So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

加計学園問題ー八田座長は正直に言って下さい!! [加計学園問題]

アベ自身の加計森友スキャンダル逃れと、公明党委員長のイメージのためというごくごく私的な事情のために、抜いてはいけない「中間報告」などという憲政史上まれにみる卑劣な方法で(強行採決)^2をやってしまう独裁政権に断固抗議をいたします。

公明党は恥を知れ!!自民党にはつける薬がない!!

さて今国会会期内最後の記事になると思いますが、加計問題は国会が閉じても追求し続けます。
今日の委員会が実質的に最後の質問の機会かと思いますが、なんとかそれまでにこれを書いてしまいたいと思います。

また山口さんのコメントをお借りします。
-----------------------------------------------------------------------------------
2017年3月に内閣府に2017年10月の京都側へのWGのヒヤリング
議事要旨がずっとUPされていないことを指摘した新聞社。
このブログで指摘され続けていることですが、
「京都提案の内容を知られること」
「京都に問うたバイオセーフティレベルを今治に問わずに今治市を
 急展開で選定したことが判明する。」
当該新聞社はこのことを隠蔽と見ているでしょう。
特にBSLを今治市に確認していないことは、重要事項の確認漏れ
で、極めてアンフェアであると追求できる。
そして、あたかも四国空白解消が加計しか選択肢が無いかのような
誤った世論操作。400万人未満の四国は今治市に35名の獣医学部
を愛媛大学が新設するという合理的な方策あることが、全く世の中
にまだ伝わっていません。2000万人以上の関西に大阪府大40名
しかないこと、同じく東海地区に岐阜大35名しかないこと。
これからの加計、四国の大学で無い加計が日本最大160名定員の
獣医学部を四国に作るという論理破綻している構想、
これらを今後、報道追求されていかれるでしょう。
説明できませんから、逃げきれません。
------------------------------------------------------------------------
国会では、民進党木内衆議院議員が最初に質問したと思われます。
buuさんの書き起こしをお借りします。
https://twitter.com/buu34/status/847396281714475011

山本「確認できているかどうかも含め、公開非公開は、全て座長の判断
木内「情報公開の点から、極めて不透明。
10月17日に京都産業大学の提案を受けてから、11月9日、突如、ゲームのルールが変えられた。いきなり、空白区限定と、突然指定。新潟も手を挙げ3校候補、京都産業大学を

これは、ちょうど下の記事を書いた時の録画のものですね。

http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2017-03-30

加計学園3/30木内孝胤(民進):衆院・地方創生特別委員会
https://www.youtube.com/watch?v=cWKjSBAhro4&feature=youtu.be

つい先日14日の衆議院農林水産委員会でも民進党宮崎さんが質問して再確認されていますが
https://www.youtube.com/watch?v=HcopzzzBJ9Y

10分あたりからですが、八田座長に確認したら、なぜそんな手違いがあったのかと、ヒアリング実施後半年もの間隠ぺいされていた。宮崎さんへの官僚の答弁では、今治とのバランスを取るためとか言ってるが、実際には新聞社からの問い合わせで慌てて出した。
 単なる隠ぺいでなく深い意味があることが山口さんのご指摘でわかります。それは次の記事に書きましたが、

加計学園問題ー今治ではバイオセーフティーレベルを問われていない
http://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2017-04-07

森ゆうこ議員の質問からも明らかなように、確かに今治のヒアリングの段階ではバイオセーフティーレベルに関して問い合わせもしてないし、回答もないのです。まあ加計側からだれも出てませんから言わなかったのでしょうが、不思議なことに次の内海新聞さんブログでは、企画課が知らなかったといいいます。

ええと3月16日の記事
https://ameblo.jp/utumisinbun/entry-12256766804.html

1.BSL3施設を設置する予定でしょうか。

2.今治市企画課の話だと「獣医師の養成だけで、危険なBSL3などの施設を置くとは一切聞いていない」とのことです。

吉川教授に宛てたメールで3月8日に出したもので吉川教授は回答もしていません。公になったのは、市の主催の説明会で4月11日でしたかね。 ネットで検索すると説明会の前の段階で新聞記事に出ていました。

加計学園
岡山理大獣医学部設置を申請 キャンパス整備計画も示す /愛媛
https://mainichi.jp/articles/20170326/ddl/k38/100/378000c
24日の同市議会国家戦略特区特別委員会で市が報告した。

特別委では実験施設での病原体の取り扱いについての質問があり、市の秋山直人企画課長は「危険度を分類したバイオセーフティーレベル(BSL)で3(鳥インフルエンザ、結核菌など)に対応する施設を整備するが、現時点では取り扱う病原体は2(インフルエンザ、はしかなど)以下のレベルと聞いている」と答えた。

3月3日の市議会冒頭できちんと説明もないいまま土地無償譲渡と補助金枠を決める。これが注目されても20日後くらいにやっと詳細を公にする。なんという密室的な市議会なんでしょう。

 桜井議員などの質問でもちらちら出ていたバイオセーフティーレベルですが、加計の構想が世界を目指す割には、実質レベル2で国家戦略と言えない点の指摘はあったのですが、安全面に関してこれも最近になって厚労委員会で質問がありました。

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
6月13日の厚生労働委員会(第二十四回)  川合孝典(民進党・新緑風会)を見るしかなさそうです。
またbuuさん書き起こしに助けてもらいますが
https://twitter.com/buu34/status/874829609946071040

川合「バイオセーフティ施設をどこに置くかというと、学生寮のあるビルの5~6階という説明、つまり学生寮の中にバイオセーフティレベル3の施設が。ありえないですよね。ですからまず、そのこと自体が事実かどうかをご確認いただかなければ。万一バイオハザードがあった時の安全性あったもんじゃない

とんでもないことが言われています。今治市の説明会でもかなり紛糾しましたが、考えられないほど杜撰な計画が露呈しました。大学敷地の周辺にはイオンモールもある。とんでもない話ですね。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H2L_X00C15A8CR0000/

村山庁舎内には1981年にエボラ出血熱やラッサ熱など最も危険な6種類のウイルスを扱える最高基準のレベル4の能力を持つ施設が建設されたが、周辺住民らの反対などから稼働していない状況が続いていた。3日、塩崎厚労相と武蔵村山市の藤野勝市長が稼働することで合意していた。

BSL4だと反対運動が起きる。いずれにせよ市民の税金を使って校舎をたてさせ、土地もただでやって、しかも危険な研究室もつくる。当然明らかに反対運動が起きる。京都のヒアリングを見るとP2,P3とあるけど、見る人が見たらわかる。3月に公開したのもとにかく市議会突破だったのです。

あからさまな隠ぺいです。今治の市民の皆さん 真剣に怒って下さい。共謀罪もしかり、本気でアベを倒すと決意をしてください。
sho_fj.jpg
nice!(3)  コメント(107)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog