So-net無料ブログ作成

クローズアップ現代でセシウムボールが取り上げられました。 [原発問題・ホットパーティクル]

ここのところ加計問題ばかりでしたので、セシウムボール系にアンテナを張るのを忘れてました。
NHKがあのサイエンスゼロの続編をクローズアップ現代で取り上げてくれましたね。

原発事故から6年 未知の放射性粒子に迫る
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3986/index.html
kurogen.png
動画はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=Ub0E07cHLIA

日経の記事があって、なにやら動きがあるのかなという予感はあったのですが、まさかテレビ番組という形で出てくるとは思ってもいませんでした。

 ここのブログで紹介した宇都宮教授、佐藤志彦氏、箕輪はるかさんが登場されてうれしい限りです。
ただ成分の中のウランの存在とかがまったく出てきませんでしたので、やはりクロ現は一般向けなのでここらはカットされてしまったのかな。

まあおおむね満足しておりますが。

さて、サイエンスゼロの時は、つくばでのサンプルが中心でしたが、今回は比較的原発に近いところの土壌などから出てきた不溶性微粒子にスポットを当てていましたね。
kurogen2.png

これのAタイプはセシウムボールで、いびつな形のBタイプ ボール状じゃないので、不溶性放射性微粒子、九大宇都宮教授はセシウムボールも含めて総称でCsMPsと呼んでいましたが。
佐藤志彦氏の説明では、断熱材とかにセシウムが吸着し、水素爆発で外に出て行く時に、断熱材なども解けて、セシウムなどの放射性物質と合体したものということでした。

これは次の論文で、1号機から放出されたものの特徴として詳しく述べられています。

福島第一原子力発電所事故により1号機から放出された放射性粒子の放射光マイクロビームX線分析を用いる化学性状の解明
https://www.jstage.jst.go.jp/article/bunsekikagaku/66/4/66_251/_pdf

要約部分

2011年3月の福島第一原発事故により,1号機由来の放射性物質が飛来したと考えられる原発北西地域の土壌から,強放射性の粒子を7点分離した.分離された粒子は100 μm前後の大きさで歪いびつな形状のものが多く,2号機から放出されたとされる直径数μmの球形粒子(Csボール)とは明らかに異なる物理性状を有していた.これらの粒子に対して,大型放射光施設SPring-8において放射光マイクロビームX線を用いた蛍光X線分析,X線吸収端近傍構造分析,X線回折分析を非破壊で適用し,詳細な化学性状を解明した.1号機由来の粒子はCsボールに比べて含有する重金属の種類に富み,特にSrやBaといった還元雰囲気で揮発性が高くなる元素が特徴的に検出され,粒子内で明確な元素分布の不均一性が見られた.粒子本体はCsボールと同様にケイ酸塩ガラスであったが,Feなど一部の金属元素が濃集した数μm程度の結晶性物質を含有していた.これらの粒子は3月12~13日に大気中に放出されたものであると考えられ,核燃料と格納容器との熔よう融がかなり早い段階で進行していたことが示唆された.さらに放出源の推定において,放射性物質自体の化学組成情報が放射能比に代わる新たな指標となることが実証された.

本文中にもウランの存在は出てくるのですが、次のグラフをみると、セシウムボールほど、はっきりと出てきてないようですね。核になる部分が断熱材の成分に覆われているため、検出しにくいのかもしれませんね。
も一つ厄介な物質を見逃していました。ストロンチウムですね。要約文にもありますが「特にSrやBaといった還元雰囲気で揮発性が高くなる元素が特徴的に検出」と。これは要注意です。
セシウムボール.png
ちょっとストロンチウムに関する本文記事のところをキャプチャで失礼。
ストロンチウム.png
 前に気象研の最初の論文でストロンチウムが検出されてないということでしたが、いびつな形の1号機放出不溶性粒子にはしっかり含まれているということですね。

 本文がコピペできないのと時間不足でこのくらいにしておきますが、クロ現のあった日に起きた重大事故。昨日の報道でさらに驚かされることになんと22000ベクレルのプルトニウムです。

作業員1人肺から2万2千ベクレル 国内最悪の内部被曝
http://www.asahi.com/articles/ASK67424PK67ULBJ006.html

被曝医療に詳しい、国際医療福祉大クリニックの鈴木元院長は「2万2千ベクレルは量としては多い。肺に入ったプルトニウムは、1週間から10日かけて化学薬品を霧状にして吸入させたり、点滴したりして排出させる。その後、体内に残っている量を調べて健康への影響のリスクを判断しなければならない」と話す。

お 疑惑の国際医療福祉大ですが、この先生の言ってることはまともです。

ホットパーティクルと違って水溶性のものと思われますが、骨に溜まることも想定され、肺の洗浄や気レート剤ですべてが排出されることは困難でしょう。

原発事故のセシウムボールなどの不溶性放射性微粒子ではプルトニウムが検出されてませんけど、あのICRPの甲斐教授が、内部被曝の影響は評価を見直す必要があるといいましたので、長期に渡って局所に留まった場合の危険性は、放射線量が低いといっても侮れません。

また、時間ができたら詳しく書きたいと思います。

https://twitter.com/rollotron/status/845191603396362243

チェルノブイリ事故時に問題になったホットパーティクルはα線粒子なので細胞表面から数十ミクロンで吸収線量は急速に減衰する。γ線粒子であるセシウムボールの吸収線量の減衰は非常に緩やかで放射線は深い位置まで到達する。

これが実は気になっています。今回クロ現に出てきたシンポジウムの時の発表かな。また探してみます。

nice!(8)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog