So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

BSL3実験室を鉄骨7階建ての5階に設置した場合の諸問題(3) [加計学園問題]

前回記事
BSL3実験室を鉄骨7階建ての5階に設置した場合の諸問題(2)
https://ryukei-rondan.blog.so-net.ne.jp/2018-09-29
の終わりで加計学園情報公開裁判に触れた際、帯広畜産大学の図面のことを書いて、追記でその後の経緯をと思っていたのですが、あっというまに時間がたってそのままにしておりました。
帯広畜産大学施設課施設企画・管理係の方からメールが来ましたのでちょっと紹介させていただきます。
----------------------------------------------------------------------------
公開された発注図の情報において、特殊な室名が記載されておりましたので、本学内部の委員会において協議し、公表の目的である工事情報に支障がないことから、室名を不明記とした修正を実施致しました。なお、公表の目的である当該工事は既に完了していることから、図面の書き換え理由等の公開は致しません。

また、今回の図面の修正については、文部科学省からの指示や情報公開訴訟に関連しての修正ではございません。
----------------------------------------------------------------------------
ということです。反応が早すぎたのでにわかに信じがたいのですが、まだこちらの方の図面がそのままですので、文科省は自主判断に任せたのですかねえ。
https://twitter.com/RyuRz733375/status/1046993423184609281
こちらのPDFの27ページは修正がありますが、30ページは変わっていません。
http://www.obihiro.ac.jp/~faci/tsrc/uplodar/upload/ca_ekimu/src1/file_set70.pdf

あまり時間がないのでこの件はこのくらいにします。

さて、過去2回先送りにしてきたこの論文もいい加減に取り上げないと先送り達人の称号を授与しかねないのでここらで決着をつけます。
行政責任と不作為の違法(1) 土 居 正 典
https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20180901143351.pdf?id=ART0008066503

 公害訴訟、薬害訴訟の判例解説が大部分ですが、土地、建物などの安全性に関して規制を設けなかったり、遵守するように指導しなかった場合の「不作為」について論じられてるのが次の場合です。
判例.png
 宅地造成法に基づく改善命令を大阪府側が放置していたためにがけ崩れが起き人身事故が発生したケースで、国家賠償法により損害賠償を命じた判決です。

 実験施設に関して、感染症をもたらす細菌類の飛散防止策につき行政が具体的に基準を設けなかったがために地震によりウィルスが飛散し、周辺住民が健康を害するということは十分予測できるのですが、これも類似の「行政の不作為」によるものと言っていいでしょう。
 バイオハザード予防市民センターにおかれましてもこれまで警鐘を鳴らしてこられたのですが、実際に事故が起きたケースが少ないことからなかなか進展しておりません。

次の文章は、バイオハザード予防市民センターに所属され千葉県議会議員も経験された川本幸立氏のご意見です。
http://y-kawamoto.com/
耐震偽装問題とバイオ施設の耐震安全性
http://y-kawamoto.com/pdf/taishingizou.pdf

従って、少なくとも感染症法に基づく文科省省令では 96 年耐震基準を明記することが求められます。これはWHO規定にもある通り周辺の住民の人権を尊重することからも不可欠であると考えられます。その意味からも施設周辺の住民の権利も感染症法改正の中で明記すべきです。

 専門用語は抑えられて読みやすい文章です。2007年6月の感染症法改正に関する時のものですが、残念ながらBSL3に関しては、レベル2、1とともにいっしょくたにされたままです。

感染症法の概要(特定病原体等の管理)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokusai_kansen/kento_iinkai/dai1/siryou1_4.pdf
3ページ
siryou1_4.png
1種がレベル4 今治獣医学部に関しては、耐震構造にする必要がないということになります。前に書きましたように国立大学の場合は、別の規定で1.5倍が義務付けられていますが、私立大学のBSL3では自主性に任せる。申し訳程度に1.25倍は満たしているというのですが、これも構造計算の上のことだけです。
 万一事故があれば「行政の不作為」の問題が発生するわけですが、文部科学省も厚生労働省、農林水産省も使うようになってから検査しますということで極めて楽観的に考えています。

 前回見ましたカタルヘナ法では、感染症法とは違った運用がされており、P1,P2,P3、P4実験室で特に耐震基準に違いを設けているわけではないようですが

(主務省令で定める拡散防止措置の実施)
第十二条 遺伝子組換え生物等の第二種使用等をする者は、当該第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置が主務省令により定められている場合には、その使用等をする間、当該拡散防止措置を執らなければならない。

 人為的なミスや自然災害を問わず遺伝子組換え生物が外部に拡散した場合は、措置命令を発し、対策を講じるよう命令をし、従わなかったり、次の機会も改善が見られない場合は罰則の適用があるので、こちらの法体系の中で事前防止措置がとれないものかと、素人判断ですが、あれこれ思案しているところです。

 建築設備の耐震設計 施工法-(社)空気調和・衛生工学会 を図書館で借りて格闘してきましたが、数式だらけでほとんど歯が立たず、3週間の期限が来てどこが大事かでさえわからず、ちょこっとコピーとっただけで返却しました。ネット上では空気調和・衛生工学会の論文も手に入りますので、気長に取り組んでいきたいと思っております。

 次の論文は著者がBSL3施設の設計施工をしている須賀工業(株)の人だったので、なんとか読みこなしてやろうとチャンレンジしたのですが、建築設備の耐震設計 施工法の中にあった数式やグラフばかりなので、プロの皆さんに読んでいただいて検討していただいた方が早そうですね。

設備技術者のための建築構造入門(4)配管・配線工事と建築構造体の関係
http://www.shasej.org/gakkaishi/0705/kouza.pdf

1ページ
1) 建築物層間変形に対する耐力と反力
2) 建築物の揺れとの共振
3) 熱伸縮の吸収法と耐震支持
4) 建物導入部および建築エキスパンションジョイント部の変位に対する配管支持と耐力

ということなのですが、今治の図面は、設備図や配管図は流出しなかったので、平面、立面から探っていくしかないのですが、BSL3の実験室の詳細図にはうっすらと配管の形がでています。
無題P3.png
これによれば安全キャビネットからのダクトや外気処理ユニットからの配管が要注意です。これがPSというパイプスペースの部屋を通って上に上がり、6階を通過して、屋上のハト小屋で吸排気をする。

ハト小屋はこちらをご覧ください。
http://hobea.or.jp/gallery/j-walk/no-173%E3%80%80%E9%B3%A9%E3%82%92%E9%A3%BC%E3%82%8F%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%8C%E3%83%8F%E3%83%88%E5%B0%8F%E5%B1%8B%E3%80%8D/
全体の立面図です。
図面立面全体.png
こちらは拡大したものです。
DqPg71AUcAAnveq.jpg
実際には5階のP2、6階のP2がふた部屋ありますので、これらの配管、ダクトの耐震性が果たして考慮されていたのか甚だ疑問ですし、BSL3実験室の設計施工の経験のある業者が本当に関わっているのか一切公表されていません。
 屋上のハト小屋にいたるまで配管はかなりクネクネするようなのですが、次のような免震配管システムを使っているというならともかく、今治市の第三者委員の報告書を読んでも具体的な対策が見えてきませんので、安全性に納得が行った議員さんが何人いたのか甚だ疑問です。

免震配管システム
http://www.tokyo-boeki-machinery.co.jp/products/pdf/WILLOW_j.pdf
WILLOW_j.png

もう少し続けますと、設備技術者のための建築構造入門(4)の2頁めに鉄筋コンクリートと鉄骨の場合で数値が違う部分があります。
1.2 立て管の層間変形 のところですが

層間変形角
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%A4%E9%96%93%E5%A4%89%E5%BD%A2%E8%A7%92

層間変形角(そうかんへんけいかく)は、建物の構造計画をする場合において、2次設計で最初に行う検討である。

架構がまとっている内外装材等が地震によって脱落、崩壊するのを防ぐために行うもので、規定値は1/200以下であるが、帳壁や内外装材、設備等に相応の措置が講じられている場合に限って1/120以下まで緩和が認められる。なお鉄骨ラーメン造などの柱・梁部材断面はこの規定値によって決まることが多い。一方ブレース構造は剛性が大きいので規定値を越えることはまれである。

検討式: r=δ/h

r: 層間変形角
δ: 層間変位
h: 高さ

まー難しいですね。
soukanhenni.png

鉄筋コンクリートと鉄骨のこの差って何なの?という疑問ですが、是非プロの方にやさしく説明していただけるとありがたいです。

さて長くなり過ぎてるので閉めていきますが、耐震性に関して国土交通省は体系的に定めて行っていて、規則や告示ではかなり数式もでてきますね。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr_000043.html

バイオハザード施設に関して個別に基準を定めてもらいたいところですが、複雑になりすぎてもまた専門家にごまかされる。前回見ました帯広畜産大学のPDFファイルの中に参考になるものがありました。3ページめに出てきますが
帯広畜産大学の特記仕様書
http://www.obihiro.ac.jp/~faci/clip/img/230.pdf
機器を固定する場合の設計用水平震度
d3852fb4-a285-4e24-8040-2b48fe13c376.png

 見る人が見ればこの数値の意味はすぐわかるのでしょうが、これは空調配管工事になるので、全体ではなく部分の耐震強度を要求するのに数値化したものです。こういうシンプルな基準の決め方で、バイオハザード施設の耐震性を設計段階でチェックできるようにするというのが理想的ではあるのですが、先は長そうです。
 上の表の中に、上層階、中間階という区分があります。そう私が去年の臨時国会でこだわった部分ですが、今回タイトルになっている「7階建ての5階」のところが関係します。国会では文部科学省の当時の審議官義本氏が「BSL3施設は上層階に作らないと聞いてます。」と言ったので、この野郎ウソついてるなと思ったのですが、建築の用語で言えば7階建の建物の5階部分は上層階にならず、中間階になるということなのです。その意味では加計学園はウソは言ってなかったんですねえ。
 図書館で借りた「建築設備の耐震設計 施工法の中」の中にありました。
702c331c-ca71-42ce-b4fa-67b937261aa8.png

 これでこのシリーズはいったん閉じますが、今回紹介した「配管・配線工事と建築構造体の関係」の1回前に

設備技術者のための建築構造入門(3)設備機器および配管用耐震基礎
http://www.shasej.org/gakkaishi/0704/kouza.pdf

というのがあってコンパクトにまとめられていますので、これを読みこんで修行していきたいと思います。再開時期はあくまでも未定ですが。
nice!(5)  コメント(8) 

大分地裁 伊方差止め仮処分決定 無念 [伊方再稼働反対]

 つい先日 加計問題の記事を書いたのですが、3日のアベ政治の日を何もかかずに過ごすわけにいかないので、今回は先月末の伊方原発仮処分決定について少し触れさせていただきます。

 何のかかわりも持てていない者が軽々しく言うべきでないのですが、最も近くにある原発の再稼働に対してささやかながら抵抗する姿勢は見せておかねばならないと考えております。

 仮処分債権者、本裁判原告、支援者の皆さん、弁護団の先生方には本当に頭が下がります。ちょうど広島高裁決定が覆った直後で、全国から注目されていただけに落胆は大きかったと思いますが、福岡高裁の抗告審での逆転を信じております。

 広島高裁に続き、大分地裁でもカルデラ噴火の危険性を主張されましたが、裁判所は「原発の運用期間中に差し迫った危険性はない。」という楽観論から採用すれることはありませんでした。
 しかし、これは、そんな大きな噴火があったらなにもかもおしまいだからあきらめなさいという安易な発想でしかありません。地球人であるという自覚がありません。仮にカルデラ噴火があったとして、原発の燃料や使用済み燃料がそのままあるところにカルデラ噴火の火砕流が襲うのと、すでに燃料がない状態の原発を襲うのでは、地球規模の災害を少しでも軽減することができます。

 小説の世界だとばかにすることはできません。石黒 耀 氏の死都日本は史実に基づいて極めて科学的に考察された小説であり、この中では川内原発を廃炉にした後、カルデラ噴火が襲うと言う設定になっています。
https://www.amazon.co.jp/%E6%AD%BB%E9%83%BD%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%9F%B3%E9%BB%92-%E8%80%80/dp/4062761955

 裁判官のかたい頭を一度、この小説でほぐしてもらって、地球人としての使命感、責任感を持って審理にあたってもらわなければなりません。

 それとすべての原発訴訟で争われているのが、想定地震動の点がプロの議論になりすぎていて一般にはわかりにくい。裁判官も人の子で、エリート揃いとはいえ、難解な専門用語の書類はどうも心理的に遠ざける傾向にあるのではないか?

 仮処分での補充書ですが、かなり難解です。以前は、何度かチャレンジしようとしてのですが、見るたびに複雑になっているような気がします。裁判官が私ごときレベルではないと信じたいですが、ここは電力会社無謬論に逃げられないような工夫がいるような気はしてます。
http://ikata-sashitome.e-bungo.jp/wp/wp-content/uploads/brief/obligee/055G%E6%BA%96%E5%82%99%E6%9B%B8%E9%9D%A2%EF%BC%90%EF%BC%95%E3%81%AE%E8%A3%9C%E5%85%85%E6%9B%B8%EF%BC%95.pdf
ここらは素人の戯言と読み流していただければ幸いです。

 私としてはあれもこれも手は出せないので、セシウムボール、CSMPSに焦点を絞り、事故があったら確実に健康被害が出る。その根拠を追求していきたいと考えています。今は加計問題に集中させていただいてますが、いつの日か必ず原発問題、再稼働問題に再び時間をかけていきたいと考えております。

 さて、この人 どうするかな。見事にお友達内閣を組閣しましたが、モリカケの寝た子をみごとに起こしてくれそうですね。臨時国会楽しみにしてますよ。
sho_fj.jpg
nice!(3)  コメント(3)