告審 ちょっと前進か。
https://www.facebook.com/dgbengodan/posts/599369433535079

川内原発の再稼働に反対する住民12人が、運転の差し止めを求め仮処分を申し立てている即時抗告審は26日、福岡高裁宮崎支部で、裁判官、九電側、住民側の3者による非公開の協議が行われた。住民側は過去2回の協議で、双方が口頭で主張や意見を述べる審尋を開くよう求めていたが、九州電力側は、書面で十分として審尋の必要はないと主張。裁判所は住民側の要望を受け入れ、2016年1月20日に審尋を開くことを決めた。原発なくそう!九州川内訴訟の森雅美弁護団長は、「お互いの意見を聞いてみようという姿勢は示してくれた。裁判所が問題があると認めれば運転は止められるので、手を緩めずやっていきたい」と述べた。このほか、住民側は2つの補充書を提出し、「九電が用いている手法では、今後起こりうる最大の地震動を算定するには不十分」などと主張した。
[ 10/26 19:32 KYT鹿児島読売テレビ]
http://www.kyt-tv.com/nnn/news8726902.html
by ryu-ron (2015-10-28 10:07) 

ryu-ron

https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/10/28/224422599

来月初めに訓練をするそうですが、天気がよくて波もない時期にやっても訓練になるんだろうかね。

避難計画では、放射性物質の放出まで時間がある場合は原発のそばを通り、陸路で松山市方面へ避難。地震などの複合災害で陸路が使えなければ原則、三崎港からフェリーで大分市の佐賀関港へ向かう。陸路も海路も使えない場合や、放出が差し迫っている場合は、シェルターや学校などでの屋内退避としている。
 しかし、住民の間では「本当に逃げられるのか」「港が津波などで使えなくなれば逃げ場を失う」との懸念も強い。訓練で課題を検証する前に中村時広愛媛県知事が再稼働に同意したことへの批判もある。

爆発したら陸路は無理で、全世帯に人数分防護服を配っておくしかない。
by ryu-ron (2015-10-28 10:24) 

ryu-ron

ここに安全目標は書いていたのにもう忘れておるわ。
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2015-04-30

ということでもう一度読み直します。
by ryu-ron (2015-10-28 12:05) 

ryu-ron

どなたかがご紹介いただいたのか
伊方3号再稼働を瓜生島伝説が止める
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2015-05-22

の記事のアクセスが急に増えてきました。

実際 島が消えております。中央構造線連続地震だと、大分側に避難中に島を沈めた大津波 地滑り説もあるのと、液状化説もあるのですが、渡ったはいいが大分側もめちゃくちゃ大変な状態になっており、また船でうろうろしないといけなくなる。そのうちにかなり被ばくしてしまう。

今だからこそちゃんとこの伝説を解明しないといけないのです。

by ryu-ron (2015-10-28 16:58) 

ryu-ron

瓜生島伝説の記事がどこで拡散されたかはわからないのですが、それはいいとして、金原弁護士さんのブログから
http://blog.livedoor.jp/wakaben6888/archives/45839042.html
原発再稼働の流れを食い止めるために~河合弘之弁護士と後藤政志氏が語ったこと

後藤さんがマンガまで書いていたのか。素晴らしい。
by ryu-ron (2015-10-29 08:36) 

ryu-ron

これに気がつかなかった。岩波さん 太っ腹です。
https://drive.google.com/file/d/0B78Zj1ROeNA-aGpPMlNyV0p5WkE/view?pli=1

水蒸気爆発の可能性はどこでもあるということですねえ。
by ryu-ron (2015-10-29 12:13) 

ryu-ron

辺野古をめぐる政府のやり方もむちゃくちゃで、オバマも芝居で中国との危機を煽る。だから辺野古は必要であり、戦争法も必要だと。

アベ政治との全面対決。これは忙しくなっても頭の片隅いや3分の1くらいは占めておかんといかんでしょうね。
by ryu-ron (2015-10-29 13:00) 

ryu-ron

この動きが広がるといいのですが
http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015102901001143.html

闘う自治体が出てくればふたりの元総理は必ず支援してくれるでしょう。

「函館こそ日本の原発問題の核心的問題を持っていると再認識した。工藤市長と面会して(活動に対して)さらに意欲が出た」と語った。
by ryu-ron (2015-10-29 16:22) 

ryu-ron

昨日の伊方反対集会は合同新聞で行ってみましょう。

https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/11/02/004402935

 地元をはじめ、全国から4千人(主催者発表)が集合。集会後に同市内をデモ行進した。大分県内からも「伊方原発停止・廃炉大分県共闘会議」の有志が駆けつけた。
 「伊方の事故は直接、大分や瀬戸内海全体に影響する。危険は何一つ解消しておらず、再稼働同意後も反対の意思表明を続ける」。伊方原発の運転差し止めを求める訴訟の原告に加わる大分市内の会社員男性(57)は強調する。男性とともに早朝の瀬戸内海を渡って参加した共闘会議の河野泰博事務局長(66)は「一番の問題は四国電力や行政側が事故が起きないことを前提とし、大分県民の声を聞かず、避難計画もずさんなことだ」と憤る。


うう 行けずにすんません。そういえばベルギーの原発で、火災、爆発事故があってます。ちょいとした事故は起きるのです。
by ryu-ron (2015-11-02 10:08) 

ryu-ron

ベルギーのはこちら

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/59427-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%81%A7%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%82%89%E3%81%8C%E7%88%86%E7%99%BA%E3%80%81%E7%81%AB%E7%81%BD%E7%99%BA%E7%94%9F

この原子炉の活動は、40年以上が経過した原子炉の活動停止に関する規定に則り、2月15日から停止していました。
この原子炉がすでに活動を停止していることから、今回の事故がベルギーのエネルギー資源に直接影響を及ぼすことはないと見られています。

停止中だったのが幸いだったか。もろ原子炉から火が出てます。
by ryu-ron (2015-11-02 10:16) 

ryu-ron

https://www.youtube.com/watch?v=ALQdXsdjbbw
きのうチラ見したそこまで言って委員会、伊方を取り上げていました。
竹田、長谷川の右派も、原発には反対なんですよね。
まあいけすかねえやつらですが、この点は評価せねば。
ゲラー先生も出てましたね。

川内2号のフル稼働にもっと怒らねばならんのですが、伊方を止めることに頭を働かせます。お許しを。
by ryu-ron (2015-11-02 17:27) 

ryu-ron

https://twitter.com/tbs_houtoku/status/667603645819564033
昨日の報道特集の伊方の取り扱いはなかなかよかったです。

今週(11/21)の報道特集、後半の特集は…
【伊方原発の再稼働を問う】
再稼働の手続きが進む四国電力・伊方原発。今週は事故を想定した大規模な防災訓練が行われた。再稼働に舵を切った地元の事情は?大地震や津波の懸念は?再検証する。

なんで知事は津波の心配はないと断言できるんだ。アベからそう言えと指示されてるんだな。
by ryu-ron (2015-11-22 11:27) 

ryu-ron

早くもデイリーモーションに出ました。
https://twitter.com/kawarunikawaran/status/668248500623151104

【動画】報道特集 11月21日 伊方原発の再稼働を問う 再稼働の手続きが進む四国電力・伊方原発。今週は事故を想定した大規模な防災訓練が行われた。 再稼働に舵を切った地元の事情は? 大地震や津波の懸念は? 再検証する。 http://www.dailymotion.com/video/x3evyom

by ryu-ron (2015-11-22 11:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0