So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

番頭ワタナベ氏 加計学園のスラップ訴訟と闘う-その6 [番頭スラップ訴訟]

 前の記事に追記の形でBSL3問題を扱おうとしていたらサーバトラブルで消えてしまったので、気を取り直して、新規の記事で書きます。

 さて時期は定かでないのですが、番頭ワタナベ氏の裁判に刺激されたのか、吉川獣医学部長が個人のホームページでちゃんとBSL3はありますと言いたいのか写真をアップしています。
こちら英語版
https://www.ayyoshi.com/strategy-new-vet/
こちら日本語 かなり下の方に写真があります。
https://www.ayyoshi.com/%E7%8D%A3%E5%8C%BB%E6%95%99%E8%82%B2%E6%96%B9%E9%87%9D/
確かにありました。んが、入口だけで中を写してくれてません。まあセキュリティの関係で出せないと弁解されるのでありましょう。

 さて、前回記事で取り上げたBSL3稼働費のための補助金の特定ですが、なかなか一般人がこれを探し当てるのは大変です。どうも5階のBSL3実験室にとらわれすぎていたのですが、去年の臨時国会で、文部科学省の義本審議官が、BSL3は上層階につくらないと答弁したのが気になりますね。民進党 現国民の川合参議院議員が質問したのですが、そのあとのヒアリングでもなぜかこのことは突っ込まなかったです。

そこでひとつの仮説なのですが、1階の実験室の可能性はないのか?

https://twitter.com/RyuRz733375/status/1021222287297531904
BSLも気になった部分を。屋上6階の上に外付けのフィルターがあってこれを坪井教授が見ていますが、わざわざ上の部分にプレフィルター、下にHEPAフィルターと書いてある。ここの屋外設置フィルタユニットに似てますが。画質が悪くて中古にも見える

この大きな集塵機のような機械のことが気になって、
DiwcCXaVsAEa17k.jpg

Nmaru7thさんにお尋ねしたところ
https://twitter.com/Nmaru7th/status/1022466121620848640
1階のBSL2は突っ込まれた時にBSL3に改造できるようにしてますので、排気設備はどこかに実装してると思います。

なるほどということで関連ツイートを探させていただいたところ次のところが見つかりました。
https://twitter.com/Nmaru7th/status/904948635867037697
加計の市議会出席では鳥インフル対応への質問の答えも用意している。実は図面から戦略が読み取れるのだ。
議員「鳥インフル対応してますね?」
加計「感染動物飼育室で対応できるようにしています」
ここで誤魔化されてはいけない。するかしないか選ばせないとダメなのだ。選べばどちらも地獄。

図もお借りします。
DI8F6JJUwAA_kGQ.jpg

このツリーで科学は方法@philosophia2015さんのブログが紹介されていましたので引用させていただきます。

獣医学部動物実験飼育室設計の論点3
https://philosophia2015.blog.so-net.ne.jp/2017-09-15

するとこの領域には、廊下から飼育室奥に向かって風が流れ(逆向きに空気が流れないように)、かつその排気がHEPAフィルターを介して外気に放出されるような、飼育室を陰圧とする差圧制御が法規上必要です。しかしその設計図が見当たりません。公開された図面上、5階にあるP3実験室にはこの差圧制御の仕様を記載した図面があるのに、1階用の差圧制御の仕様を記載した図面がないのです。図面リストには、1階の空調を記載した図面(未公開)がありますが、一般空調と並べて1階に必要な差圧制御のすべて(注:前後室を備えたSPFエリアにも本来あるはず。後述)が1枚に記入できるわけはないので、これは該当しないでしょう。
 だとすると、このエリアはABSL3ではなくABSL2(封じ込めレベルP2A)仕様なのかもしれません。しかし、ABSL3を扱える可能性のある場所は、獣医学部棟全体のなかでこのエリアしかありませんから、高病原性鳥インフルエンザなど、国家戦略特区の審査の過程で対応が示唆されていた、人畜共通感染症への現場対応や研究が行えない、ということになります。これは、文科省や特区における審査に影響し、学校新設が認可されない、という結果に至る可能性があります。しかし、感染症法違反にはならないでしょう。

なるほど、動物をそのまま実験室に持ち込んで感染症研究ができるなら、京産大の鳥インフルエンザ研究所とそん色がない。

 ただ設置審の段階では、専門委員会ではいろいろ指摘されたようですが、結果的には、BSL3については、前の記事の山本太郎参議院議員の質問のように、次の結果で落ち着いておりました。

面接審査意見への対応を記載した書類(9月)
http://www.dsecchi.mext.go.jp/1710nsecchi/pdf/okari_1710nsecchi_taiou9gatu7.pdf

本獣医学部に設置される BSL3 施設は、獣医学教育病院に来院する動物や野生動物などの検体が BSL3の病原体に汚染されている可能性のある場合のリスクを考えて設置しているものである。従って、病原体分離のための施設で、その使用目的は in vitro での細菌、真菌、ウイルス等の分離・同定である。

ところが、認可後今年になって、衝撃的な出来事がありました。

9万羽、県が焼却終了 ペール缶110トン、さぬき市内外で /香川
https://mainichi.jp/articles/20180123/ddl/k37/040/326000c

さぬき市の農場で高病原性鳥インフルエンザウイルスを持つ鶏が見つかった問題で、県は22日、殺処分した約9万1000羽の焼却をすべて終えた。今後、近隣農場を含めて新たな発生がなければ、30日にも3~10キロ圏の搬出制限区域、2月5日にも3キロ圏の移動制限区域を解除する。

 四国で初めての鳥インフルエンザウイルス感染がおとなり香川県で発症したのです。5階のBSL3では部屋が狭すぎるのと、病院からの動線を考えると感染した鳥をそのまま持ち込むのは無理があるのですが、1階のABSL2を改良してABSL3に変えてしまえば、全国に対してアピールできるし、関連する補助金もたんまりあるだろうと。

 動機としては十分考えられるのですが、そうは問屋がおろさない。開学時期も迫っているし、番頭ワタナベ氏の言うように「数十億の補助金を狙っていたがこれも頓挫。」ということも信ぴょう性が強まってきます。

 いずれにせよ5階のBSL2,3の実験室、1階の実験動物センターともに説明がたりませんね。来月あるオープンキャンパスの前に、中村知事はじめ県会議員さんを全員呼んで説明会を開いていただきたい。やましいことが一切ないのなら開くことができるでしょう。
nice!(6)  コメント(9) 
共通テーマ:blog

番頭ワタナベ氏 加計学園のスラップ訴訟と闘う-その5 [番頭スラップ訴訟]

 すっかり間があいてしまったので、訴状別紙の情報3,4,5を一気にやろうと思ったのですが、けっこう長文になりそうなので、先に情報5のBSL3の問題を今回取り上げ、次回に3,4,5の共通問題で、かつ今回のスラップ訴訟の根幹部分にあたる加計学園の財務体質に絞って書かせていただきます。

 前回の分を1枚の絵でビジュアル化し、正義の味方番頭ワタナベのイメージキャラを作っていただいたじじい通信さん(https://twitter.com/KakioKueba)の作品をお借りします。
DhTy2D-U8AAfQ3R.jpg
相変わらずキレがいいです。

 それでは別紙2の3枚目「5 情報」の所を見て行きましょう。
sojou-009a.png
今年の4月16日のツイートですが、メインの内容は3大学の定員割れ問題から補助金詐欺、とりわけBSL3の稼働費で数十億円の補助金を狙ったというもの。
 これに対し、加計学園側が、事実無根で、特にBSL3の「稼働費」については今治市の補助金対象ではなく経常経費に対する補助金なので、稼働する以前に補助金を受給することは不可能などとピントはずれな主張をしています。
sojou-009b.png
sojou-010.png
 定員割れについては、ついに岡山理科大学の理学部、工学部でも今年は受検者大幅減で入学者も定員割れ、新設された獣医学部の獣医保健看護学科は開設年度からいきなり定員割れでした。
http://www.ous.ac.jp/page.php?sec=ctg_1&jpml=koukai_kihonsuu
これについては、番頭ワタナベ氏の指摘はあたっていたから事実なのですが、BSL3についても、獣医学部棟そのものの補助金水増しを前回指摘したとおり、運営費を含めた全体としての水増し、補助金詐欺の疑いをややきつい表現で指摘したわけです。
 BSL3の稼働費いわゆるランニングコストですが、なかなか見つけ出せなくて、やや古い資料ですが、ポーランドのケースで
https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/naro-se/news3007.pdf
年間稼働費.png
5億円ほどかかるわけですから、加計学園が補助金を当てにしないわけがない。それともまったくお飾りで、実質的に稼働することがなければ、「光熱水費、消耗品費、保守料、人件費」は訴状に書いているとおり、補助金をあてにしないでいいのでしょう。
 しかし、国家戦略特区で京都産業大学を蹴落として世界に冠たる獣医学部を作るわけですから、BSL3実験室をフル稼働させるくらいでないといけないわけです。

 それで、今治市や愛媛県が補助金を出す妥当性の根拠に今治市の第三者委員会の報告書があり、BSL3について担当したのが愛媛大学の坪井教授で、その報告書が次にあります。
http://www.city.imabari.ehime.jp/kikaku/kokkasenryaku_tokku/houkokusho_03.pdf

昨年12月に現地調査をしているのですが、この報告書じつにうまく書かれていますね。さも現地で丁寧に調査したかの錯覚に陥るのですが
Dh4cS7pU8AAHhOG.jpg
Dh4cV2xVAAABwfb.jpg
よくよく見ると、現地に行くのは行ったのでしょう。しかし12月の段階でどこまで完成していたのか甚だ疑問なのですが、「設計となっている」「採用しています。」「設置予定となっており」「仕様となっていました。」という言葉を多用しており、どうもきちんと目視せず、加計学園側の説明をうのみにしているとしか取れないのです。

 写真があるのが、次のエネルギーセンターのところ1枚のみで、しかもどうみても工事中の状態。
Dh4cPknVMAEa0nH.jpg
ここでも説明を聞いただけのように思えますね。

 今年の4月1日でお尻を切られていますから、補助金の執行も急がないといけない。頼りになるのは専門家の意見と言うことでしょうが、5人が5人とも同じように違法性がない、妥当である、問題がないと言われると、どうも申し合わせていたとしか受け止められないのですが、反対意見がまったくなかったといいきれるのでしょうかね。

 今治市の村上治氏のおかげで比較的新しい開示文書も見ることができるのですが、
https://drive.google.com/drive/folders/1bM5Zfa-KraEeoel10_0e7lEF8cba8Kxl
こちらのフォルダの(549)開示文書のPDFで3月末の時点の貴重な文書を見ることができました。
 ただ肝心な部分が黒塗りです。
(549)開示文書.png
 島津理化のところの金額を開示してれば、まあその額次第では信じてあげてもよかったのですが、結局、これがBSL3のユニットを含むのかもわからず、1階、6階にも実験室はありますから、これをもってBSL3実験室が直ちに稼働可能と理解するわけにはいかないですね。
 以下、写真部分をずらずらと紹介しますが、坪井教授のいるのがBSL関連と思われますが、これも説明文がないのでなんともいえません。
(549)開示文書2.png
DiQ8e9FV4AEiDR1.jpg
ACFrOgD0gQ7yQE0jd7rlxOyXzdATYQnaMvRwwXg..-001.png
ACFrOgD0gQ7yQE0jd7rlxOyXzdATYQnaMvRwwXg..-002.png

 BSL3実験室は、昨年からバイオハザードの危険性などで、地元今治、愛媛県はもとより国民的関心も高く去年は臨時国会でも質問されているのです。
 代表格が次の自由党山本太郎参議院議員 今日も安倍総理に爆弾質問をぶつけてくれていましたが、この昨年12月5日の内閣委員会での質問です。

https://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/7654

一方で、国内には、そういった施設は持っていて、なおかつ感染実験を行う大学は存在していると。例えばどこ。京都産業大学鳥インフルエンザ研究センター、ここにはそれに必要な実験施設はありますよ。ホームページ見てみれば、分離、そして、実験動物のアヒルに対する接種をやると書いている。鳥取大農学部とも共同研究をしている。ほかにも、山口大学共同獣医学部の国際教育研究センターには、三階には六十人規模のBSL2対応実習室、四階にはBSL3対応実験室を備えた高度感染症実習室があるとホームページにも書かれている。

ここで問題になるのは何かって話なんですけれども、その手の批判の真意のほどを確かめる行政上の仕組み、存在しているんですかってお聞きしたいんです。文科省設置審では、新獣医学部の図面、仕様書などと照らし合わせて水増しが行われていないか等のチェックをしっかりしたんでしょうか。文科省の後に続けて内閣府も答えてください。

○政府参考人(村田善則君) お答え申し上げます。

大学設置・学校法人審議会における審査に当たりましては、教育、研究内容とともに、その教育、研究を行うにふさわしい施設等が備えられるかを確認することになってございます。このため、校舎などの建物につきましては、審査基準におきまして最低基準を定めておるところでございます。一方、経費の上限や建物の単価については基準を定めていないということでございます。

今回の獣医学部の計画では審査基準を上回る金額が計上されており、審議会において計画が審査基準に適合しているとして可と答申されたものでございます。

なお、建築費を含む創設費につきましては、これを負担する申請者、さらには、必要に応じて補助金を支出する地方公共団体等において適切に判断されるべき事柄であると認識しているところでございます。


○政府参考人(河村正人君) 御指摘の建設費につきましてでございますけれども、特区の認定の要件としていないというところでございますので、内閣府においては確認をしておらないということでございます。

 政府側は逃げの手を打つしかないわけです。次の資料は、同じ自由党で太郎議員の姐御 森ゆうこ議員が2日後の文科内閣連合審査会で質問をしたときのものです。
http://www.mori-yuko.com/activity/files/haifu.pdf

haifu-001.png
かなりこの時も紛糾したのですが、今年の国会ではうやむやにされていますね。BSL3施設が本当に完成しているなら、厚生労働省の査察を受けないといけないのに、まったくニュースになってませんね。

 番頭ワタナベ氏のツイートは、バイオハザードの危険性という今治市民の不安や、国民的関心事を代弁する公共性、公益性を有しています。加計学園や今治市、同市議会が公開すべき事実を隠ぺいしようとする以上、真実が明らかにならないわけですから、このツイッターによって加計学園が受ける社会的評価の低下など瑣末な問題であって、加計学園は、平成27年2月25日に総理と会って、提示した資料を総理が「いいね」といったかどうかを含め、決算書の開示、BSL3実験室の厚生労働省への届け出の有無に至るまで、大至急明らかにしなければならない義務があります。
nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

番頭ワタナベ氏 加計学園のスラップ訴訟と闘う-その4 [番頭スラップ訴訟]

さていよいよ核心部分に入ることになります。
前々回の画像で訴状の一部を紹介しましたが
https://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_sojou-004.png.html
4 被告の「開示関係役務提供者」該当性のところはツイッター社のことではなく、ソフトバンクのことになりますが、ここは争っても仕方なさそうな部分ですので、省かせていただきます。
5 権利侵害の明白性 のうち、番頭さんがツイッターでつぶやいた別紙2のところを今日は取り上げることにします。

 最初に全体に共通することですが、今回の番頭さんのツイッターが加計学園が主張するように権利侵害 名誉棄損や信用棄損になるかどうかの判断のところです。

結局のところ裁判官の判断になってくるわけですが、法律家の標準的な考え方を調べてみましょう。
次の所は、民事、刑事両方の視点で書かれて参考になります。

名誉毀損で逮捕されるケース|刑事と民事の名誉毀損の違いと対処法
https://keiji-pro.com/columns/98/

名誉毀損が成立しないケース
上記のような名誉毀損に該当する内容でも以下の3つすべてに当てはまれば名誉毀損は成立せずに、刑事罰にも損害賠償の対象にもなりません。

公共の利害に関する事実に関わるもの
公共の利害に関する事実とは、このまま世間に公表しなければ公共に対して利害が生じるような場合です。

もっぱら公益を図る目的があるもの
公益を図る目的とは、例えば、政治家の資質を問うためにスキャンダルを報じたり、会社の不正を暴露するために内部告発をするようなことです。

真実であると証明されること
そして、そのことが全くの事実であり、それが証明できれば名誉毀損は成立しません。

法人への名誉毀損も対象
名誉毀損の対象は特定の個人だけではなく、法人に対しても対象となります。会社や店に対する誹謗中傷なども名誉毀損となる可能性が十分にあります。

念のためもう一か所見てみましょう。

ネットの書込みが名誉毀損になる条件と事例・書込みへの対処法
https://yourbengo.jp/internet/21/
名誉毀損が成立しない場合
しかし、誹謗中傷の内容が、公的に利害が絡んだものであり(公共性)、利害を目的(公益性)としたものでかつ、真実である(真実性)場合は、名誉毀損は成立しません。例えば、会社の不正を暴露するようなケースです。もし、投稿者側が公共性、公益性、真実性を主張・立証できた場合、名誉毀損が成立しないということです。

公共性、公益性、真実性があれば名誉棄損は成立しないということです。

 それでは訴状の別紙2の第1の情報と第2の情報を見てみます。

sojou-014.png
第1の方の「開校詐欺をした、ということはない?」「SID創研が中抜きしてるだろうし。」
断定的には書いてないのですが、加計学園側の主張は
sojou-005.png
 SIDが厨房セットで中間マージンを得ているという印象だとか、今治の第三者委員会は適正と判断したとか、とおり一片のことは言ってますが、厨房セットのことに矮小化するのではなく、従来から言われている坪単価の異常な金額など加計学園問題の中核をなすともいえる補助金詐欺疑惑を問題にしているのであり、公共性、公益性の観点からみたら番頭ワタナベ氏以外にも多くの人たちが主張していることです。その真実性こそ国会の場での議論であったり、今治の市民が提訴した住民訴訟において明らかにされていかねばならないことですから、人選において問題の多い今治市の第三者委員会の判断こそが真実であるという加計学園の主張は到底容認できるものではありません。

なかなかこの点は、今年の通常国会では議論されませんで、昨年の臨時国会で衆議院の原口議員が質問をされました。詳細を書いてる時間がないので次のツイターのタイムラインと動画を参考にしていただきたいと思います。
https://twitter.com/RyuRz733375/status/1008169830132809729
衆院予算委基本的質疑 原口一博議員 2017年11月28日
https://www.youtube.com/watch?v=nQH82o7Mk84

原口議員がこの時使った画像はこちらです。
tubotanka.png
一期工事分が坪121万弱、二期工事分はなんと216万 どう考えても常識的でないのです。万が一1期工事を妥当だとしても、二期工事分がありえない数字である以上、これを補助金詐欺と言わない方が公共性、公益性に欠けると言えるでしょう。
 SIDが設計監理料を一元的に管理している以上、中抜きするとすれば、SID創研が疑われても仕方ないことであり、これも住民訴訟において真実があきらかにされることでしょう。

第2の方の問題 さて、「飲ます」「抱かす」「握らせる」が出てきますね。相手は三菱UFJ銀行岡山支店長と特定されています。
sojou-006.png
 加計側の主張では、女性をあてがい、裏金を握らせていたという印象を与えると言ってますが、取引先と飲食することがあることは認めており、その時に酒類を一切出さないのか、仲居の女性が酌をすることもないのか、表現において過剰な点はあっても、それが直ちに「反社会的」と言えるほどの、特定はしていません。加計学園の社会的評価を著しく低下させる意図より、獣医学部開設に至るまでのプロセスの特異性、国家戦略特区の審査の不十分さ(たとえば4条件、京都産業大学の提案との比較等)、学部設置認可での警告、指導の異常なまでの多さなど一貫して問われてきた透明性のなさにネットの読み手の最大の関心事があります。
 番頭ワタナベ氏独特の表現を好むフォロワーも数多く、あの毒気のある批判的ツイートが読めなくなるのは、むしろ社会的損失があるといえるのではないでしょうか。

以上、私の独断と偏見により意見を書かせていただきました。

さて今日は3日でした。これを忘れてはいけませんね。
sho_fj.jpg
nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:blog